ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 春近し | main | 故障 >>
薪をくべに
先週、ひっそりと一つ年を重ねた管理人である。

誕生日のプレゼント替わりに、毎年恒例、冬の城ごもりへ行くことになったのであった。

というわけで、この週末、一年ぶりに城の暖炉に薪をくべに行って参りますです。
【2010.02.18 Thursday 22:24】 author : 管理人
| ラトビア城めぐり | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人さん、こんにちは。
私は自分へのプレゼントで同じ2月生まれの友人とちょっといいホテルに泊まってエステというコースにしました。
こちらも桜の開花予想の話がでるくらい春、近づいたかな〜です。
| megmeg | 2010/02/19 9:34 AM |
シンと静まり返った古いお城での週末。
窓の外に降り積む雪
暖炉の薪のはぜる音だけが
音の聞こえない室内に響く。
会話が無くても一人ではない。
故郷を後に何千キロ離れて
人生の時を共にする信頼するパートナーがとなりに眠っている。
これ以上の誕生日の祝い様があり得ましょうか。
今日、これほどの幸せを手に出来る人は
しかもその幸せは自分でつかみ取ったのだと言える人は
果たして何人いる事だろうか。

A very happy birthday for you.


| さんさん | 2010/02/19 4:57 PM |
管理人さん
お元気に今年も年を重ねられておめでとうございます。
雪に包まれたお城で、暖炉に蒔をくべて癒されるなんて
なかなか日本では出来ないことです。しかも側には
素敵なパートナーがいらしゃる・・・幸せの一言に
つきますね。末永く穏やかな日々がラトビアで続き
ますように!

全て用事が今週に集中した上にオリンピックが始まり
バタバタと過ぎてしまいました。LIVE映像で
オリンピックが見られとは思ってもいなかので、
ついつい手がとまってしまっていました。
ラトビアでの盛り上がりはどうですか?
| murako | 2010/02/19 10:58 PM |
お城ですか〜いいな〜ロマンチックです〜
言うまでもありませんが、日本の城では考えられない雰囲気ですよね(^^;)

いいなーラトビアのお城〜
| ちび子 | 2010/02/20 5:42 PM |
スケルトンの選手が、ラトビアに金メダルかと
思ったら、土壇場でカナダにメダルを奪われたとか。

中世の化石のようなお城でも、人の話題になって
居たでしょうか。銀メダルでもおめでたい事ですが。

お城の暖炉にチロチロと燃える薪を眺めていると
俗世間の事など無関係かも知れませんが。
| 1qtaka | 2010/02/20 9:00 PM |
こんにちは、megmeg殿。
エステのプレゼントはとても良さそうですね。やはり、だんだんリラックス系のプレゼントが主流になってきますね。
こちらは気温が上がってきたので、雪雪雪です。

こんにちは、さんさんさん。
ありがとうございます。
今年はとても雪が多いので、お城の湖もただの雪野原になっていました。とてもいい週末を過ごしてきましたです。やっぱり暖炉はいいですねえ。炎からくる熱は違いますねえ。また、じゃがいも焼いたり、ソーセージを焼いたり、屋内バーベキューやってきました(笑)。

こんにちは、murakoさん。
ありがとうございます。
のんびりした週末を過ごしてきました。オリンピックは、結構盛り上がってますよ。ホッケーとかスケルトンとか、得意な種目があるからだと思います。うちのママは、TVにかじりつきで見てます(笑)。職場でもインターネットで録画とか見てますよ。

こんにちは、ちび子様。
バロンの間、というのに泊まってきましたです。今回は中世の衣装を着て、城の中を案内してくれる、というコースにしてみました。なかなか面白かったです。

こんにちは、1qtakaさん。
そうなんですよ。金曜日に1位を確認してから出かけたんですが、その後カナダに持ってかれてしまいました。旦那はかなり気になっていたらしく、わざわざ家に電話して結果を聞いていました。
ま、銀でもおめでたいですよね。
| 管理人 | 2010/02/22 2:51 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1508
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License