ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 下調べ | main | レベルテスト その1 >>
語学と私
「ラトビア語をどうやって勉強していますか?」

というご質問をいただいた。

ええ、全く、恥ずかしながら、かなりしばらく、サボっております。。。。

40歳から始めたラトビア語は、上達の歩みが、それはそれはカタツムリのように遅く、石地蔵のように重い。。。

そのあたりをご理解いただいた上で、お読みいただけると幸いである。

まずは、言い訳がましく、管理人の語学能力に関する指標をいくつか上げてみることにする。
1)中学から英語は苦手で、嫌いだった。
2)高校の現代国語の成績が10段階評価の2だったことがある。
3)大学は、英語の2次試験の無いところのみを受験した。
4)35歳まで、英語も全くしゃべれず。

そんな状態でも勉強した、というところが、自分で言うのもなんだが、偉いと思うのである。

さて、ラトビア語に関しては、こちらへやってくる前に、
このブログの右側に挙げてある本とCDを購入し、読み始めるも、進まず。特に文法がさっぱり分からず、語尾変化がさっぱり憶えられず、単語がさっぱり憶えられず、の三重苦にさいなまされたのであった。

そこで、レベルが高すぎたのだと言うことに気づき、小学生用のテキストに切り替えたのだった。
小学生用のテキストは、それはもう、かわいらしい挿絵がふんだんで、というより、挿絵の方が多いぐらいで、楽しく勉強することが出来、練習帳とともに3冊終わらせることが出来た。

次にはじめたのが、外国人用のラトビア語のテキストである。
リンクはこちら
これを同様に問題集と一緒に進めていくのだが、現在3冊目の始めの方で止まっている状態である。

だが、こういう教材を終わらせていくのが、しゃべれる様になることではないのである。

なぜなら、終わらせても、憶えてないからである。

憶えるには、聞いて、聞いて、聞いて、否が応でも、しゃべってみなければ、どうやら管理人の場合には、無理の様なのである。

と言うわけで、一番効果的なのは、ママとの会話なのである。

現在、管理人が理解できるラトビア語のレベルは、

「奥さん、ちょっと、聞いてよ。ほら、○○さんの妹の友達の××さんのところ、先月、引っ越したらしいわよ。」
「ええ?本当?××さんなら先週電話で話したけど、何にも言ってなかったわよ」
「どうやら、息子さんが家を建てたらしいわよ」
「まあ、どうして何にも言わなかったのかしら。そんな秘密主義だったなんて。」
「こんな経済危機に家をたてるなんて、息子さんの給料、そうとういいのねえ」

ママとの会話のお陰で、かなり、主婦の会話に特化しているのである。

だが。。。

現在、管理人にはタイムリミットが設定されてしまったのである。

来年の滞在許可延長申請までに、ラトビア語の国家試験に受からなければならないのである。いや、受からなくても、数年ごとに滞在許可申請をすればよいだけの話で、特に問題は無いのだが、受かれば、ラトビアのみならず、EUでの永住権がもらえるのである。

