ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 大晦日2011 | main | 検査から入院まで >>
見つかりまして
今年はじめての更新である。

実は書こうか書くまいか、迷っていたのだが、ま、事実は事実だし、この問題とはちょっと長めの付き合いになる予定でもあるし、誰かの役に立つのかもしれないので、書いておこうと決心したのである。

それは、乳がんである。

暮れの検査で、ついでに受けておいたマンモグラフィーで乳癌が見つかったのであった。

こういう話は、若くて健康な人にとっては大変ショッキングな話で、
「ああ、管理人さん、余命短いのね。。。」
と、思う方もあるかと思うのだが、全くそういうものではない。

とても早期で小さく、更に細胞の性質も最も穏やかなものなので、
「早く見つけて、まあ、なんてラッキーな!」
と喜ぶべきものである。

どうか、ご心配ないようにお願い致します。

さて、世の中の乳癌というのは、大抵、自分でしこりを見つけて病院へ行く、というものであるが、管理人の場合は、しこりは分からず、マンモグラフィーで怪しげな部分が見つかり、それを超音波で裏付けを取ったら、9mm程度の小さな癌がみつかった、という発見経路である。

落ち込まない、といえば嘘になる。

だが、重要なのは、落ち込んでも何もよくならない、ということなのである。
落ち込んでいいのは、せいぜいマンモに怪しい所がある、というのを知って半日ぐらいで、そのあとは、それは沢山の事を勉強しなければならない。
乳がんとは、そう言うものなのである。

管理人の場合、癌は初めてではない。
既に8年前に婦人科系の癌で、日本で手術および放射線治療を受けている。
しかもこちらへ来てから、4年前に局所再発でさらに放射線治療である。
しかし、そんなことがあっても、もうすっかり何事もなかったかのように暮らせている訳である。年末の検査入院は、昔の癌のフォローアップで、もう何も悪いところはない、というのを確かめたのである。
そのついでに、マンモグラフィーを追加してもらったのである。
ここ、ラトビアでは乳がんの発症ピーク(正確には発見時の年齢のピーク)は50代後半で、従って検診は50歳から始まるのである。だが、日本人は40代半ばがピークなので、ま、ここらで一度受けておいた方がいいだろう、というのと、管理人の同い年の友人が乳がんを罹患して、検診の重要性を訴えていたから、というのがマンモグラフィーを追加してもらった理由である。
全く、友人に感謝である。

癌というのは、できるだけ早期に見つければ、治療も少なくてすみ、殆ど完治できるのである。

さて、今回見つかった乳がんは昔の癌の転移ではない。
乳がんは乳がん由来でしかない。
要は、昔の問題はほぼ解決したのだが、新しい問題を抱えてしまって、ああ、めんどうくさいなあ、というところが落ち込みどころなのである。
決して、
「私、死んじゃうのかしら」
というものではない。

単純に「ああ、めんどうくさい」という程度のものなのである。

面倒くさいながらも、管理人は乳がんの研究を生業としているので、治療環境としては最適と言える。
実際、主治医は同僚で勉強熱心だし、治療も勤務先で出来るのでラクチンである。

というわけで、来週手術予定である。
手術と言っても2泊3日である。
その前に、明日からベルリンへお買い物へ行く管理人であった。

【2012.01.05 Thursday 21:20】 author : 管理人
| 健康 | comments(18) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
はて、
何とお返ししたら良いのかなぁ
『見つかりまして… 見つけましたか』ではおかしいし
『げぇー,それは大変』なのには違いないが管理人さんがせっかく冷静に客観的に事態を消化しようとなさっているのに『げぇー』は無いだろうと思うし
『お大事にねぇ』何ぞと手も差し伸べないのに口だけ参加するのもナンだし,口だけでどうかなるレベルじゃないし。

内心は又別なのだろうけれども極力客観的に外からの目で自分を見つめようとする管理人さんのこころの姿勢に
「これはだれにでもできることじゃないよ」と
つくづく敬服する私ではありました。

