ラトビア移住12年目。
 
Google
 
運転免許証の更新
10年ぶりに運転免許証の更新をしてきた管理人である。

思い返せば10年前、日本の免許証をラトビアの免許証に変換する際、4−5回、試験に落ちたのであった。
ああ、懐かしい、CSDD(ラトビアの道路交通安全局)、というわけがなく、何かトラブルの予感のする管理人であった。

ラトビアの免許証は10年更新である。
更新にあたっては、視覚、聴覚、運動感覚等の医療チェックが必要だという。

「書類の記入は手伝うけど、あとは自力でね。頑張って」
とは旦那の言葉である。

CSDDのHPを見るも、医療チェックをその場で受けられるとは書いていない。
不安が募る。

ともあれ、CSDDへ朝9時に出向いたのであった。

インフォメーションで聞くと、医療チェックは9時半からだという。
3階に医療チェックを行う部署があるので、そこで合格証をもらってから1階の免許証交付所で写真を撮ってもらって免許証を発行してもらうのだそうな。

3階に上ると、男性が一人、部署が開くのを待っていた。
管理人は2番手である。
後から5−6人がやってきた。
無言で順番を確認する人々、である。病院の順番待ちと同じである。

9時半に部署が開くと、アンケートをもらい、記入である。
質問事項は、視力に問題があるか、手術歴はあるか、常用している薬はあるか、などの一般的なものと、アルコールに関するものであった。当然ラトビア語である。

アルコールに関する質問事項は、どのぐらいの頻度でどのぐらいの量を飲むのか、酔っ払って記憶がなくなったことがあるか、酔っ払って怪我したことがあるか、というようなものであった。

アンケートの記入が終わると、支払いである。
35ユーロであった。クレジットカードOKである。

「それではこの奥の扉番号1、2、3、4の前で待っててください」

細い廊下に面して、1、2、3、4と番号の振られた扉がある。
これを順番に回っていくのだそうな。

ここで旦那は職場へと去って行ったのであった。

1の部屋は視力検査であった。
ごく普通の視力検査と赤緑色盲の検査であった。
遠近両用のコンタクトレンズにしてから、かなりフォーカスが甘くなっている管理人であったが、どうやら大丈夫であった。

2の部屋は神経系と聴覚の検査であった。
若い美人の女性が英語で対応してくれた。
ボールペンを目で追うテスト、立ったまま目をつぶって手を前に出してから鼻を触るテスト、そして、その横に座っていたおじいちゃん先生による耳の検査。これがよくわからないのだが、じょうごの様な形をした金属の道具を耳の穴に突っ込み、中を覗く、というものであった。見て何かわかるのだろうか?

3の部屋はサイコの部屋であった。
向かい合わせの机を挟んで中年の女性とおじいちゃんが座っている。
女性がラトビア語で、お酒は何を飲むのか?ウオッカなどの強いアルコールは飲むか?どこで働いているのか?などを質問して、書類にサインをし、おじいちゃんが無言でサインする、というものであった。

4の部屋では血圧を測られた。
事前のアンケートには120/80と書いておいたのだが、緊張のあまり血圧大上昇。
それでも全く何も言われず、終了。

最後に検査合格のカードをもらって、いざ、1階の免許証発行場へ。

免許証発行場には番号札発券機と4−5部屋のブースがある。
そこで掲示板に自分の番号と入るべきブースの番号が出るまで待つのである。
発券機を押すとほぼ同時に掲示板に管理人の番号が出た。
早い。
ブースの中には若い美人のお姉さんがいて、検査合格のカードと古い免許証を確認、写真を撮って、デジタルの署名を作って、発行手数料22ユーロ5セントを支払って、ものの5分で終了であった。
ここもクレジットカード支払いOKであった。

待つこと10分、新しい免許証を手に入れたのであった。

ああ、嬉しい。
これで、後10年は更新しなくて済む。
【2016.05.31 Tuesday 19:20】 author : 管理人
| 手続き | comments(9) | trackbacks(0) |
永住許可証更新
もう10年もラトビアに住んでいる管理人である。
最初の5年は滞在許可の申請や延長で毎年移民局に行かなければならず、面倒臭いことこのうえないのだが、永住許可を取ってしまうと5年に一度移民局に行けばいいのである。

というわけで、永住許可更新である。

永住許可証のくせに5年という期限がある。
その期限の2ヶ月前から更新申請ができるので、Googleカレンダーに書き込んでおいて、余裕を持った更新手続きを目指した管理人であった。

更新手続きにはもちろん手数料がかかる。
これが超特急扱いでやってもらったりすると、手数料が莫大になる、という仕組みである。
何事も余裕は必要である。

5年前に永住許可をもらった時は、パスポートに許可証がはりつけてあったのだが、数年前にラトビア国民にIDカードが導入された時に滞在許可証もクレジットカードサイズの独立したカードになったようである。

この滞在許可証カードが、実はとても重要なのである。

このカードにはデジタルサインの機能も含まれているのである。

カード申請時にデジタルサインのアクティベーションを同時に申し込んでおくと、カード取得と同時にデジタルサインが使えるようになるのである。
それによって、税申告をはじめとした300以上の国のサービスをインターネット経由でできるようになるのである。
インターネット経由で会社設立の申請だってできてしまうのである。
www.latvija.lv

さらに、このデジタルサインは民間企業もこれを使ったサービスを提供することができるのである。

ああ、ラトビア、やるじゃん!

