ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 気温が上がったが | main | つれづれ >>
iPhone 4 ゲット
ベルリンのお買い物ツアーから帰ってきた管理人である。
今回の一番の収穫は、なんといってもiPhone4を手に入れた事である。

事前の調査でSIMロックフリーのiPhone4を販売しているお店をネットで検索、Google ストリートビューでお店の周辺を確認、そして、ついに手に入れることができたのである。

というわけで、管理人が訪ねたショップはこちら。


実際に行ってみると、本当にカウンターのみの小さなお店に店員のお兄さんが一人。
ショップのHPはドイツ語のみの記載だが、お店のお兄さんは英語で対応してくれ、しかもとても親切であった。
なんと、その場で今まで使っていたSIMをホチキスのような形をしたカッターで一瞬のうちにマイクロSIMへと切り抜いてくれて、iPhoneもその場でアクティベートしてくれるので、受け取ってすぐに使い始めることができるのである。
EU外の顧客なら免税にできるよ、ということであった。

うーん、素晴らしい。

もう、大喜びの管理人であった。
【2011.01.17 Monday 16:26】 author : 管理人
| ショッピング | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人さん、こんにちは。
ホント、すばらしい!ストリートビューは私もハワイで活用できました。SIMってカッターで切って使えるんですね!
旦那さまのスーツはいいものが見つかりましたか?
| megmeg | 2011/01/17 11:37 PM |
いつも楽しく拝見しています!
うらやましいかぎりですっ いまいちSIMロックのことがわかっていないのですが、日本でもdocomoが対応しはじめた?とYahooニュースでちらっと見ました。ベルリンで買って日本でもつかえるんでしょうか? そうだったら、このあいだベルリンに行ったときに買ってくればよかったです...
| ma | 2011/01/18 2:59 AM |
SIMって切ってつかえるの!!ビックり。
ベルリンかあ。行ってみたいな〜。雪はふらないのですか?ベルリン。
| Naomi | 2011/01/18 9:12 PM |
こんにちは、megmeg殿。
知らないところに行くときは、ストリートビューが大活躍ですよね。今回は地下鉄を使ったので、地下から出てきた時の景色を確認しておきました。方向とかわからなくなっちゃいますもんね。
BOSSとかがドイツメーカーなので、スーツは種類が豊富でいいお買い物ができました。ま、うちの場合、お買い物は年に一回のみなので、かなり必死です。

こんにちは、maさん。
ええ、その通りです。SIMロックフリーのiphoneなら日本で使えますよ。でもこのベルリンのSIMロックフリーのiphone4はちょっと割高です。ラトビアの場合、そもそもアップルショップがないんですよね。その上にiphoneを提供している電話会社が新規顧客にはiphone4を出さないので、もう非常手段です(笑)。

こんにちは、Naomi殿。
そうなのよ、切って使えるの(笑)。
ベルリンは普段は寒いはず。今回はタイミングよく気温が上がってくれたのであまり雪は残ってなかったです。ベルリンって、迫力のある街でおすすめです。
| 管理人 | 2011/01/18 11:40 PM |
こんにちは、はじめまして。

今度1年ほどリガに行くことになりそうでして、ラトビアではiPhoneを使えるキャリアはあるのでしょうか。

日本からSIMロックを外したIPhoneを持っていってなんとかならないかと考えているのですが。。。
| kodai | 2011/01/19 12:00 AM |
こんにちは、kodaiさん。
iPhoneは基本的にラトビアのどのキャリアでも使えますよ。iPhone用のプランがあるのがLMTですが、私はTele2で使ってますし、速度も申し分ないです。知り合いはBiteで使ってます。マイクロSIMがあるのはLMTのみです。いずれのキャリアでもプリペイドのSIMをすぐ買えます。モバイルネットワークにかかる費用も日本と比べるとかなり安いですし、EU内では国際ローミングの値段が4月から引き下げになる予定です。
| 管理人 | 2011/01/19 3:12 AM |
なるほどー。色々選択肢はありそうですね。通信費が日本より安いのは良いですね。

どうもありがとうございました!
| kodai | 2011/01/19 6:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1698
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License