と言うわけで、受験勉強を始めることになった管理人である。

とりあえず、明日は語学学校のレベルテストを受けに行くのであった。。。
【2009.08.10 Monday 22:47】 author : 管理人
| ラトビア語 | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
こんにちは、
毎回楽しみに読ませていただいていますが、ご無沙汰しております。
語学には、私同様、苦労されていますね。しかし、ママとの会話は全てラトビア語ですよね。
私も、奮起して2年前からフランス語学校に通っていますが、中級レベルのクラスで発音が悪いので、上に進めないと言われ、初級の発音クラスで悪戦苦闘中です。イタリア語ぺらぺらの40代韓国人女性と一緒に、この年になると教師に言われた時はうまく発音できても、すぐに元に戻って、元の木阿弥だよなと良く話しています。うちの妻も知合いの日本人女性は、学校にも行かずにすぐに上達したのにと、あきれかえっていますが、私も理系で元々語学音痴でしたので、学生時代の知合いは、どうして外国人と結婚したか不思議がっています。
語学学校に行かれるのも良いかなと思います。ただ、教師の当たり外れは大きいですが。
しかし、ラトビアの滞在許可は外国人に厳しいですね。前にも書きましたが、ルクセンブルクでは、EU市民の家族はEU市民並みの滞在条件で、2008年からは滞在許可も必要なくなりました。おそらくラトビア語を話さないロシア国籍のラトビア人に対する嫌がらせではないですかね。
| ルクスの住人 | 2009/08/11 7:03 AM |
 ラトビアでは、ラトビア語とソ連時代から入植したロシア人が話すロシア語のバイリンガル状態から、政府によるラトビア語擁立政策が実施されていると本で読みました(黒沢歩「ラトビアの蒼い風」)。日本語によるラトビア語の教本はラ和単語集だけだそうなので、ぜひ管理人様、ラトビア語をものにしてくださいませ。
| 酸化銀 | 2009/08/11 12:41 PM |
脳が 拒否したものは 覚えられないので 無駄な抵抗はやめました。ツアーで行けば 言葉が出来なくても 全く困らない外国旅行です。でも 管理人さんの ”主婦の会話” これは文法通りでないでしょうし とかく女性の会話は 話が あちらこちらに飛びますし 主語やら述語が省かれたりで難しいものです。それが 理解できるのは 高度です。
でもラトビアの国家試験に受かると EUの永住権をもらえるのは いいですね。知人のお嬢さんは アメリカ人と結婚しましたが、グリーンカードが出るのは 1年先が2年先か分からない状態で でない限り出国できないそうです。
| murako | 2009/08/11 7:28 PM |
こんにちは。
今テストってどんなレベルがあるんでしょうか。
永住権をとるためには何級?
2回受けたんですが、1回目は行って半年で「半年でこれだけできれば素晴らしい。ロシア人は40年いても話せない」と言われて(実際、面接での質問が分からず「わからん」と言ったら、「ラトビアで何してるの?」って質問になって、それなら答えられた(よく聞かれたので))、2級をもらえました。まわりのロシア人に悪いなあと思いましたが・・・

しかし今でも言語政策があるんですね。EU加盟のときにEUに怒られたかと思ったんですが。
| misa | 2009/08/11 9:50 PM |
こんにちは、ルクスの住人さん。
ええ、全く、語学が嫌いだから理系に進んだのに、どこまでもついてきますよね(涙)。学生時代などは、外国人が研究室に来ると、全速力で走って逃げたものです。逃げちゃダメだということですね。若いうちに「語学脳」を作っておかないといけなかったんですねえ。。。
しかし、ルクセンブルグはいいですね。滞在許可も要らないなんて。私の滞在許可は4年もののはずなのに、毎年「登録」に移民局へ顔を出さないといけないので、早くそういうわずらわしさから逃れたいです。
リトアニアなども永住権取得のために語学試験が必要らしいですね。

こんにちは、酸化銀さん。
リガでは、街中でロシア語を見かけることは、ほとんどないです。
私は全然ロシア語は分からないのですが、街中ではロシア語で話しかけられることも多いです。そんな時に、「ロシア語はわかりません」とラトビア語で言うと、大抵はラトビア語に切り替えてくれますが、時々、ものすごい剣幕で怒り始める人もいます。と言っても、怒っている内容もロシア語なのでさっぱり分からないのですが。

こんにちは、murakoさん。
確かに、脳は拒否しますよね。歩く辞書こと、旦那、に本当に同じ単語を1時間のうちに10回ぐらい訊いたりします。まさしく脳が拒否です。
主婦の会話は、非常に重要な情報が満載です(笑)。次の一手をどう打つか、に大きく関わってきます。しかし、井戸端会議に参加するには、まだまだ修行が必要のようです。がんばりまっす。
EUの永住権というと、ちょっと語弊があるのですが、欧州共同体長期滞在許可と言うもので、無期限の滞在許可です。一番大きな利点は、EU内ならどこでも働けるようになる、というものです。
| 管理人 | 2009/08/12 2:04 AM |
こんにちは、misaさん。
テストは、大きくI,II,IIIの3段階に分かれていて、それぞれが得点数に応じてA(50%〜74%)とB(75%〜100%)のクラスに分かれてます。そのうちの、IBをクリアすればいいそうです。これがどんなレベルなのかが分からず、かなりビビっていたのですが、やっと、例題の載っている冊子を見つけました。
http://isec.gov.lv/valval/zinapj.shtml
読解と作文と面接のようです。
言語政策の成果(?)か、若い人でロシア語を話せない人が大分増えているようです。
| 管理人 | 2009/08/12 2:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1372
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License