ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< スイカ | main | バイロイトとザルツブルグのネット上映 >>
皆に優しい
休暇のクレタ島行きがベルリン経由なので、ついでにベルリンでお買い物でもしようかと、ホテルを調べていた管理人である。

ふと、デザイナーズホテルのような、おしゃれなホテルがあったので、値段やロケーションなどを調べていたら、ホテルのHPに気になる宣伝文句が書いてあった。それは、

「ヘテロフレンドリー」

である。

ムニョムニョ「はて?ヘテロフレンドリーとは何ぞや?」

説明文を読みすすめていって、ああ、と納得である。

このホテルは、ゲイの方々に優しいホテルなのである。
しかしながら、ゲイの方々だけに優しいわけではないのだよ、という意味で、ヘテロフレンドリーなのだそうだ。

そして、ロケーションを見てみると、KaDeWeの近く。
去年ベルリンに行ったとき、それは沢山のおしゃれな男性カップルが仲良く手をつないで歩いているのを目撃したのを思い出した。

ま、ともかく、皆に優しいのは、いいことである。
よく考えてみると、皆に優しくするのは、結構難しいことだなあ、と思った管理人であった。
【2009.07.27 Monday 23:41】 author : 管理人
| 情報収集 | comments(3) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人さん、こんにちは。
みんなにやさしい、すてきですね。他人を気遣うってすごく大事ですよね。
先日友人が交通事故現場に出くわし、10人くらいの人がいるのに取り巻いて見ているだけなので、被害者に声をかけ救護に当たったそうです。加害者は電話(自分の都合だけ)していたそうです。被害者はおばあちゃんでひどい怪我だけど意識があり後から救護に加わったおじさんが家族に連絡したりしてくれて家族がきて・・ということでした。
もちろんどうしたらいいかわからないから見てただけと言うのでしょうが、最近の日本人見て見ぬふり、多くないかな・・
話が違いましたが、最近考えた人に優しくでした。
| megmeg | 2009/07/28 1:51 PM |
ホテル選びは 慎重にしなければ ならないということですね。HPの 見た目だけで 選んでいたら 思いがけないところに 泊まることになるのかもしれないなんて 考えてもみませんでした。
沖縄へ行った時 パック旅行になっていて 電話で申し込む時に 歓楽街にありますよ、ビジネスホテルですよ と親切に言ってくれたにもかかわらず 1000円を惜しんで グレードアップしませんでした。2日間 申し分ないリゾートホテルで天国を味わい 那覇に戻って地獄。チェックインしたものの
結局 権利放棄しました。ちょっとしたことで 旅の印象は 変ってしまうので 気をつけないといけないという教訓です。 
| murako | 2009/07/28 7:48 PM |
こんにちは、megmeg殿。
誰でも、特定の人には優しく出来るのですが、皆にとなると、大変ですよね。しかし、取り巻いてみているだけ、というのはひどいですね。自分がそのおばあさんの立場だったら、と考える人が少ないと言うことですね。寂しい限りです。

こんにちは、murakoさん。
ええ、このホテルは、とてもスタイリッシュなんですよ。後で検索してみたら、どうやらゲイの方達には有名なホテルのようです。しかもチェーン展開しているので、各地にあるようです。
1000円を惜しんで、というのは、とてもよくわかります。インターネットでホテル選びをすると、この一泊1000円の価格差は、ものすごく大きくみえて、ついつい安いほう安い方を選んでしまいます(笑)。
| 管理人 | 2009/07/29 2:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1362
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License