ラトビア移住12年目。
 
Google
 
イースター2018

イースター休暇でベネチアに行っていた管理人夫婦である。

かと言って、イースターは特別なので、イースター前に帰って来て、いつも通りイースターを迎えているのであった。

 

今年のメニューは

1)pildita zivs (鯉の詰め物)

2)いろんな肉のゼリー寄せ

3)鴨のコンフィ

4)卵サラダ

である。

いつもより少なめである。

 

今回、鴨コンフィは大変良い出来であった。

鴨を丸ごと一匹中央市場で買って来て、解体して、もも肉と胸肉をメインメニューとして、骨系をスープ用にストックして、残りの皮と脂肪からコンフィー用の鴨脂を抽出したのである。実際、抽出した鴨脂の半分をコンフィーに使い、残りは毎日の料理に使うべくストックしたのであった。鴨一匹でそれはたくさんの鴨脂が取れて大変嬉しい管理人である。

それにしても、鴨脂の鴨肉コンフィーは美味しい。

自分で言うのも何だが、絶品である。

鴨を一匹買うと、肉が実際とっても少なくて、分厚い皮と脂肪ばかりなのである。

でも、奥さん、この分厚い皮と脂肪が美味しさの素なのですのよ。

 

他のメニューも今年はとても美味しくできたのであった。

理由は、ケトジェニック ダイエットを始めて脂を積極的に摂ることにしたからである。

生前、ママが言っていた「脂肪こそ美味しさの元」と言うのは本当なのである。

いろんなメニューにバター・オン!で全然美味しくなるのである。

 

卵サラダは、イースターの卵染め用に旦那が10個の卵を茹でて6個にヒビが入ったので、そのレスキューメニューである。

6個のゆで卵にハム、ピクルス、アボガドを加え、サワークリームとマスタードで味付けしたものである。
旦那がポテトサラダ好きなのに糖質制限中でポテト禁止なので、アボガドで作ってみたら大変美味しくできて満足な一品であった。

 

写真?写真撮ってる余裕なく食べちゃいましたよ。

 

 

【2018.04.02 Monday 03:03】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(10) | trackbacks(0) |
イースター準備2017

無事にベルリンから帰って来て、大急ぎでイースターの準備をしている管理人夫婦である。

 

掃除は分担で、料理は管理人担当である。

さて、今年のメニューは、

1)鯉のゼリー寄せ

2)ウサギの煮込み
3)いろんな肉のゼリー寄せ
4)キジの煮込み
5)牛テールのコンソメスープ
ケーキ類はどうしようか此の期に及んで悩んでいる最中である。
いつもと代わり映えのしないメニューにキラリと光る新食材が登場である。
キジである。
キジのレシピを探してみると、シードルで煮込むPheasant Normandyというのがあったのでそれに挑戦である。
とりあえず、5%食塩水にオレンジのスライスとローズマリーを入れて、ブラインすることとした。
キジは月曜日のメインメニューである。
ウサギさんは、
こんな感じである。1.6kgであった。
レモンとオリーブオイルでマリネして、人参と共にオーブンで煮込みである。
鯉は明日。
色々な肉のゼリー寄せの材料はこんな感じである。
上から順に、鶏の背骨(丸ごと1匹買った時に切り取って取っておいた)、牛のリブ、豚足、豚足その一、豚足その二。
これらを香味野菜と一緒に煮て、可食部分を集めてミンチにして煮たスープで固めるのである。
牛テールのコンソメから出て来た肉もここへinである。
今年のイースター料理は、電気圧力釜のおかげで大変楽であった。
とは言っても、最大の難関、鯉は圧力釜ではなんともならないので頑張るしかない。
卵はビーツでピンクに染めてみることにしたのであった。
こちらは染める前の下準備。
どんな仕上がりになるのか楽しみである。
【2017.04.15 Saturday 02:13】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(7) | trackbacks(0) |
イースター2016
イースターである。

