ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< おみやげ | main | 粋な計らい >>
デジタル雑誌、配信実験
ようやく、ようやく、この日がやって来ようとしている。

ううう、うれし涙に咽ぶ管理人である。

何がそんなに嬉しいのかというと、

日本雑誌協会が、ようやく雑誌をデジタル配信への重い腰を上げてくれたのである。
日経のニュースによると、2011年からの有料配信を目指すということで、まもなく配信実験が始まるのだそうな。

これで、やっと、海外在住でもリアルタイムで雑誌が読めるようになるわけである。

航空便で送ってもらうと、雑誌代より送料の方が高くなってしまう。
そんな悩ましい事態と、サヨウナラなのである。

さて、有料配信に先駆けて、日本雑誌協会は配信実験を予定している。
選ばれたモニターが1ヶ月間雑誌を読むことができるのだそうな。

というわけで、海外在住の皆さん、モニター登録しましょう。

モニター登録は日本雑誌協会のHPからどうぞ。


【2009.11.11 Wednesday 19:29】 author : 管理人
| 情報収集 | comments(3) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
見ました読みました申し込みました。
知らせて下さって有り難うございました。
ただ全世界でたった1500人だからミニターにはあたらんでしょうなぁ。 子供のころからくじ運は無い方だったもん。
しかし有料でも送料無しで雑誌が読める、これは有り難いですよね。
もっとも内向き仲間うち向けのコンテンツばかりだったらこれは読んでも仕様がない…などと思うだろうか。
しかし何年たっても移民1世の『母国語』への渇望感は強いものがありますもんね。 むかしの白黒テレビからカラー画面に変わったぐらいのちがいを英語の雑誌を読んでいる時とニホンゴのそれとでは感じますもん。
英語の雑誌の記事は英語なりに内向き仲間うち向けのコンテンツを仲間内だけに通じる文法(一番良い例が江戸時代の黄表紙、当時の江戸事情を知らないとなにが何だか文字面では分らない様になっていた)で書いてあるからつまらないのだろうと想います。
| さんさん | 2009/11/12 1:09 PM |
管理人さん、情報ありがとうございます。
早速、雑誌のネット配信のモニターに申し込みました。どんな雑誌を見れるのか楽しみです。モニターに当たればですが。私などが申し込むと、管理人さんがモニターに当たる確率が下がってしまいますね。
ただ、私は懸賞等に当たることがまれですので期待していませんが。

管理人さんモニターに当たるといいですね。
| europe-trip | 2009/11/12 10:16 PM |
こんにちは、さんさんさん。
嬉しいサービスですよね。本当に送料を考えると、なんだかげっそりしてしまって、今まで雑誌は注文できなかったですよ。当方では、英語の雑誌すら入手困難というか、かなり割高なんですよ。それでもTIMEだけは購読してるんですが。日本語に越したことはないです。一生懸命読まなくてすみますしね(笑)。

こんにちは、europe-tripさん。
いえいえ、これは日本に住んでいる人が本来のターゲットですから、どんどん申し込んでください。沢山の人が興味があるとなれば、有料配信も前倒しになるかもしれません。
| 管理人 | 2009/11/13 12:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1442
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License