昔,明治の頃だっただろうかドイツの貴族のもとへ東京からお嫁に行った女性が居たが、管理人さんはなにげなしに普通の女性をしているつもりであろうが実はあと50年も経てばそれこそ記録に残るものすごい偉大な人生を送っている、そう評価している他人がいる事を知っていて欲しいと思う。
| さんさん | 2012/01/06 6:00 AM |
とは言うものの管理人さんのご快復を心よりお祈りしてます。
今週末はロンドンショッピングツアーに参加なので
(フランス在住ですが会社から大型バスが出て往復20ユーロ♪)ロンドンからフィッシュ&チップス食べながらお祈りしておりまーす!
| のびー | 2012/01/06 6:35 AM |
 管理人様の勇気ある発言に、そして冷静沈着に物事を判断されている
姿勢に、私も敬服いたしました。やはり、医療の専門家でいらしゃいますね。
日本に居る私の叔母はもう80代なのですが、やはり50代に乳がんを克服しております。どうか一日でも早い回復をお祈りいたしております。
 私事なのですが、しばらくこちらにお邪魔できません。今朝日本の弟より電話があり、母の死を知らされました。高齢ではありましたので、覚悟はしておりましたがついにその日が来てしまいました。明日朝日本に出発します。もどりましたら、またお邪魔させてください。
| きょうこ | 2012/01/06 7:55 AM |
怪しい影がある、とのことで、心配をしていました。
早期ということですから、管理さんは冷静に向き合われて
いかれることと思います。
こういう個人情報をブログに公開して、他の人の参考にも
警鐘にもされる、前向きな姿勢に感謝したいです。
お医者さんが一般論で話すより、説得力もあります。
お大事にしてくださいね。

健康診断は一番簡単な血液だけ、中は覗きたくない
知りたくない、と今日に至っています。このままの
方針でいくか、それとも年女の節目を機にもう少し
検診を重視するか、思案しています。
| murako | 2012/01/06 10:13 AM |
早期に発見できて本当に良かったですね。
摘出してからの予後が順調に回復される
ことを、遠くの国から祈っています。
古女房も今月マンモグラフィーを受ける
といっております。まあ見つからない
とは思いますが。
| 1qtaka | 2012/01/06 11:18 AM |
冷静な書き込みに勇気付けられる方々も大勢おられると思います。

私の叔母も10年前くらいに早期発見で治療をし、その後ずっと元気に暮らしています。

順調な回復を心よりお祈りしています。

ベルリンでの良い買い物ができるといいですね。
| Kay | 2012/01/06 5:42 PM |
管理人さんが、乳がんに今以上に詳しくなってくれると、私的にはとてもいい治療環境になるんだわ〜〜。
ちょっと、泣けるけど・・・。
自覚症状がなかったっていうところもご一緒ですし、こうなったら長い道中、ヤジキタでご一緒しませう!!
| めいこ | 2012/01/07 1:46 AM |
私としては「よかったですね、早期発見で」というところです。というのも、2008年に初めてなんとなく受けたマンモグラフィーでDCISが発見されたからです。管理人さんのように、多分一日はちょっと落ち込みましたが、あとは大丈夫でした。主人も「落ち込んでも仕方ないんじゃない?」という人だし、手術を担当する女医さんはとても信頼できる人だったので、何も心配しませんでした。Reconstructive Surgery も終えました。
とっても前向きな管理人さんの姿勢が大好きです。手術が順調に行われますように。
| Udens | 2012/01/07 6:52 AM |
あけましておめでとうございます。手術がんばってください。早く直って、元気になってくださいね。このブログ読むのを楽しみにしています。南半球のメルボルン(新年は41度ぐらいまで暑くなりました。)
| 柴犬 | 2012/01/07 11:38 AM |
順調な回復を本当に願っています。私には何もできないけれど、いや、できることがあればなんでもしたいけれど、とりあえず今は心から祈っています。
| 美和子 | 2012/01/07 11:38 PM |
こんにちは、さんさんさん。
いつもいつもありがとうございます。すっかりこちらの病院にも慣れっこになりました。とても自由度が高いというか、いい加減というか、私の性格に合っているような気がします。入院前にベルリンでお買い物三昧してきて、とても楽しかったです。入院は明日からなんですが、今回は短いですし、ま、手術っていっても大した事ないと思います。がんばります。

こんにちは、のびーさん。
おお、すばらしい会社ですね。ロンドンお買い物ツアーはいかがでしたか?ベルリンお買い物ツアーは今年で5回めなんですが、今回もかなり楽しんできました。毎回行きそびれていたZooにも行ってきました&#9835;

こんにちは、きょうこさん。
お母様を亡くされて、お辛いと思いますが、どうかあまり気を落とされないように。また、そんな大変な時なのに、お見舞いのコメントをありがとうございます。同じ病気を 克服された方のお話にはとても勇気づけられます。

こんにちは、murakoさん。
乳がんは幸い、癌の中では最も研究の進んでいる分野なので、治療法も沢山あって、平均予後は20年です。罹患すると健康に気を使うようになるので、罹患前と比べて健康的に成る人が多いみたいです。悪い事ばかりじゃないみたいです。
最近は画像系の検査が発達してますから、是非健康診断受けてくださいね。

