ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 暖炉 | main | 追悼ミサ >>
暖炉その2
今回行ってきたのは、Jaunpils城である。

2年前にも週末を過ごしに行ったことがあり、今回も2泊してきた。

ワインと食料を買い込んで、暖炉をとことん楽しもう、という企画である。

ジャガイモをアルミホイルに包んで、暖炉に放り込み、
ソーセージを串刺しにして、暖炉で焼き、
ワインとチーズとバゲットを用意した。

ミニコンポが置いてあるので、バロック音楽のCDをかけ、
キャンドルを灯して、中世っぽく過ごすのだった。

昼間は、凍った池の上を歩いたり、
王様気分で領地を見回りに行ってみたりした。

鴨が群れをなして旋回しているのを見、
雪の上に、ネズミの足跡を発見したり、
美しい冬を堪能した週末であった。
【2009.02.22 Sunday 20:33】 author : 管理人
| ラトビア城めぐり | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
こんにちは、管理人殿。
すてき!!!お姫様気分になれますね。本当に私の日常からかけはなれすぎていて ため息がでます。こんな旅行をしてみたいな〜。管理人殿、これからも楽しんでください。
| kazumi | 2009/02/23 11:54 AM |
いやいや楽しそうですね。
晩ご飯にソーセージとジャガイモ
これもけっこう。
チャンと熾き火だけ脇によけて
木の枝なんかで焼き串つくって
都会ッ子でしょうに直火で料理するご経験充分とお見受け致しました。
珍しかったのは水車小屋(小屋なんてモンじゃありませんぜ,これ)のりっぱな事。 皆がパンを食べるためにここに頼んで粉にしてもらわなければならないとはいえ,このりっぱさ,このカネのかかった建物は『ただ者では無い』という印象を与えてやみません。
『水車小屋の娘』なんて歌曲があった様に思いますが,今まで思ってたのと違ってけっこう良いとこのお嬢様の唄だったりして。
この中世風のウェイトレスの衣装リガでもみましたよ。 Rosengralsだったかな,オッソロしク値段の高いレストランでしたっけ。
しかしこんなお城の部屋でろうそくと暖炉の火だけに照らされてバロックが静かに流れて赤ワインのグラスがキラと光を反射する。
いいじゃないですかぁ。 ただし暖炉の火が消えたらオッソロしク寒いでしょうなぁ。

それにしてもリガのソーセージのおいしさは当地に比べると天と地。
イギリス風ソーセージという物は歯で噛み切る時の口当たりがカリッではなくポリッでもない
モチャーッ。
ウィンナソーセージを食べる事も日本に帰った時の”マスト”の一つなんです。
リガで始めてイギリス以外のソーセージは日本並みにオイシイのだ…と言う事に気がつきました。
| sんさん | 2009/02/23 2:09 PM |
こんにちは、Kazumi殿。
お姫様には、ちと歳があれなので、女王様気分ですかね。ただ、ここはこのお城しかないんですよ。ほかは何にもないんです。地元民は何をして過ごしているのか、気になりましたです。釣りですかね。

こんにちは、さんさんさん。
このお城と周辺施設は、ドイツ人が建てたものだそうです。周りの池も川もすっかり凍っていましたが、水車は回ってました。さすがです。
Rosengrals行きましたか〜。高いですよね。このお城のカフェは良心的で、一番高いメニューが4ラット(800円ぐらい)でした。
部屋には、なぜかファンヒーターがあって、暖炉の火が消えても寒くならないようにしてありましたです。2年前に行ったときは床暖房だったんですが。
| 管理人 | 2009/02/23 6:02 PM |
管理人さん、こんにちは。
空気がピリッとしていそうな風景ですが、そり遊びが楽しそう。散策もいいですね〜。さんさんさんがソーセージをほめてられるので、お腹が減ってしまいました。朝ごはんは何が盛られてるんだろうと、またお腹が・・
| megmeg | 2009/02/23 9:52 PM |
こんにちは、megmeg殿。
道行く子供は、みんなマイそりを持ってました。必需品のようです。朝ごはんは、オムレツとチーズとサラダです。朝ごはんといっても、11時ぐらいに食べてるので、ブランチですね。
| 管理人 | 2009/02/23 11:33 PM |
管理人さん、こんにちは。
やっぱりオムレツでしたか! 休日にゆっくり朝ごはん、いいですね〜。日本の宿の朝って早いから、ついがんばってご飯前に温泉入ったりしちゃうし(+_+) のんびり出来ない性分が温泉にも!
| megmeg | 2009/02/24 4:45 PM |
こんにちは、megmeg殿。
そーですよねー。温泉の朝ごはんは、早いですからねえ。このカフェは、営業時間が10時からなので、遅い朝食のほうが店員さんは喜ぶようです。日本だと、朝食はせいぜい10時まで、ですよね。
| 管理人 | 2009/02/24 5:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1251
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License