ラトビア移住12年目。
 
Google
 
国のコトバ
この週末は国民投票であった。

何のための投票かというと、ロシア語をラトビアの国の言語として認めるかどうか、という投票なのである。

ラトビアの言語は、もちろんラトビア語である。
だが、ラトビアにはロシア語をメインに話す人達も多く住んでいるのである。
事の発端は去年、ロシア語を国の言語として認めてほしい、という署名運動があり、有権者の10%を越える署名が集まったのである。
これがきっかけになって、今回の国民投票に至った訳なのだが、もともとどう考えても勝ち目のない国民投票で、本気でロシア語を国の言語として認めさせる気はないのだろうなあ、と言う感じであった。

が、しかし、議論は盛り上がり、テレビや新聞はこの国民投票の話題でにぎわい続けたのである。

国民投票では、有権者の半数以上の同意が必要なのである。
それ故に、投票に行かなければ、効果としてはNOというのと同じ事になるわけで、最初のうちは大統領が投票に行かない、と言い出してみたり、白票を投じようというキャンペーンを始める有名人が出てきたり、と、混乱気味であった。が、投票日が近づくに従って、投票に行って、NOという意思表示をしよう、という雰囲気が強くなってきたようであった。

そして、その結果、全体の有権者数の3分の2以上が投票に行き、74.3%がNOに投票し、完全に否決されたのであった。

投票の日、管理人夫婦は冬恒例の古城での週末を過ごしていたので、旦那は古城近くの投票所で投票したのだった。

【2012.02.19 Sunday 20:41】 author : 管理人
| ラトビア語 | comments(7) | trackbacks(0) |
ラトビア語学習サイト
久しくラトビア語の勉強をサボっている管理人である。

時々、「ああ、これではいかんなあ」と、思い出すのだが、永住権用の語学テストという目標を通り過ぎた今、モチベーションは限りなく低迷しているのであった。

いかんいかん。これではいかん。

というわけで、とりあえずネット上の学習サイトを訪れてみると、大分リニューアルされていたりしたのであったので、記しておこう。

各種ラトビア語学習リソースがある。この中のラトビア語学習関連サイトのリストはこちら


 動画ベースで楽しく学習できるサイト。結構よく出来ている。

また、少しは勉強しなきゃ、と思ったりもする管理人であった。


【2011.03.01 Tuesday 15:39】 author : 管理人
| ラトビア語 | comments(4) | trackbacks(0) |
ラトビア語試験結果
皆様、春とも夏ともつかぬ今日この頃、如何お過ごしでしょうか。

本日、職場から帰宅してみると、私こと管理人が、ほぼ2週間というもの、首の関節が外れんばかりに首を長くして待っていた手紙が届きましてござりまするする。

それは、キッチンの一番目立つところに、立てかけてありましたでござりまするする。

「気になるので、すぐに開封すべし」

というママの合図でござりまするする。


それは、ラトビア語の試験結果でござりまするするする。

一人、こっそり開封いたしましてござりまするするするする。


ああ、ああ。。。。。。


ご、合格です。ちゃんと75%以上得点できたということで、ラトビアの永住許可申請および、EU長期滞在許可の申請基準のA2レベルをクリア出来ましてござりまするする。

ああ。。。。ヨカッタ。。。

____________________________

メデタシメデタシの試験結果を受け取った管理人である。
これで、心置きなく永住許可申請に挑むことが出来るのであった。

試験結果は、各部門(リスニング、リーディング等々)の獲得点数と合計点数が書かれていて、後日、証明書を受け取りにくるように、と記されていた。

さて、この週末は、ママの田舎へ墓参りである。
必需品の虫除けスプレーを携えて、行って参ります。
【2010.05.21 Friday 19:57】 author : 管理人
| ラトビア語 | comments(15) | trackbacks(0) |
ラトビア語試験
土曜日だというのに、6時起きでテストに挑んだ管理人である。

本日行われたラトビア語のテストは、3段階あるテストのうちの一番下のレベルである。このテストで、50-74.99%のポイントを獲得するとA1レベル、75%以上のポイントを獲得するとA2レベルの証明書がもらえるのである。

管理人がラトビアの永住許可及びEUの長期滞在許可を得るために必要なのはA2レベルの証明書である。

テストは、リスニング、リーディング、ライティング、そしてスピーキングの4種類で、それぞれが25ポイントずつである。

場所は普通の学校。あまり治安の良い場所ではないところの学校だったのだが、内部はとてもキレイで、感心した。

最初にリスニングのテストであった。
問題は2回づつ聴かせてくれるのだが、最初の回を例題だと勘違いして聞き流していて、かなり焦った管理人であった。

リーディングとライティングが合わせて60分ほどであった。
試験が始まる前に、「鉛筆は使用禁止。青か黒のインクのボールペンを使用すること」という説明があったのだが、無視して鉛筆を使用している人が注意されていた。
書き終わったら教室を出ていいのだが、実は、出て行った順番がその後のインタビューの順番になっていたのであった。試験時間はめいっぱいまで見直したりしていた管理人は、インタビューの順番が、最後から2番目となってしまった。

