ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 大丈夫か、日本。。。 | main | 遠くへ来たものだ >>
Inglourious Basterds
久しぶりに映画を見に行った。

見たのは、Inglourious Basterdsという映画で、タランティーノ監督、ブラッド・ピットが出ているのである。

第二次世界大戦中の話で、映画館でのヒットラー暗殺という筋書きである。

なんというか、見ている最中は特に気にならないのだが、後味が、なんとなく悪い。
タランティーノ映画なので、ばったばったと、人が死んでいくのは仕方ないとして、何だか、ブラッド・ピットが演じている対ナチスのゲリラ部隊の隊長が、どうも管理人にはしっくり来なかった感じである。この隊長が、楽しんでいるように見えたのかもしれないし、勧善懲悪すぎる構図が、気に入らなかったのかも知れない。
それで、うまく表現できないのだが、もう、ナチスがらみの映画は、見たくないなあ、と思ったのである。

何だか、すっきりしない管理人であった。
【2009.09.07 Monday 04:29】 author : 管理人
| 映画 | comments(3) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
バタバタしていると 今 どんな映画しているのだろう とチェックする暇もなく 映画館から遠のいています。特に夏休み期間は お子様向けも多いこともあります。
最近は 重い内容は 避け気味。もたいまさこ 小林聡美コンビの ”プール”が 近々上映予定なので 癒しを求めて 行こうかと思っています。でも あの二人のコンビでは 見なくてもストーリーが 分かってしまいます。
| murako | 2009/09/08 8:31 AM |
タランティーノですかぁ(^^;;)

ばかすかと人を殺しますよね。
それもテレビゲームのように...

たしかにナチス系の映画は、もうお腹一杯です。
| ちび子 | 2009/09/09 12:16 AM |
こんにちは、murakoさん。
我が家も、映画館から大分遠のいてました。たまに行ってみると、やっぱり大画面の大音響がいいですね。
もたいまさこと小林聡美といえば、深夜番組の、やっぱり猫が好き、を思い出します。遠い昔ですね。

こんにちは、ちび子様。
タランティーノの映画は、まあ、いつもテレビゲームというか、マンガみたいというか、そこが好きだったりもするのですが、なんだか、こう、ブラピがしっくりこない感じでした。
| 管理人 | 2009/09/09 2:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1389
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License