ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< ベンジャミン・バトン@オリジナル | main | 愛の妙薬 >>
海外在住用サカナレシピ
コレステローラーのために、というのを口実に、これを機会に魚料理の頻度を高めようと、日々努力中の管理人である。

しかし、どうもこう、ピンとこない魚が多いのも事実である。

大抵の場合、日本で見かけない魚なので、調理法が思い浮かばなかったりするのである。
そんな時、最近見つけた魚料理のレシピサイト、

All-Fish-Seafood-Recipes.com

は、とても便利である。

魚の種類別に、沢山のレシピが紹介されているのである。
出来上がりの画像もなく、おしゃれなサイトとは言いがたいが、レシピ自体はしっかりしているようだ。

そして、サイトの左上にあるメニューからFish Guideを選ぶと、主要な魚の解説がでてくるのである。

お試しあれ。
【2009.02.12 Thursday 22:04】 author : 管理人
| 食べ物 | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
す、す、すごーい!このHPかなり感動しました!!
フィッシュガイドのところを開いてびっくり!
いや〜日本でも魚のレシピをこんなページにしてくれていれば、もっとわかりやすいのにー

いいお勉強材料ありがとうございました。
それにしても、いったいどこからこんな情報をみつけてくるのか?
管理人さまのセンサーを分けて頂きたい!
| ちび子 | 2009/02/13 9:51 AM |
これは便利だ!このサイト。
早速頂きました。

しかし『ピンと来ないお魚…』
というのが多い事は分るんですが
例えば中央市場にはカレイなんか無かったでしたっけ?
記憶には残っていませんが。
それとか鰯なんかは世界中どこでもいる魚です(ただし当地でも鰯やサバなどいわゆる青魚は釣の餌にしか見られていないので鰯が欲しかったら釣餌屋に行くか(冷凍の鰯がとても鮮度が良いのが手に入るが段ボール箱一つ買わなければいけないので…)チャイナスーパーまで遠路出かけなければなりませんが。

オペラや語学のサイトもそうですが管理人さんの検索能力は
ちび子さんのご指摘通り端倪すべからざるものがありますね。
| さんさん | 2009/02/13 11:35 AM |
煮る 焼く 揚げる 蒸す・・・見慣れた魚も この中で いかに片付けが 楽か 食べる時間がバラバラでも楽か 残った時にも 困らないかが 其の日の料理方法となります。 結果 揚げる という選択肢は 真っ先に切り捨てられますね。

| murako | 2009/02/13 10:29 PM |
こんにちは、ちび子様。
Tipsなんかも結構充実してますですよ。なんとなく、ナマズ買っちゃったけど(普通はそういうことはないとは思いますが。。)どうしようかな〜、というときにとても役に立ちますです。いや、見つけたのは偶々です。

こんにちは、さんさんさん。
ええ、鰯とカレイは常時居て、安くて新鮮なんですが、コレステローラー達が鰯とカレイはフライじゃないと受け付けないんですね。で、私が一人でこっそり鰯の刺身を生姜醤油で食べてます。15cmぐらいの鰯が6〜7匹で40円ぐらいだったりします。美味しいです。
| 管理人 | 2009/02/13 11:37 PM |
こんにちは、murakoさん。
そうですよね、揚げるのは避けたいですよね。カロリーも高くなるし、キッチンは汚れるし。。。私は最近、後片付けがラクチンな、あのオーブン用フィルムに頼りっきりです。そろそろバリエーションを考えないといけないです。
| 管理人 | 2009/02/13 11:42 PM |
先日 お土産に レイノルズのオーブンバッグをもらいました。台所大好きという友人に分けましたところ,無水鍋で 使った とうのです。無水鍋にアルミホイルを敷いて 小麦粉を振りいれて チキンをのせ 袋を開いてかけ トップの部分に穴を開けて焼いた というのです。凄く ジューシーに焼けたと喜んでいましたが 無水鍋で使うという発想には 少しびっくり。多分 オーブンで 170度以上にならないように と言う説明で 直接シートに食材が 触れることを避けたかったのだと思います。友人のアイディアには びっくりしましたが、こういう使い方もあるのかと めからうろこでした。
| murako | 2009/02/14 8:37 AM |
こんにちは、murakoさん。
それはすばらしい使い方ですね。無水鍋ならオーブンと同じような調理ができるわけですね。なるほど。
それにしても、今まで知らなかったのですが、無水鍋というのは日本独特のものだったんですね。
| 管理人 | 2009/02/14 11:00 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1243
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License