ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< ヤーニまでの道のり | main | 教会で考えること >>
Malpils城
今回、管理人夫婦の過ごしてきた城は、Malpils muiza(マールピルス・ムイジャ)である。マールピルスが土地の名前で、ムイジャは領主の邸宅という意味である。

場所は、シグルダより15km程南で、リガからは50kmぐらいである。
リガからバスに乗ってくることも出来るのだそうだ。

村には特に何もない。

かつて38の建物で構成されていたという領主の敷地も、今はホテルの表庭と裏庭のみになっている。

このマールピルス城をホテルとして運営しようという計画は、どうやらラトビアのバブル期に計画されたもののようで、オープンは2年前である。ちょうど、バブルの弾け際である。



部屋の値段などは、HPに全て出ているのだが、昨今の経済危機のせいか、管理人の泊まった部屋はHP記載値段より安くなっていて、一泊朝食付きで75LVL(およそ11700円)であった。

管理人夫婦は、周辺を散歩したり、城の中央バルコニーでワインを飲んだりして過ごしたのであった。宿泊客が管理人夫婦を含めて3組ぐらいしかいなかったため、静かで、大変良かった。一般的には、おそらく、シグルダの観光などと組み合わせて来るのが良いのかもしれない。

【2010.06.26 Saturday 12:31】 author : 管理人
| ラトビア城めぐり | comments(9) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
いいお城ですね。こんな城で1週間ぐらい泊まりたいものです。静かな中に鳥の鳴き声など聞こえるんでしょうね。泊り客3組で採算取れるのか心配になってしまいますね。

管理人さんもお気に入りなんですね。前にもブログで紹介されたことありませんか。

| europe-trip | 2010/06/26 10:18 PM |
美し〜とても古そうですが、古びた感じはなく、とてもこぎれいなところですね〜

よくありがちな、なんちゃってリゾートじゃないところがよさげです。

日本の経営不振な旅館も見習って欲しいです。

50キロでこんな感じのところに宿泊できるのですか〜
うらやまぴい!
| ちび子 | 2010/06/27 1:14 AM |
こんにちは、europe-tripさん。
野鳥は一杯いましたよ。何しろ森と水辺が豊富なので、いろんな鳥が鳴いていました。泊まり客3組だと、本当に来年は無いかもしれない、と心配になりますよね。次の日に結婚式が入っていたようなので、きっと大丈夫でしょう(笑)。
このお城は初めてなんです。でも、前に行ったDikli城に似てますね。

こんにちは、ちび子様。
ええ、周りに本当に森と池しかないところなんです。お城の中に色々と部屋があるのですが、結構好き勝手に使っていいので、冬でもいいかもしれないです。暖炉もありますし。時々、オペラとかのイベントも企画しているようです。生き残りは大変ですね。
| 管理人 | 2010/06/27 4:47 AM |
野鳥はここにもいます。
佃煮にする程います。
池だってあります。
池って言わないでbilabongって言いますけど。

しかしこれは無い。
英語で言えばマナーハウス、直訳すれば御領主さまのお館。
これは逆立ちしたってここには無い。
しかもそこに泊まれる?75ラットで?
ウーンいいなぁ。

しかしラット、11,700円を75で割ると、えとえと
1ラット156円かぁ。
200円超えだったのになぁ。
| さんさん | 2010/06/27 5:40 PM |
こんにちは、さんさんさん。
このマナーハウスは手を入れて再び息を吹き返したのですが、実はそうではないムイジャがラトビアには沢山あります。お金があれば買いたいです(笑)。でも、あれですね、こちらではサマーハウスを皆さん持っているので、不動産も安くなったし、買おうかなとか思案中なのですが、例えば、1000万円相当のものを買ったとすると、850泊ぐらい城に泊まれるわけですよ。手入れも必要ないし、これから40年生きたとして、年間20泊出来るわけです。城滞在の方がよさそうですよね。
そうなんですよ。ユーロがPIIGS危機で落ち込んだので、一緒にラットも対円で安くなってます。
| 管理人 | 2010/06/27 10:51 PM |
考えさせられるテーマあり、ニヤニヤしてしまう話題
あり、無駄遣いに走りそうな商品あり 羨ましくも
思える日常があり、と読ませていただくばかりで
一週間が過ぎてしまいました。

自分の目で見て、足で歩いたラトビアですが、なんと
いっても数日の滞在での観光客。実際に生活している
管理人さんの日々と自分の持っているラトビアへの
イメージとのギャップが埋められません。

でもなりよりも一番嬉しく思ったのは、結婚されて
年々幸せ度が増していく、ということです。
一年の積み重ねで、来年も美酒に酔える記念日を
迎えてくださいね。
| murako | 2010/06/28 12:17 AM |
こんにちは、murakoさん。
ありがとうございます。最初はただひたすら頑張るということに終始していたのだと思いますが、最近は慣れてきたのでブログが面白くなくなっているのでは、と危惧しています(笑)。
何しろ、この5年間でバブル、そして弾けましたから、ラトビアの様子はほとんど毎年変わっていると言っても過言ではありません。ラトビアには素晴らしい場所が沢山ありますから、ぜひまた来て堪能してみてくださいね。
| 管理人 | 2010/06/28 3:45 AM |
管理人さん、こんにちは。
すてきなお城ですねぇ。え〜私はリーズナブルなお部屋でないと眠れないかもしれません。屋根裏みたいで楽しそうだし。

| megmeg | 2010/07/03 11:01 PM |
こんにちは、megmeg殿。
大人数で、夜通し騒ぐための部屋なんじゃないかなと思いましたです。屋根裏、ですね。梁とかがとてもいい感じでしたよ。
| 管理人 | 2010/07/04 11:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1591
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License