ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 別荘に呼ばれる | main | イチゴ >>
お葬式
昨日は親しくしていたママのお友達のお葬式であった。

98才、前日まで元気だったのに、翌日の朝、ベッドで亡くなっていたのだということであった。

毎年、夏には彼女ともう一人のお友達と、我が家の3人とで、湖水地方にあるアグロワナ教会へドライブに行っていたので、今年もそろそろだなあ、と思っていた矢先であった。

物静かで、優しく、ひゃっひゃっと笑う。
誰よりも年上なのに、少女のように可愛らしかった。

家族や血縁のある人は、もう誰も残っておらず、もう一人のお友達と二人暮らしであった。
誰もが彼女の人柄に惹かれたのであろう。沢山の参列者であった。


【2011.07.06 Wednesday 12:52】 author : 管理人
| - | comments(14) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
98歳とは長生きをされた方ですね。
私は、残ったもう一人の方が今後どうなさるのか
多分若い方ではないと思うので、孤独感、寂寥感
が一入でしょうに。
このような場合、新しく一緒に住めるパートナー
を探すことが出来るのでしょうか。
まあ、余計なお世話ですけれど気にはなります。
| 1qtaka | 2011/07/06 7:53 PM |
私もそんな最後を迎えたいです。自力で動けて、友達がいて、笑って、食べて、ころっと天国へ。
| Naomi | 2011/07/06 8:41 PM |
一つの人生を『個』として生きるのか、それとも
家族なりなんなり集団の一部として過ごすのか
まことに悩ましい問題ですね。

個を貫き通した、別に強い意志でそれを選びとったと言う訳ではなくて
時の流れでそうなったのせよ
個として生きる老人の姿を見る度に
偉いなぁ、と思わずにはいられません。

夫婦、家族と言う絆を無くして全くの個として
人生の時間と対面出来るかなぁ。
| さんさん | 2011/07/07 3:27 AM |
残された者にとっては寂寥感や虚しさが残る
かもしれませんが、多くの人が望む最後です。
あやかりたいです。

結婚率の下がっている日本は将来的に一人暮らし
の人が多くなることは明白です。其の時に
どのような生き方をするか、どのような老後を
送るかということが問題になってくると思います。
| murako | 2011/07/07 9:57 AM |
こんにちは、1qtakaさん。
そうなんですよね。一緒に暮らしていたお友達は80才で、今まで住んでいたアパートを引き払って、98才の彼女が残していった小さな一人用のアパートへ移ると言っていました。彼女も遠くに住んでいる遠い親戚が一人いるだけです。ただ、お友達がたくさん居るので、皆が相互に電話しあってます。

こんにちは、Naomi殿。
ほんとほんと。最後まで動けるっていうのが重要ですね。死を意識しないで天国へ行けるのが一番ですね。

こんにちは、さんさんさん。
切実な問題ですね。誰にでもあり得りますから。
個として生きるのは、難しそうですね。きっと辛いのではないでしょうか。でもまあ、考えて見れば、死ぬときは一人ですからねえ。コレばっかりは避けて通れませんし。考えても答えは出そうにないような気がします。

こんにちは、murakoさん。
本当に誰もが望む最後ですよね。神様からのご褒美でしょうか。
老後に一人になってしまったら、似たような境遇の友達とわいわい暮らせればいいかも知れないですね。難しい年寄りばかりになってしまって難しいかもしれませんが(笑)。色んな可能性を列挙しておく必要があるかもしれないですね。
| 管理人 | 2011/07/07 7:43 PM |
管理人様こんばんは。
私、一人暮らしですので(笑)
将来はそんな、お・ば・あちゃんになれるように、
人に優しく生きて生きたいです。

ボランティア頑張ります!(笑)
| こうじ | 2011/07/07 10:17 PM |
それはそれは、大往生ですね。
そして、眠りながら静かに旅立つという幸せな最後...
神様が与えてくれたご褒美だと信じたいです。

子供のいない私達夫婦は、どちらかが見送ることになる
のですが、このように静かな最後になるといいなとお互い
思っています。
| ちび子 | 2011/07/08 1:13 AM |
こんにちは、こうじさん。
人に優しくというのは、大変なことですよね。私は常に自分には優しくあるのですが(笑)。一人暮らしは何から何まで自分でしなければならないので、強い人になりますね。健康第一ですよね。
ボランティア、なさってるんですね。偉いです。がんばってくださいね。暑さに負けないように。

こんにちは、ちび子様。
私達夫婦も同様です。ま、心配しても始まらないです。なるようにしかならないですしね。できるだけ多くの時間を楽しく過ごせるように、ということだけを考えていけばいいのかなあ、と思ったりもしてます。
| 管理人 | 2011/07/08 4:29 PM |
雲の上のお方に
ほめて頂けるとは夢にも思いませんでした。
兎に角頑張ってみます!
最近状況が落ち着いてきて、また閲覧させて頂いていたのですが、私が名前を間違えて被せてしまった…さん様。
二行で…あっ!!絶対!本物のさん様だと、解ります。
素敵な言葉の色でございます。
その節は大変失礼致しました。
| こうじ | 2011/07/08 7:10 PM |
こんにちは、こうじさん。
でも、くれぐれも無理しないようにですよ。自分を良い状態に保ってこそ、他の人を助けられるのだと思います。だから、まずは、いつも自分を一番に考えてくださいね。これは私からのお願いです。
| 管理人 | 2011/07/09 3:38 AM |
ありがとうございます。頑張ります♪
いつも拝見させて頂ける写真が、なんかとってもいいんです。
多分…私の健康にいいと思います!

ありがとうございます。
| こうじ | 2011/07/09 6:41 PM |
ありがとうございます。頑張ります♪
私ごとではありますが、私の部屋で枯れさせてしまった小さなパキラ君に水を少しずつ与えていたら!復活しました!
小さな葉っぱが沢山でてきました!
梵天丸もかくありたいです。(笑)
| こうじ | 2011/07/09 7:08 PM |
すみませんです。
自分のコメントと確認したら、次のページを確認する前に記入出来てないと勘違いしまして、現在に至ります。自分では削除出来ずに物凄く恥ずかしいのでどうか、全て削除してやって下さいませ。
申し訳ありませんでした。
| こうじ | 2011/07/09 7:20 PM |
こんにちは、こうじさん。
沢山コメントありがとうございます。削除はしませんよ(笑)。
パキラ君、復活よかったですね。何かいいことの予感ですね。
| 管理人 | 2011/07/11 12:07 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1788
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License