さらにそのCMが渋いのである。


3人のSuite地方のおばちゃんが役所へ手続きに来た若者にSuite地方独特の節回しで歌うのである。

「私はどこへ行っても列にはならばないよ。
だって、そんなの馬鹿でも知ってるよ。
家で全部やっちゃうよ。
インターネットで面倒なことのない快適生活だよ。
私のお金関係は全部自動だよ。
さあ、ぼくちゃん、インターネットの使い方わかるよね?
ほら、ささっと済んじゃうでしょ?
ずっと前から使えばよかったのよ。」

CMの最後には
「今は21世紀、並びません。300以上の手続きができます。」

てな感じである。






 
【2015.07.24 Friday 02:24】 author : 管理人
| 手続き | comments(6) | trackbacks(0) |
終わり良ければ
日常とは、些細で平凡で単調なことの繰り返しである。

だが、ある日、日常とは脆いものだということに気づく。
それは決まって、日常を構成するパーツが損なわれた時で、普段は気づくことがないのである。

それは、
身体のパーツだったり、
蛇口から出てくるお湯だったり、
そして、時には、小さなプラスチックの板だったりする。

そう、小さなプラスチックの板。。。

ATMに飲み込まれてから、早一ヶ月。。。

暗いATMの機械の中に、
人々がATMの中の現金を出しきるまで、
雨の日も、太陽の降り注ぐ美しい日も、
囚われの身となる

そこにいるのは分かっている。
もう少しの辛抱だ。
人々が、少しづつ現金を引き出して、
いつの日か、ATMは開かれる。
いつの日か、その日は必ずやってくる。


という訳で、多くの人々がちょっとづつちょっとづつ現金を引き出してくれたお陰で、飲み込まれてから1ヶ月あまり経って、無事にカードが戻ってきたのであった。


バンザイ!
ああ、うれしい!
やれば出来るじゃないの、ラトビアの銀行!

という訳で、経過を記しておきたいと思う。
前回の報告が9月11日(火)。
その後も銀行からは連絡がなかった。

もう、ATMは開いたというのに。。。

それでもとりあえず、その週は連絡を待ち続け、連絡がなかったら17日(月)に再度銀行へ電話しようということにしたのであった。

結局、旦那が火曜日に電話し、

「明日(水曜日)の午後にカードが銀行に届く予定です」

という回答をもらったのであった。

そして、本日木曜日、直接銀行へ出向くと、担当の銀行員がニコニコしながら窓口から手招きしてくれて、順番も待たずにカードを渡してくれたのであった。

きっと本人確認とかあるのだろうと、パスポートを用意していったのだが、本人確認も受け取り書類とかのサインもナシであった。

いや、もう何も言うまい。
管理人は大変満足である。
カードが無事に返って来たのだから。

【2012.09.20 Thursday 13:09】 author : 管理人
| 手続き | comments(10) | trackbacks(0) |
ひたすら待つ
皆さん、覚えておいでだろうか。
ほぼ一ヶ月前に管理人のクレジットカードがATMに飲み込まれてしまった話を。。。

さて、あれからどうなったか、気になっている方もいることであろう。

ええ、大方の予想通り、まだカードは戻ってきていないのである。

あれは8月15日であった。
2週間以内にATMを開けるので、それまで待っててくださいな、という銀行のお姉ちゃんの言葉を信じ、とりあえず2週間待ったのであった。

音沙汰なし。

もちろん、旦那に銀行へ電話してもらったのだが、担当のお姉ちゃんは休暇中。
他の銀行員に調べてもらったところ、

「今週中にATMを開けると思うので、開けたら連絡します」

という返事を貰ったのであった。

更に待つこと10日間。

音沙汰なし。

もちろん、再度、旦那に銀行へ電話してもらったのであった。
すると、担当のお姉ちゃんが休暇から帰ってきていて、早速どうなっているのかを調べてくれたのであった。

「ATMはようやく開けたようです。ただ、中から回収したカードの受け渡しがまだで、ATMの管理をしている会社からカードが来ていない状況です。きちんとカードを受け渡ししてもらうように手配してあるので、カードが銀行に届いたら連絡します。」

という返事をもらったのであった。

それが昨日のことである。

という訳で、あれからほぼ一ヶ月、未だカードは戻ってきていない状況なのであった。

とほほ。
【2012.09.12 Wednesday 16:04】 author : 管理人
| 手続き | comments(7) | trackbacks(0) |
カードが飲み込まれたら
今年は夏が2週間ほどだったねえ、と同僚が遠い目をして言っているリガである。

さて、ここのところ、すっかり更新をサボっていたら、それならばネタを提供しようではないかと、雲の上の誰かが思ったようである。


今朝、ATMで現金を引き出そうとしたら、途中でフリーズしてカードが出て来なくなったのであった。orz...

