ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 安静に考えること | main | ペルセウス座流星群 >>
白衣
世の中は夏休みのリガである。

さて、世の中は夏休みなのだが、管理人夫婦は職場である。
休暇は結局9月の末あたりに取ることにして、今は閑散としている職場で働いているわけである。

管理人夫婦の職場は病院内にある。

そんな都合上、管理人も白衣を着てウロウロしているのである。

白衣を着ているからと言って、医者か看護婦というわけではない、という見本のようなものである。
さらに、白衣を着ているからと言って、何か実験や検査のようなことをしているのかというと、そういうわけでもない。

例えば、旦那は実験は全くしないが、常に白衣を着ている。
研究室の秘書さんも常に白衣である。

管理人も時々実験などをするが、その頻度は低く、大抵はネットで情報収集をしているような状態なのだが、常に白衣着用である。

なんとなく、ここで働いてますよ、という目印みたいなものなのである。

そして、その目印は患者もしくは見舞い客にとっては、歩く院内案内表示と同等であると言っても過言ではない。

「あの、6号館はどこでしょうか?」

ひとたび研究室から外へ出ると、院内で目標物を失った人たちに呼び止められる。

中にはなにやら渡されたらしい書類を握りしめて、

「どこへ行ったらいいんでしょうか?」

と訊いてくる人もいる。

たずねる相手がアジア顔でもお構いなしである。
彼らは白衣めがけて訊いているのである。

さて、白衣といえば、こちらの白衣はやたらとファッショナブルである。
ラトビアが、というわけでは無いようで、他のヨーロッパの国でも白衣屋のような店があって、そこに様々なデザインの白衣が売られているのである。おそらく、ナース用と思われる。

ちなみに、管理人の白衣は襟なし、七分袖、前方スナップボタンで、購入時にはなぜか肩パットが付いていたものである。もちろん、肩パットは外して使っているのであった。
【2010.08.10 Tuesday 14:49】 author : 管理人
| 退職と新たなる稼ぎ口 | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
白衣の管理人さん、体調は元に戻られたのでしょうか。
今週末にはリガが31度になる、などという予報。
バルト三国は避暑地ぐらいに考えていたのですが
今年はどうやら違いますね。
お隣のロシアのように、山火事にならないことを
祈るばかりです。馬鈴薯とライ麦の作柄なども
大いに気にかかるところ。
おかしくなった地球によって、住民の体調も
狂っているのですね。まだ暑い東京より。
| 1qtaka | 2010/08/11 5:15 AM |
管理人さん、こんにちは。
海外の医療事情番組を見ていると、色形柄がぜんぜん違いますね。日本のナース服もデザイナーものもありますが、一線を越えるものはないようです。私服のドクターも増えつつあるようですが、白衣の権威がないとドクターも患者も物足りないのかも??

今朝は台風の影響で湿気が多く、アセモが増えてしまいました。これから水浴びします。
| megmeg | 2010/08/11 10:00 AM |
さ〜すがヨーロッパ。
『専門家』の権威が生きているのでしょうね。

白衣=医療従事者=専門家
この図式は当地には適用されません。
お医者さん看護婦さん保健婦さん、いかなる種類の医療従事者でも
白衣を着たヒトを見た事無いなぁ。
極端に『権威』を嫌う国民性からなんでしょうかねぇ。

最もロンドンから来たお医者さんがコッチで開業して患者のコドモに
『ねぇ、ジョン』って名前で呼ばれて
『あれは違和感あったねぇ』と言っていましたっけ。
| さんさん | 2010/08/11 1:33 PM |
権威、というものについて。
自分には判らないことを判っていて
自分には出来ないことができる
そんな権威と言うものがあってその権威が自分にとって悪いことをしないだろう…
そう言う信頼が生きている社会、人間の集団は素晴らしい、そう思います。

それにしても
白衣を着て権威の仲間入りしているとアジア顔であろうとなんだろうと
構内の道を聞いたらチャンと教えてくれるはずだ、と信じている、これは愉快ですよね。

それにしても夏休みも取らないで、何だか信じられない様な気がします。
秋になったらゆっくりおやすみの程を。 私ももうすぐドイツです。 黒い森の中を散歩して来ます。

| さんさん | 2010/08/11 3:50 PM |
こんにちは、1qtakaさん。
ご心配をおかけしました。激しい運動は様子見ですが、通常営業に戻りました(笑)。ええ、そうなんです、今年はリガも大変暑い夏になっています。ここのところ涼しくなっていますが、この週末もまた暑くなる模様です。それにしても、東京の暑さはものすごいようですね。ネットで読みましたが、もう、暑さでエコ疲れが広がっているとか。35℃とかになるのであれば、エコロジーとか言っている場合ではないです。どうか、熱中症などにはくれぐれもお気をつけ下さい。

こんにちは、megmeg殿。
白衣は目印ですからねえ。こちらの病院スタッフは、お医者さんやちょっと偉い感じの人はスタンダードタイプ、ナースはかなりファッショナブルな白衣になっています。これまた、各自が勝手に調達してきたりするので、てんでバラバラです。で、安いです。
暑そうですね。水浴びはきもちいいですよね。

こんにちは、さんさんさん。
おお、オーストラリアでは白衣を着ないんですか。これはまた驚きです。そうすると、病院とかでは名札か何かで識別するのでしょうか。
こちらの病院で以前検査をしたときに、夏だったんですが、超音波検査の女医さんというか技師さんというか、50ちょっと前ぐらいの人でしたが、かなり派手な原色系の袖なし襟なしミニワンピースで、化粧ばっちり、日焼けした肌、という姿で、半分ハダカの患者(私)を診察しておりました。その時ばかりは、白衣を着て欲しいものだ、と思いましたです。

ええ、夏休み、旦那の日帰り手術などがあったもので、結局9月にずれ込みました。。。ドイツいいですねえ。存分にお楽しみくださいまし。
| 管理人 | 2010/08/11 7:46 PM |
海外で働いていたときの白衣がなつかし〜
日本では、相変わらず地味ーな感じで、せいぜいピンクか黄色が選べる程度ですね。
これは、どうやらナイチンゲールのイギリスからきたらしい文化です。
アメリカ時代、私はディズニーのオフィシャル刺繍いり白衣を着ていました。
ポッケにバニーちゃんが縫い付けてありました。
日本で着るとうくな〜(笑)
| ちび子 | 2010/08/12 2:24 AM |
こんにちは、ちび子様。
おお、ディズニーの、しかもオフィシャル刺繍入り白衣とは、さすがアメリカですねえ。さすがにそこまでの白衣はラトビアでも見かけません(笑)。こちらはラトビア国旗色を良く見かけます。偶然かもしれませんが。。。
職場で白衣を着てると、洋服へのこだわりが無くなっていくようです。上に羽織ってしまえば全て隠れてしまうので。。。いけませんね(笑)。
| 管理人 | 2010/08/12 7:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1616
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License