今年は不覚にも風邪をひいてのイースターである。

授業や演習で普段休みを取りづらいので、イースター休みに休暇をとって久しぶりにベルリンお買い物ツアーに行こう!
と思い立ち、ベルリンの人混みで風邪をもらってきた、というわけである。

それでもイースターはやってくる。
掃除も料理も待っているのである。

今年は、掃除のイニシアチブを旦那が取り、管理人は料理に専念したのであった。

さて、今年のメニューもいつもと大体同じである。

うさぎ購入。

そしてこれをバラし。

玉ねぎとレモン汁でマリネして、煮込んだのであった。
本当は白ワイン煮込にする予定が、安い白ワインを買い忘れたので、急遽変更したのであった。
肉系の料理は日曜日用である。


牛テールのコンソメ。煮込始め。
コンソメは6時間ぐらいで良しとしていたのだが、実は12時間煮込まないと骨から味が出てこない、ということを海外料理ブログで読んで、試してみたところ、まったく味が変わって美味しさ200%ぐらいになったので、それ以来長時間煮込にしているのであった。

12時間煮込んだ後のコンソメは、明らかに濃厚で、飴色になっているのであった。
2日間かけて6時間づつ煮込んだので、一旦火を止めて冷めたところで脂を取り除いてあるのであった。


ザワークラウトの煮込も欠かせない。
こちらも煮込めば煮込むほど美味しくなると言われている。
最終的には飴色になる。


イースターエッグ。
赤キャベツで染色して、1時間だとほとんど染まらず、4時間おいたら真っ黒になってしまった。
だが、適度に染めるとティファニー色になるのである。
残念。

うさぎの手前にある銀色の卵は、細工卵である。

これが、

こうなって、

こうなるのである。
ママコレクションの一部である。
銀製なので、イースター前に磨いたのである。
銀製品は磨くと本当に美しくなる。
ママが生きていた頃は、イースターとクリスマスで年に2回磨いたものである。

さて、明日は朝教会に行って、そのあと準備したご馳走にありつける。
楽しみである。

 
【2016.03.27 Sunday 02:38】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(5) | trackbacks(0) |
イースター2015
いわずとしれたイースターである。
木曜日までローマ旅行だった管理人夫婦は、金曜日と土曜日の二日間にに全力投球して掃除と料理をしたのであった。
今年の掃除はわんこのヘロの登場で困難を極めることが予想された。
が、掃除ではなく緊急事態に見舞われた管理人家であった。

トレーナーに預けていたわんこを回収した金曜日の夜、どうも様子がおかしい。
寝ないのである。
一晩中、家の中を歩き回っているのである。

一週間預けたから神経質になっているのだろうか?
時々管理人夫婦のベッドにやってきて、頭をベッドの上にもたれて、しかし立ったままで眠ろうとしたりするのである。
リビングに置いてあるベッドで一人で寝るのが寂しいのかと思い、わんこベッドを管理人夫婦の寝室に移動しても、同様であった。
一週間ぶりでナーバスになってあちこち点検して寝る場所を決めかねているのか?
どうした?と問いかけても回答はなし。
なぜ、犬は人間の解する言葉を話さないのか?

翌朝も同じ状態が続き、わんこも限界の様で、立ち止まったまま居眠りを始め、ふらついて我に帰り、歩いて、止まってを繰り返していたのであった。

どっか悪いのか?