スピーキングのテストまで、1時間以上も時間があいてしまった管理人は、仕方なく学校から外に出て、ちょっと散歩なんぞしてみたのであった。すると、ママの友達の2人組を発見。走っていって挨拶をすると、すっかり励ましてくれたのであった。少し緊張がほぐれた管理人であった。

インタビューは、試験官二人と向きあってお話である。一人がしゃべって、もう一人がやりとりを聞きながら点数を書き込んでいる、という図式である。
名前、住所、から始まって、仕事の内容、余暇の過ごし方、好きな食べ物などを聞かれて答えるのである。その他に、イラストを見せられて、その説明をする問題、あるシチュエーションでどう受け答えするのか、などであった。

何しろ、あまりに緊張しすぎていて、かなり不安な部分があるのだが、まあ、終わったことは終わったことなので、とりあえず忘れることにしようと思うのであった。

ちなみに、試験に落ちた場合、同レベルもしくはそれ以上のレベルの試験は3ヶ月後でないと受験資格がない。勉強し直してこい、ということのようである。

試験自体は、かなりきちんと管理されているものであった。各解答用紙には記名ではなくサインをしなければならず、また、各試験が終わって退室する際にもサインをしなくてはならない。もちろん、カンニングは禁止で、試験中の私語も厳禁である。

管理人は当初、受験生のほとんどが若者だと思っていたのだが、行ってみると若者は少数で、殆どは30歳以上、おそらく中心値は40−50才ぐらいであった。見たところ、ほぼ90%ぐらいがロシア人のようで、皆ロシア語で話していた。いつものように、アジア顔は管理人一人であった。

結果は2週間ほどで送られてくるらしい。。。
【2010.05.08 Saturday 15:04】 author : 管理人
| ラトビア語 | comments(6) | trackbacks(0) |
オンライン辞書
ラトビア語の学習教材は少ない。
マイナーだからである。

しかし、必要に迫られている人は少なからずいる、ということで、マイナー言語も広くカバーしている語学教材会社がLingvoSoftである。

なんとなく、欲しいかなあ、と思うソフトがあるのだが、買ったことはない。

それでも、ブログで紹介しようと思うのは、LingvoSoftではオンラインで辞書やら単語帳やらフレーズ集やらを無料で公開しているからである。
もちろん、製品版ソフトの宣伝用なので、フルバージョンではないが、発音が聞けたりするので、便利なのである。

辞書は、英語を機軸としたものなら、かなりのマイナー言語もカバーしている。

お試しあれ。

製品版は、買ったことがないので何とも言えないが、もし買おうかなという気になった場合は、そのままオンラインで買うのではなく、メールの登録をすると、いわゆるキャンペーンコードが送られてきて、オンライン価格の約半額で購入できるようである。そんな、半額の誘惑にいつもぐらぐらしながらも、結局買っていない管理人であった。
【2009.09.11 Friday 16:18】 author : 管理人
| ラトビア語 | comments(0) | trackbacks(0) |
びびってます
結局、今日一日、ビクビクしながら待っていたのに、ラトビア語の先生から電話はかかってこなかった。

このビクビク生活は、一体いつまでつづくのだろうか。

夕食後、ちょっと散歩にでも行こう、とぶらぶら旦那と二人で公園を歩いて、帰りにビールを買って帰ってきた。

旦那はバスケットボールの試合をTVで見ながら、
管理人は、ネットで新聞を読みながら、
別々の部屋でビールを飲んでいたのだった。

すると、管理人の携帯が鳴った。

たらーっ「も、もしや、ラトビア語の先生からか?」

そう思っただけで、血の気が引いていく。。。
なんて言えばいいのだろうか?
ああ、そうか、普通に、ハローでいいんじゃないか。。。
いや、いっそ、居留守を使って、電話に出ないという手もあるのでは。。。

と、ほんの1秒ぐらいの間にさまざまな思いが駆け巡り、
まさに、緊張極限状態で電話に出ると、

ニョロ「ビールをー、いっぽん、クダサーイ」

という謎の日本語が聞こえてきた。

旦那である。

居酒屋好きの旦那は、オーダーだけは日本語で言えるのである。


ああ、昨日、語学学校で全てが済んでしまっていたら、どんなにか気が楽だったことだろう。。。

明日も引続き、ビクビク生活が待っている管理人であった。
【2009.08.12 Wednesday 22:37】 author : 管理人
| ラトビア語 | comments(6) | trackbacks(0) |
レベルテスト その1
今日はラトビア語のレベルテストを受けてきた管理人である。

テストは、Public service language centreという語学学校の、
クラス分け用のレベルテストである。

そう、受験対策に、語学学校に通おうと一念発起したのであった。

テストは、20数問で、3択である。

レベル判定なので、脂汗をたらしながら格闘する必要性もなく、
見直しすらせずに終えた。

面接で、会話能力も判定されることになっている。

呼ばれて行ってみると、スタッフの女性が、

女「ラトビア語の教師が、今いないので、後で教師からあなたに電話しますね」

と言う。

電話で、会話能力のテストをすることになってしまったのであった。

さらに、筆記試験の結果もお預け。。。

拍子抜けのレベルテストであった。

お陰で、今日は一日、携帯が鳴るごとにビクビクしていた管理人であった。
【2009.08.11 Tuesday 20:46】 author : 管理人
| ラトビア語 | comments(2) | trackbacks(0) |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License