ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 江田議長来ラト | main | 炭を飲む >>
Surrogates
クレジットカードのポイントで、久しぶりに映画のタダ券をもらったので、早速観て来た映画は、

Surrogates

である。

セクシー・ハゲ(管理人が勝手にそう呼んでいる)こと、ブルース・ウイルス主演のSFものである。

とある近未来、人々はサロゲートと呼ばれる人間そっくりのサイボーグを自分の身代わりとして使うようになる。仕事も買い物も、自分は家の中のコントローラーに寝そべっているだけで、サロゲートに何でもやらせるわけである。そうすることによって、疲れず、事故や犯罪に巻き込まれず、そしてエクササイズしなくてもサロゲートの容姿をメンテナンスすることによって、対外的な用事を全てこなす、という世界である。
そこで起きた殺人事件をめぐるSFアクションというわけである。

ほほう、と思ったのは、この世界だと世の中の見た目がナイスバディの美男美女だけで構成されるようになる、というところであった。美容院もサロゲート用で、実際にサイボーグを動かしている人間は、運動もせずに家で寝そべっているわけなので、かなりみすぼらしい姿になっているのである。

ブルース・ウイルスは、お決まりの刑事役で、彼自身もサロゲートを使って捜査を行うのである。そして、彼のサロゲートは、もちろん、ブルース・ウイルスを若く細身にして、男臭さを抜ききった感じであった。管理人が着目したのは、髪の毛がある、というところであった。

だが、やっぱり、ブルース・ウイルスはハゲがいい。

これが管理人の結論である。

日本公開は、2010年1月。
ちなみに、Surrogatesの公式サイトにあるCHOOSE YOUR SURROGATEというコーナーでは、自分の好みのサロゲートを作って、飛行機からジャンプさせたり、バケーションに行かせたりできる。結構面白い。
【2009.10.18 Sunday 12:22】 author : 管理人
| 映画 | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
面白い発想の映画ですね。サロゲートを動かしている本物の人間のほうが、みすぼらしい、とういのもオチです。映画は一本見に行くと、予告を見て見に行きたくなり、次々と映画館に足を向けることになりますが、お天気のいいこの頃、映画館へはなかなか足が向きません。見たい映画はあるのですが、アウトドアの方に 引っ張られてしまいます。
| murako | 2009/10/19 8:13 PM |
こんにちは、murakoさん。
スタイル抜群の美男美女ばかりの世界というのは、本当にウソっぽいものだと、見ていて思いました。
私も、久しぶりに見た映画だったので、すっかり予告編で次に見る映画のリストが出来上がってしまいました。
リガは、ここのところずっとお天気が悪く、せっかくの紅葉も見に行かずじまいです。ついついぬくぬくした娯楽に走ってしまいます。
| 管理人 | 2009/10/19 9:41 PM |
はて? surrogateってなんだったかなぁ。 聞いた事有る単語だよなぁ、と思って字引をあたって見ればコレハシタリ
何のことはない、身代わり、代理。
ひねりも何もないマンマじゃぁ無いですか。

きれいとか頭がいいなんてモノは全て基準がなくて
あいつよりオレは頭がいいぞ、とか
ふん、アタシがゼーッタイきれいよ、とか
自分目線でそのほとんどが決まるもの。

カツラかぶって隠したのよりハゲ丸出しの方がかっこいいのも。

しかしまてよ、人のこと言って居て私最後に映画見たのはいつだっけ。 確か8月にハリーポッター見に行って以来。
これなん退行現象と言うべきか。
| さんさん | 2009/10/20 9:06 AM |
今頃は中央市場ヘ行くとキノコの出盛りと想いますが
最近キノコのお料理、何か召し上がりましたか?
スチューに煮込む他にポピュラーなのはどんな料理でしょうか。あんなにいろいろな種類のキノコが並べられているのを見たのはあれが初めてで最後でした。

それはそうとあのコケモモの実、あれを一粒一つぶ手で摘むのは大変だろうなぁ、と素朴に感動していたら今朝テレビで見てしまいました。 何だか熊手みたいな道具で木の下からしゃくって、言うならばあさり貝を海底からシャクイ揚げる様な感じでコケモモの実を摘み取っている光景。
お宅ではもうジャムにするべき物はビンに入ってミニへた取地獄からは解放されていらっしゃるでしょうね。
| さんさん | 2009/10/20 9:15 AM |
こんにちは、さんさんさん。
そうですね。美しさとか頭の良さとかは、ものさしがあって無いようなものですからねえ。美男美女ばかりで構成された世界というのは、ある意味、個性も無くなってしまうような感じです。まさに人形の世界ですね。
たまに映画館で見る映画は、重低音がどかーんと胸に響いて、気持ちいいですよね。

キノコですが、今シーズンはアンズタケを沢山食べましたよ。実はもうシーズン終わりなんです。今年はラトビア名バラビカス、英語名ポルチーニが少なく、食べ損ねました。我が家では全てバターソテーにして、茹でたジャガイモと一緒に食べます。マリネにして、クリスマスやお正月用に保存ですね。
コケモモ地獄からは開放されました。今はりんごのシーズンが開幕です。私は現在カバチ(スクワッシュですね)にはまってます。
| 管理人 | 2009/10/20 3:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1422
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License