今まで教えた、おすわりや伏せのコマンドを試すも、おすわりはすれども伏せはしない。
どうやら、伏せができないらしい。
伏せができないので眠る体勢になれない、というのが原因のようであった。
ああ、すまない、もっと早く気がついてあげられたらよかったのに。

というわけで、急遽動物病院へ。
どうやら、一ヶ月前ぐらいに首の後ろに注射を受けていたようで、その場所になにやら脂肪腫のような腫瘍ができたらしく、それが徐々に大きくなって、背骨を圧迫しているのではないか?ということであった。
一ヶ月前というとわんこが管理人家に来る直前ぐらいのタイミングである。
ブリーダーに電話して聞いてみたところ、抗生物質の注射をしてもらった、ということであった。

痛み止めの注射をしてもらって、痛み止めの飲み薬を処方してもらって、とりあえず様子を見ることになった。

数時間して、ようやく伏せの体勢がとれるようになり、わんこは爆睡。
掃除どうします?状態の管理人であった。

さて、イースター。
今年のメニューは
1)ウサギの煮込み
2)酢漬けキャベツの煮込み鴨風味
3)ローストビーフ1.2kg
4)牛テールのコンソメ
5)ローマ土産のサラミ及び生ハム
6)ローマ土産のイースターケーキ、コロンバ
となった。

こちらがコロンバ。鳩の形なんだそうな。
美味しかった。


イースターエッグ。たまご染めキットを買い忘れたので、あり合わせの玉ねぎの皮で染めた地味目なたまご。


テニスボールを加えてご満悦のヘロ。
なぜ画像が横向きなのかはよくわからない。
最近のお気に入りおやつは「干し気管(牛)」
牛テールのコンソメの副産物である牛の尻尾の骨とかもらえてイースターを満喫。
犬って本当に骨好きなんだ、と思った管理人であった。
 
【2015.04.05 Sunday 23:27】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(4) | trackbacks(0) |
イースターの料理
今年のイースター料理である。

リーダカ(パイク)の身を鮭と混ぜてミンチにして、詰め直して焼いたもの。
テリーヌみたいなもの。

なかなかの出来映えであった。

色んな肉のゼリー寄せ、ウサギの煮込みは、いつもと同じなので写真無し。
今年は野菜のメニューも追加してみたのだった。

ビーツ、人参、ヤングコーン、グリーンピースのゼリー寄せ。
盛りつけ時に崩れたが、気にしない。

朝から教会へ行って帰って来てから、ごちそうである。
たらふく食べて、飲んで、今年も良いイースターであった。
【2014.04.21 Monday 23:43】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(7) | trackbacks(0) |
今年のタマゴ
今年のタマゴはステンシルにいたしましたのことですよ。


なかなか良い出来で満足の管理人である。
明日は苦心の料理をUP予定。
それでは皆さんハッピーイースター!
【2014.04.20 Sunday 02:31】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(3) | trackbacks(0) |
イースター準備
春が本当にやってきたらしいラトビアである。

本日は忙しかった。
中央市場へ行って、肉やら野菜やら魚やらを買い込んで、
帰って来てから、料理、料理、料理、であった。

ウサギは大変良いものを手に入れる事ができた。
自家製のシードルで煮込むことにしたのだった。

羊肉に挑戦したかったのだが、市場で良い肉を見つけられずに断念。

子牛のあばらと背骨を5時間煮込んでコンソメスープ。

豚の足とかモモとかを煮込んでゼリー寄せ。

今年の魚料理はパイクである。

これを頭と皮だけにするのである。

回収した身と鮭の切り身を一緒にミンチにして、この胴体につめて蒸すのである。
いや、オーブンで焼くのがラトビアでは一般的なのだが、蒸すのが旦那の好みなのである。

お墓参りもした。
なんだろう、やっぱりなんだか変な感じである。
緊張感のないイースターは、何だか本当のイースターでは無いような気さえする。

ママ、聞こえてるかな。
今年もちゃんと料理つくりましたよ。
脂は足りてないかも(笑)
2人のイースターは、何だか何かが足りない感じ。
ああ、パイクの詰め物姿作り、食べてもらいたかった。
イチゴがね、もう市場に出ていたよ。
スペイン産だったけど買って来たよ。
ラトビア産に比べたら、水みたいな味だったよ。

 
【2014.04.19 Saturday 02:29】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(6) | trackbacks(0) |


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License