ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 入院生活2011その2 | main | 退院とクリスマス >>
入院生活2011その3
引き続き入院中の管理人である。

今朝は朝食を食べに食堂へ行こうとしているところを、看護婦さんにつかまり、マンモグラフィーへと連れて行かれた管理人であった。

マンモグラフィー初体験である。

マンモは痛い、という話をよく聞くので、ちょっと身構えていたのだが、なんのことはない、痛くもなんともなく、あっという間に終わってしまったのであった。

上下方向と斜め横方向に挟んだ写真をとって、終わり、である。
管理人の場合、ボリュームが無いので挟めるものなのか?ということだけが不安だったのだが、まあ、そこはプロ。きっちり挟んでくれましたとさ。

その後に診察であった。
診察を待っている間、隣に座った女性がラトビア語で話しかけてきた。
彼女はホテルの客室係として働いていて、日本人はホテルの部屋もきれいに使ってくれるからラクだ、とか、フィンランド人はブラジャーが放ってあったりすることが多い、とか、そんな話をしていた。

「あなた、お子さんは?そう、いないの。でもまだあなた若いから大丈夫よ」

と、まあ、そんな話にもなったのであった。
こういうときは、適当に相づちを打って話を流すことにしているので、どうということはない。

「私はね、もう子供も大きいし、デンマークに孫もいるから」

そうか、そんな風には見えないけど、ああ、でもどことなく疲れた感じだし、じゃあ、55歳ぐらいなのだろうか。などと思いながら話を聞き続けた管理人であった。

「でもね、私、治療の副作用でホットフラッシュがひどいの。これが辛いわね。こういうのって、ほら、50歳ぐらいの人がなるものでしょ。わたしまだ43歳なのに」

え?今なんて?と動揺している管理人に彼女は訊いた。

「あなたはおいくつ?」

通常、女性同士といえども年齢をきくということはあり得ないことである。
しかも見ず知らずなのである。
が、彼女は自ら43歳だと先に言い、管理人に問いかけてきたのである。
もう、逃れられない。

「よ、四十六です。。。」

苦し紛れに、何故かにやけながら答える管理人であった。

「・・・・・・・・」

不思議なひと呼吸の後、彼女は言った。

「あなた、それ、ひとに言わない方がいいわよ」

って、追い込んで口を割らせたのは誰?!
とココロの中で突っ込みを入れた管理人であった。

待合室は理不尽がよく似合うワンダーランドだ。と思う今日この頃である。



さて、予定では今朝のマンモグラフィーの後に、とっとと家へ帰るはずだったのだが、マンモで怪しい部分があるとかで、明朝に超音波で再検査する事になったのである。
というわけで、もう一泊である。

その他の検査はCTも含めて正常であった。
【2011.12.22 Thursday 19:18】 author : 管理人
| 健康 | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
あーっはっはっはっは!!管理人様、病院てホントに面白い所ですね〜
私もこちらではたまに間違われます。ワイン買おうとしたら「16歳以下はダメよ」と言われて「わたしゃとっくにハタチすぎとるわ!」と身分証明書出すはめになったり、学校の友達と兄弟の話になって「私の一番下の弟があんたと同じ歳だよ」と言ったら「あんた私より年上なのかい!?」とビックリされたり‥

あの、で、管理人様、正直、嬉しかったですか?
| ドイツの音大生 | 2011/12/23 5:19 AM |
こんばんは、ドイツの音大生さん。
病院はホント退屈しないところですよ。映画でも撮れそうなぐらいです。
アジア顔は若く見られますよね。ヨーロッパに住むともれなく究極の若返りがついてくる感じですね。日本では皆がきっちりと努力をしているので、競争とレベルが高すぎて、私が若く見られる可能性はゼロに等しいです。というわけで、大変嬉しかったです。が、反面、孫ありの人より年上って事実も衝撃的でしたです。
| 管理人 | 2011/12/23 6:03 AM |
アジア顔が若く見られるのは何も北半球ばかりではなくて
地球の下の方でも同じです。
女性だけでなくてオトコ(だった?)私にまで
『若けぇ〜」などというオジジオババが居る。
そんなとき
『若く見られて嬉しく思うのはもう充分年寄りの証拠』などと
ひねたことを言うことにしています。 事実もう十分ひねてるもん。
| さんさん | 2011/12/23 6:16 AM |
こんにちは、さんさんさん。
ひねてるもん。ってとこがキュートですね&#9835;。
アジア顔は男女共通で、アジア圏を脱出すると若く見られるんですね。なんだかお得な感じがするのは、もう十分年寄りの証拠ってことですね。でも、いいんだもん(笑)。
| 管理人 | 2011/12/24 2:48 AM |

Merry Christmas!

私も以前一度だけマンモグラフィー検査をうけたことがあります。やはり管理人様と同様に検査を待っている間隣にいた年配の女性が話しかけてきました。

『乳がんは胸の大きい人がなりやすいそうだから、あなたはきっと大丈夫よ!』

『あぁ、そうなんですか? 有難うございます。』

と、まあ短いやりとりでしたが、彼女としては精一杯の慰めを言ってくれたのでしょう。・・・が、私としては素直に喜んでいいのやら? 複雑な心境でしたよ(笑)

| まのん | 2011/12/24 1:26 PM |
しかし43で、孫って。同じ年ですが、2歳児持ち。スゴいねぇ。ビックリです。
| mika | 2011/12/25 3:46 AM |
こんにちは、まのんさん。
胸って、若い頃は大きい方がいいなあ、と思ったものですが、今は小さい方がいいなと思います。というか、小さくてよかった、と思いますです。でも、やっぱり待合室は不思議なところですよね。

こんにちは、mikaさん。
そこですよ、そこ。43で孫がいるんですよ。もー、びっくりですよね。まごって、まごなんですよ。よくわからないですよね。てか、想像できませんでした。
| 管理人 | 2011/12/25 7:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1848
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License