ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 昼寝 | main | 夏限定の自転車通勤 >>
胡蝶蘭
昨日は夜中に突然、雷雨になって、雷ではしゃいでしまったがために、その後なかなか眠れなくなってしまった管理人である。

さて、我が家には胡蝶蘭の鉢植えが5つもある。

特に蘭を集めているという訳ではない。
誕生日やらネームデーやらで、もらった鉢植え達なのである。

胡蝶蘭と言えば、高級品という時代もあったわけだが、少なくともここリガではとても普通に売られているのである。何しろ、花のもちが良く、見栄えが良いので、最近特に良く見かけるようになったのである。

だが、胡蝶蘭はなかなか次の花を咲かせてはくれない。。。
結構、難しいのである。
ただ単に、水やりだけしている管理人宅では、一度花が終わったら最後、二度と花を咲かせること無く、ベロンとした葉をゆっくりゆっくり増やして行くだけになってしまうのであった。

うーむ、広いとは言い難い我が家で場所を塞いでいるのなら、なんとか花を咲かせて存在意義を持たせたいものである。

ネットで調べてみると、どうやら、秋口に寒気に当てると花芽が付きやすくなる、ということであった。それまでは肥料もやった方がいいらしい。

ううーむ、いつか花咲く日がやってくるのだろうか。
とりあえず、愛情をそそぐところから始める必要がありそうである。


【2011.07.19 Tuesday 21:30】 author : 管理人
| 植物 | comments(2) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
 私も自慢ではありませんが、胡蝶蘭の花を二度咲かせた事がありません。
 何鉢も頂いては、その時咲いている花がしぼんでお終い。知人から大きな、高そうな鉢を頂いた時は、ネットで調べまくって、今度は二度目を咲かせるぞと張り切ったのですが、やっぱり駄目でした。
 やっぱり、技術というより、愛情の深さが足りないのかしらね。だからテラスの花もゼラニュームの様な水だけあげていれば良い花にしています。でも本当は胡蝶蘭大好きなの。
| きょうこ | 2011/07/20 8:10 AM |
こんにちは、きょうこさん。
胡蝶蘭、難しいですよね。もらった時は豪勢なので嬉しいのですが、花がないと地味過ぎるくらい地味ですよね。シンビジウムとかデンドロビウムとか、もうちょっと簡単そうな蘭から始めた方がいいのでしょうが、何故かこの辺りの花屋さんでは珍しかったりします。
ゼラニュームは沢山花がついて、しかも蚊よけになるそうなので、テラスにはもってこいですね。
| 管理人 | 2011/07/21 4:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1793
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License