ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< かの季節 | main | あづい >>
BURDA 05-2009-113
今年の第一号である。

白い半袖ブラウス、しかもリボン付き。
生地はハーフリネン。
雑誌では、透け感のあるシルクが使用されていて、セクシー路線の緑のブラウスであった。
白のハーフリネンだと、大変普段着っぽくなって、着てみると、46歳にはちょっと甘すぎな感じになってしまった。ま、いいか。
うしろにもタックが入っているデザインなので、着心地が涼しいのであった。
前合わせは、スナップボタンである。
次はもうちょっと辛口のデザインを選ぼう、と思う管理人であった。
【2011.06.06 Monday 21:45】 author : 管理人
| つくること | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人さんの時間の使いまわしが上手なのには
いつも脱帽です。仕事あるし、家のイベントも
あるし、オペラもあるし等々、いつ製作に励んで
いるのだろうか、とダラダラ主婦やっている身には
不思議です。

涼しげで素敵です。ああ〜出来上がったブラウス
だけでなくて、管理人さんが着たところが見たい!
です。

最近の日本のファッションなら、もう少しブラウスの
丈が長めで、下はスパッツとかサブリナパンツという
感じでしょうか。去年からパンツの丈がくるぶし、
それよりやや短め、つまりスパッツぽいのを穿き
始めた所、ちょっとのことで、歩いたり動いたり
するのが凄く楽で、年齢を省みず愛用しています。
| murako | 2011/06/07 3:58 PM |
涼しそうでとても着やすそう。甘過ぎないですよ。
 
洋裁の季節ですよね。私も最近せっせとミシンふんでいます。
NYの人はあまり裁縫をしない様で、昔と比べ安くて良い生地(私にとって大切)を売る店が次々と閉まってしまいました。

服も作りますが、私はどちらかというと家の中の物を作るのが好きなのです。クッションや椅子カバーなど。物を作っている時って他の事を忘れて集中できるので大好き。でも中止して家事をしなくちゃならない時は本当に嫌!いっきに仕上げてしまいたいの。
| きょうこ | 2011/06/07 8:38 PM |
管理人さん、こんにちは。
ホント涼しそうですてきです。袖がかわいらしいですね。
こちらは梅雨に入って涼しい日が続いてるかんじです。
蚊は出始めたので今年はつるすタイプの防虫剤を買ってみました。ベランダの物干しにつるすだけでいいことになってますが、さて効果は?まだわかりません。

| megmeg | 2011/06/07 11:23 PM |
こんにちは、murakoさん。
仕事してると言っても、残業も通勤ラッシュもないですからねえ。その上、テレビ見ないですし、結構時間とれるんです。
こちらも夏は皆さんちょっと短めのパンツになります。スパッツ系よりは、ワイドパンツに近い感じです。風通し重視、という感じですかね。若いお嬢さん達は、日本では死語になってるんじゃないかという「ホットパンツ」とか、ものすごい超ミニスカートとかです。

こんにちは、きょうこさん。
いいですねえ、家の中のものとか作るのは楽しいですよね。椅子カバーとか、便利そうですね。
わかります、わかります、その「一気に仕上げてしまいたい」気持ち。そして、次々と作りたくなりますよね。
NYの生地屋さんなんていいですねえ。素敵な生地が沢山ありそうですね。ああ、危険危険。。。(笑)。

こんにちは、megmeg殿。
ええ、ちょっと若作りして着ようかと(笑)。
こちらはすっかり夏本番というか、急激に暑くなって、ぐったりです。東京よりずっとリガの方が気温が高いようです。
涼しいのは何よりですね。梅雨というとやっぱりあじさいですかね。
| 管理人 | 2011/06/08 2:13 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1770
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License