ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< ソラマメの話 | main | 映画とワインバー >>
1週間
金曜日の夕方、バルコニーでワインを飲んでいると、電話がかかってきた。

ママからだった。

サナトリウムでの毎日を、意外に忙しく楽しんでいたのだが、熱が出たので、土曜日に迎えに来てほしいということであった。

やはり1週間が限度であった。

と言うわけで、今日はママを迎えに行った。

ピピピ「残念だわ。とてもいいサナトリウムだったのに。本当に残念だわ」
と、ママは繰り返し残念がっていた。

旦那と管理人は、それをニヤニヤ笑いながら聞き流したのだった。


【2008.08.30 Saturday 21:10】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
『残念だわ、とっても』…
と言いながら<帰った方が良いわ>と思える場所がある、
これ人生の成功の要諦であります。
『帰る』事の出来ない場所にいなければならない
私も体験したことがありますが
これほどの辛い事はありませなんだ。
にやにやしようが何しようが
『あそこに帰って行きたい』と思わせる場所を作り上げている
御家族の全ての人のご努力に乾杯。
| さんさん | 2008/08/31 4:40 AM |
可愛らしい お母様です。
実は ブログを開く前 そろそろ一週間だけど お母様がそのままサナトリウムで過ごされたら この週末の過ごし方は いつもとは 違うリズムですごされるのだろうな・・・と思いながら 開いてみると やはり お帰りでしたか・・・!
いい嫁にめぐまれた お母様にとっては 家が一番なんす。
| murako | 2008/08/31 8:36 AM |
管理人さん、こんにちは。
ママさま、かわいい〜。おうちが一番!、と思うために人は出かけるものです。
| megmeg | 2008/08/31 10:44 AM |
くふふ..
おかあさま、かわいいです〜
でもおうちが一番ってことでヽ(^0^)ノ

ところで、ライ麦パンのこと、パンの先生に確認しました。
彼女が習ったレシピによると、アルミホイルでがっちりと二重
に巻いて、少し深めの天板にお湯をはり、そこで蒸し焼きにする
のだそうです。
穴が絶対にあかないように、ぐるぐるとしっかりホイルで巻いて
と言っておりました。
そうじゃないとなかなか火はとうらんよと...
この焼き方、試してごらんになりますか?
| ちび子 | 2008/09/01 12:04 AM |
こんにちは、さんさんさん。
いやはや、退屈だったと思うんですよ。まあ、それでも、大分元気になって帰ってきました。確かに、帰るところがあるというのは、すばらしいことです。何につけても、心の支えになりますからね。

こんにちは、murakoさん。
いい嫁かどうかは別として、家のほうが休まるようです。やっぱり、TVが部屋になかったのが原因ではないかと(笑)。いつも見ている連続ドラマが気になって帰ってきたのかも知れません(笑)。

こんにちは、megmeg殿。
本当に帰るのかどうか、旦那が電話して、ついでに熱はどのぐらいあるのかと聞いたところ、「今は平熱だけど、体温計が壊れているんだと思う。」と言っていたそうです。どうしても帰りたかったんでしょう(笑)。

こんにちは、ちび子様。
わざわざ効いていただいて、ありがとうございます♪
蒸し焼きですか!ちょっと工夫しないといけないようですね。まずは、水分量を計算しなおして、次に蒸し焼きを検討してみます。黒パン屋に見学コースがあるらしいので、行って技術を盗んでこようかとも思ってます。もはや、意地です(笑)。
| 管理人 | 2008/09/01 9:53 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1133
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License