ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 男達の夜 | main | 通勤を歩く >>
シードル@2011
思い起こせば、今年の夏。
豊作のリンゴに追いかけられるように、シードル作りに励んだ管理人であった。

途中、泣く泣く捨てたロットあり、
いまいちの味ゆえに、調理用となったロット多数。
数多くの犠牲の後に、
今、ここに、今年のシードルが完成したのであった。

(さあ、皆さん、ここで拍手ですよ、拍手。パチパチパチ)

いやはや、本当に数多くの試作ロットを経て、今年の目的であった「基本レシピ作り」を完了することが出来たのである。
大変嬉しい。

味の方もまずまずで、初年度としては満足である。

ああ、やっぱり手塩にかけた自家製シードルは最高である。

【2011.10.23 Sunday 18:36】 author : 管理人
| つくること | comments(12) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人様、おめでとうございます。
パチパチパチ(拍手の音です)

すごいですね。家でシードルって作れちゃうんですね。
グラスに入れたときの色が濃くて味もしっかりしてそうです!
ああ、おいしそう!
次はカルバドス・・・といきたくても家で醸造(蒸留?)しては駄目なんでしたっけ?

来週の半ばから義母が遊びにきます。夫と3人でノルマンディー/ブルターニュに遊びに行くので、シードル飲んできます。
バラビカス頼んだんだけど持ってきてくれるかなあ・・・。
| イメルダ | 2011/10/24 3:16 AM |
管理人さん、こんにちは。
祝、シードル完成〜ぱちぱちぱち〜〜
おいしそう、おいしそう、おいしそう。りんごをしぼっての頃から楽しみにしてました。なぜ、味見ができないんだろう??(沈)
今日も旦那は波乗りです。私はしません(できないとも言う)。ビーチには昼寝に行くだけです〜。
| megmeg | 2011/10/24 1:31 PM |
管理人様こんにちは。
カーテンごしの曇り空の光ごし。
深みある琥珀色のシードル。
素敵です。
さぞ、美味しいでしょうね。
うらやましいです。
| こうじ | 2011/10/24 5:43 PM |
管理人さん パチパチパチ 
ついでにバンザイ バンザイ バンザイ
達成感に包まれて味わうシードルは格別の味だと
思います。発泡性のシードルですか?

例年ならボジョレヌーボーの話題で盛り上がる
季節が迫ってきていますが、今年の日本は今のところ
静かです。例年11月に帰国されますが、今年も
帰ってこられますか?
| murako | 2011/10/24 6:43 PM |
こんにちは、イメルダさん。
ありがとうございます。
途中、色々ありましたが、やっと飲めるものが出来ました。ええ、ホント、次はカルバドス、と行きたい所なのですが、カルバドスはしぶしぶ買って楽しみたいと思います。
おお、ノルマンディー、いいですねえ。バラビカス、今年は市場に行くチャンスがあまりなかったので、どうでしょうね。

こんにちは、megmeg殿。
ありがとうございますー。皆さんに拍手を強要してしまいましたね(笑)。
ビーチでお昼寝もいいですねえ。おべんと持って、波乗り旦那様を眺めながらビールを飲む、というのもオツですね。

こんにちは、こうじさん。
ありがとうございます。
思いのほか、色が写真にちゃんと出ました。このロットは5リットル出来たのですが、ペロリと飲んでしまいそうです。作るのは大変でも飲むのはあっという間、ですね(笑)。
| 管理人 | 2011/10/24 7:01 PM |
こんにちは、murakoさん。
ありがとうございます。おお、万歳三唱まで頂いて、嬉しいです。
これはまだ発泡性ではないです。瓶詰めした段階で、ちょっとお砂糖を入れておくと、発泡性になるよ、とさんさんさんに教えて頂きました。
そうですね、そろそろヌーボーの季節ですね。今年は11月に帰国しないので、日本のお米の登場頻度を極端に減らしてますです。
| 管理人 | 2011/10/24 7:14 PM |
まずは、大きな声で「おめでとうございます」パチパチパチ
来年は歩留まりが向上して、シードル漬けになったりして。
そういえば葡萄もありましたね。こちらはどうなりました?
| 1qtaka | 2011/10/24 9:33 PM |
こんにちは、1qtakaさん。
ありがとうございます。
ええ、そうなるといいですね。今年が豊作だったので、来年はシードルを作るほどりんごがならないと思いますが、再来年はシードル漬けを目指します。
ブドウは旅行に行っている間に完熟し、収穫しそこねました。ブドウは物置小屋と併設されていた古いガラス温室の屋根に伸びていっていたのですが、ガラス温室が危険だったので取り壊して、今宙ぶらりんの状態です。温室の跡地にブドウ用の棚を作らなくては、と思案中です。
| 管理人 | 2011/10/25 7:02 PM |
ずいぶん素敵な色のシードルになりましたね〜。
シードルの色の違いは、りんごの種類なんでしょうか?それとも酵母とか熟成の違いなんでしょうか?
日本では、ほんの数種類しか作られていないのですが、どれも色は白っぽいのです。
酒好きの私には、何故か濃いめの色の方が美味しそうに見えるのですが&#8264;(笑)
| ちび子 | 2011/10/26 8:13 PM |
こんにちは。
久しぶりの書き込みですが,お酒が出てくると,書いているような(笑)。
本当に,美味しそうです。色からも伝わってきます。

この冬はひさしぶりに,甘酒に,間違って酵母を落としてみたくなってきました。
| Tropics | 2011/10/26 11:29 PM |
わーーやったぁ!すごいすごい。よかったですね〜〜

管理人様に触発されて、なんちゃってシードル作りがやってみたくなってしまいまして、「今年のワインを発酵させてる途中で、まだワインじゃなくてジュースみたいな味がするけど、ちゃんとアルコールになってて、底の方に酵母が溜まってる」っていう、今しか飲めないFederweisserという飲み物の空き瓶を、洗わないでりんごジュース入れて実験しました。。。
美味しくないくせに、すっごく泡だってそれなりに酔っ払う飲み物ができました。
ワイン酵母探したけど、売ってなかったんだよな、やっぱり使いまわしの酵母で、はじめっから上手く行くわけないか、と読んでて思いました。
| ドイツの音大生 | 2011/10/27 4:24 AM |
こんにちは、ちび子様。
ありがとうございます。
りんごの種類なんじゃないかと思います。このロットはローズ種というのを使っていて、皮も赤いんですが、皮だけでなく果肉にも皮と同じような赤い色が入り込んでいるので、そのせいかなと。あと、ジュースの絞り方もあるんじゃないかと思います。何しろ、これはフードプロセッサーで皮まで粉砕してますから。市販のは、おそらくまるごと圧搾なんだと思います。

こんにちは、Tropicsさん。
ありがとうございます。
おおー、いいですね!甘酒には、そう、間違って酵母が落ちることもありますよね(笑)。ちょうどいい季節ですね。コタツによく合いそうです。

こんにちは、ドイツの音大生さん。
ありがとうございます。
あ、それ、季節限定の途中醗酵のワイン、ウィーンで飲んだことがあります。素晴らしいです。方向性はバッチリ合ってますよ。りんご100%ジュースだと、糖分が足りないので、お砂糖を1リットルあたり100−200g溶かしてから発酵させるといいですよ。
| 管理人 | 2011/10/27 4:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1826
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License