しかも、クレジットカード機能付きのカードである。

暗証番号を間違えたわけでもなく、

「只今処理しています。そのままお待ちください」
という画面のままフリーズしたのである。

話には聞いたことがあったが、まさかこのような事態が我が身に降りかかろうとは、想像したこともなかった管理人である。

ま、とにかく、こういう場合、最初にすることは「落ち着くこと」である。
落ち着けば対処法が見えてくるはずである。

無理やり落ち着くことにしてATMの周りを見ると、

info xxxx

と、4桁の電話番号らしき番号が目にとまったので、まずは電話である。

かけてみると、ラトビア語、ロシア語、英語の言語選択があって、迷わず英語を選択、状況を説明したのであった。カードの名義やら何やらを聞かれて、

「これからシステムを再起動するので、5分ぐらい後にカードがでてくるはずです。もし、でてこなかったら、新しいカードを作って下さい」

という返答であった。
素直に待つ管理人。

がしかし、画面が切り替わってWindowsXPのロゴなんかが出てきて、再起動したにもかかわらず、カードは出てこない。
仕方あるまい、再度電話である。
すると、次の指示はこうであった。

「そのATMを管轄している最寄りの銀行へ行って、事情を説明して下さい。そうすれば、多分、そのATMは毎週開けに来ると思うので、開けた時にカードを返してくれるかもしれないです」

了解である。今度は銀行窓口で交渉である。
仕切り直しで旦那を伴って銀行へ行ったのであった。

普通に番号札を取って待ち、旦那が窓口のお姉さんに説明してくれたのであった。
お姉さんは即座にどこかへ電話して、手はずを整えてくれたのであった。

「そのATMは今日から2週間以内に業者が開ける予定になっているので、開けたら連絡しますから、電話番号を教えて下さい。カードはここへ取りに来てください。」

了解である。
念のため、お姉さんの名刺をもらっておいたのであった。

ATMなんて、毎日メンテが来るものだと信じて疑わなかった管理人である。
2週間に一度しか開けないとは。。。

次回からは使用頻度の高そうなATMを使うこととしよう、とココロに決めた管理人であった。

【2012.08.15 Wednesday 14:08】 author : 管理人
| 手続き | comments(11) | trackbacks(0) |
永住許可
本日、念願のラトビアでの永住許可を獲得した管理人である。

予め予約しておいた時間に移民局へ行き、

1)労働許可書
2)パスポート

の2点を提出。その場で写真を撮って許可証をパスポートに貼りつけて終了である。
永住許可の発行に伴って、ラトビア国内のみならず、EU内(追記9月1日:アイルランド、イギリス、デンマークを除くEU)で労働許可なしに働くことができるようになったわけである。


喜ばしいことである。

永住許可にによる利点をざっと挙げてみると、

1)毎年移民局へ行かずに済む。しかし5年に一度は登録手続きに行く必要がある。
2)社会保障を受けることができる。ファミリードクターを通すことによって、医療費が格段にやすくなる等。
3)EU健康保険に加入することができる。これによって、バカンスなどでEU内の国を訪問中に怪我や病気になっても、ラトビアの社会保障でカバーされている範囲の料金で治療受けることができる。もしくは、その場で治療費を支払ってもあとから払い戻すことができる。
4)生命保険の加入義務がなくなった。

注意点は、

1)5年に1度、登録手続きのために移民局へ顔を出す必要がある。
2)連続して12ヶ月間ラトビアを離れると、許可は無効になる。

5年に1度の登録だと忘れてしまう可能性が高いので、Googleカレンダーの繰り返し機能で5年ごとに予定を作成しておいた。これで大丈夫であろう。

【2010.08.31 Tuesday 13:29】 author : 管理人
| 手続き | comments(8) | trackbacks(0) |
永住許可申請 その3
今日は移民局へ書類を提出しに行ってきた管理人である。

どうしても時間が合わない人へのサービスなのか、何故か月曜日は11:00から19:00までという営業時間の移民局である。

朝は、いつものように早朝テニスをし、一旦職場へ行ってから中抜けで移民局へと出向いたのである。

滞在許可手続きとは相性が悪い管理人なので、多少の緊張もあったのだが、よく考えれば申請手続きはこれで3度目(1年用、4年用、そして今回)、しかも、以前問題になった名前問題は既に解決済みなので、全く、あっさりと、何も文句を言われずに書類提出は済んだのであった。

提出書類のうち、パスポートのコピーがリストにないので、いつも用意せずに行って嫌な顔をされたのだが、今回はコピーを予めとって持って行ったので、それがよかったのかもしれない。

手数料はその場で支払うのだが、4年の間にすっかり進化を遂げた移民局ではクレジットカードで支払いができるようになっていた。

全ての書類が確認され、手数料支払のレシートを渡すと、一応書類は受理される。
そして、一枚の書類を渡されるのである。
それには、次回は3ヶ月後、パスポートと現在持っている労働許可証を持って来てね、と書かれていた。

さあ、あとは3ヶ月後の審査結果を待つばかりである。




【2010.05.31 Monday 19:29】 author : 管理人
| 手続き | comments(7) | trackbacks(0) |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License