ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< もふもふ | main | 雪の結晶、その2 >>
ドラマにハマる
ここのところ、ドラマにハマっている管理人夫婦である。

THE TUDORSというドラマで、英国のヘンリー8世のお話である。

こういう歴史物のドラマは、旦那の大好物なのである。

日本ではケーブルテレビ等で見ることができるようだが、残念ながら我が家の契約しているケーブルテレビでは見ることができない。
どうやら、旦那はとても観たかったらしく、最終的にはアメリカのiTune ストアで1エピソードづつ売られているのを発見したのだが、いかんせん現地発行のクレジットカードがないと購入できないのであった。
が、しかし、こういうものは調べてみると色々と手立てはあるようで、アメリカのiTuneギフトカードがあれば、それで購入できるらしいことがわかったのであった。そして、さらに調べてみると、eBayなどのオークションサイトで売られていることが判明したのであった。

というわけで、オークションでギフトカードを入手し、いそいそとドラマを購入したわけである。

いやはや、面白い。よく出来ている。続きが見たいではないか。

というわけで、どんどん買っていくと、1エピソード2.99ドルでも、ワンシーズン10話とかになっていて、それが3シーズンとか4シーズンとかあるのである。

ああ、全部見ようとすると、たかがドラマなのに結構な金額になってしまうではないか。

と、気づいたのも後の祭りである。
ズブズブとはまっていく連続ドラマの深み。。。

間違っても他のドラマに興味をもつことが無いようにしよう、と心に誓う管理人であった。
【2011.02.21 Monday 15:36】 author : 管理人
| 映画 | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
イギリスから、今晩は。
BBCの制作なので、イギリス国内では
http://www.bbc.co.uk/iplayer/episode/b00z1f00/The_Tudors_Series_4_Episode_5/
でも見ることができます。放映後、1ヶ月くらいはサーバーに残っています。
AmazonでDVDも売っていますので、古いシリーズは、そちらの方が安上がりでは?
http://www.amazon.co.uk/s/ref=nb_sb_noss?url=search-alias%3Ddvd&field-keywords=the+tudors&x=0&y=0
| 現役lecturer | 2011/02/22 3:34 AM |
こんにちは、現役lecturerさん。
おお、いいですねえ、BBCのiplayerで見れるんですね。試してみましたが、やっぱり国外であることを察知されてしまい、見せてもらえませんでした。Amazonもあと残りがシーズン3と4なので、微妙にiTuneの方が安いようです。シーズン1と2ならAmazonでしたね。
しかし、連続ドラマは恐ろしいですねえ。実は、BBCの昔のコメディドラマのRed Dwarfも懐かしさついでに見たいなあと思っているのですが、ハマッてしまうと危険そうなので、今は検索しないことにしています(笑)。
| 管理人 | 2011/02/22 6:21 PM |
こんにちは。ご無沙汰しています。
私もギフトカード購入して使ってます。itune、危険ですよね。ついつい買っちゃいます。
私は二つのシリーズを購入していますが、これ以上増やさないようにと思いつつ、4月からまたもう一つ購入しそうです(笑)
シーズンパスだと微妙に安いんですが、ほんと微妙にしか安くないですね。あとStandard Definitionでも1ドル安くなりますが、画質はあんまり変わらないような。私は今購入している物、一つをHDで一つをSDで購入しています。一番お気に入りのだけをHDで買ってるんですが、どのくらい変わるのかなあという感じです。DVDとブルーレイとの差よりずっと差が小さい感じがします。
| misa | 2011/02/22 9:15 PM |
こんにちは、misaさん。
おおっ、ここにもドラマにハマってる人が(笑)。iTuneは本当に危険ですね。ちょっと、どんな感じかな?なんて1エピソードを買ったら、もう最後ですね。ギフトカードがまた、意外にすんなり手に入ってしまったりして、インターネットって恐ろしいですね(笑)。私は、このTudorsもせいぜい10エピソードぐらいの物だろうと甘く見てましたです。
| 管理人 | 2011/02/23 4:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1717
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License