こんにちは、1qtakaさん。
いつもありがとうございます。
手術も2泊三日なので、大した事ないんだと思います。ま、開いてみるまでは分からないと思うのですが、現段階では筋肉は切らない予定なので、バイオプシーの拡大バージョンって感じなんじゃないかと思います。
ええ、マンモグラフィーは念のためですね。

こんにちは、Kayさん。
ありがとうございます。タイミングがよかったというか、あまり小さすぎても分からなかったでしょうし、ラッキーだったんだと思います。早く見つけたので、とっとと治療したいと思います。ベルリンのお買い物はとても楽しかったです。年に一度のお買い物三昧でした。歩きすぎて筋肉痛です。

こんにちは、めいこ殿。
やじきたですなあ。やっぱり自分のこととなると真剣度が変わるというか。ザンクトガレンのコンセンサスとかチェックしちゃいましたですよ。それにしても、検診は大事だわね。めいこ殿のマンモ活動のおかげで早く見つける事が出来て、本当によかったですよ。感謝です。100人目指してがんばってくださいな。

こんにちは、Udensさん。
まあ、Udensさんもマンモグラフィーで見つかったんですね。やっぱり早くに見つけるのが肝心ですね。私も主治医と念入りに相談しながら治療を進めて行きたいと思います。まだ入り口に立った状態ですが、気長にがんばりたいと思います。色々と教えていただけると幸いです。

こんにちは、柴犬さん。
ありがとうございます。おお、メルボルンはそんなに暑いお正月だったんですね。こちらも今年はとても暖かい冬です。雪も積もりません。そのかわりちょっと雨が多いんですけどね。

こんにちは、美和子さん。
どうもありがとう。いや、ホント心配ないって。大丈夫。コメントに書き込んでくれただけで、とても勇気づけられてます。がんばりまっす。
| 管理人 | 2012/01/09 3:23 PM |
久しぶりに管理人さんのグログをのぞきましたら、突然癌のお話が飛び出しており、男性でもある私はどう対応して良いのかと迷いましたが。管理人さん自身がかなり冷静でおられるようでしたから、安心して書き込みました。
今頃は、手術をする為に入院されたおられるんでしょう。複雑なお気持ちでしょうが、手術が終われば元の元気な管理人さんに戻られるでしょう。
ただ少し休養してゆったりして下さいね。管理人さんのご回復を日本からお祈りしております。
| europe-trip | 2012/01/09 8:47 PM |
へぇ、そうなんですね。乳がんって乳がんからしか来ないんですか。それは、知らなかった。

私も婦人科系のガン予備軍が、たまたま脚をけがした時に見つかって(脚をけがしてドクターに行ったら、ちゃんと健康診断を受けてない事がバレて受けさせられた)で、目出たく手術のみで完治したことがあるのです。

管理人さんのも似た感じですね。やっぱり健康診断は毎年受けた方が良いのでしょうね。私も最近胃の調子が悪いので、気をつけたいところ。今回は手術の後、また放射線治療、いるのかしら?

どちらにしても、早期の完治になると良いですね。楽しい事をいっぱいしていると、細胞も元気になるという噂。お買い物楽しんで来て下さいね〜。
| mika | 2012/01/10 1:54 AM |
こんにちは、europe-tripさん。
コメントありがとうございます。とても元気づけられます。癌って言っても、ごく小さいものなので手術も大したものではないと思います。まずはさっさと取り除いてきますね。

こんにちは、mikaさん。
おお、ここにもお仲間が。
健康診断は毎年受けた方がいいですよ。癌は出来るだけ症状のでない小さいうちに見つけて取ったほうがいいですもんね。乳がんの場合、90−100日で倍の細胞数になるので、直径で考えると大体1年で倍って感じになるはずなので、2年放っておくと4倍の大きさになっちゃう計算です。いや、ホント私はラッキーでした。
今回の手術後もまた放射線治療がもれなく付いてくる予定です。
| 管理人 | 2012/01/10 4:26 AM |
こんにちは。

驚き,心配な気持ちで読み始め,冷静な分析と前向きな姿勢に,さすが!と感心し,一安心しました。
一日も早く,いつもの生活に戻れるようお祈りしております。
| Tropics | 2012/01/10 10:39 AM |
こんにちは、Tropicsさん。
大丈夫ですよー。ご心配おかけしますが、ホント、大丈夫です。
自分が研究対象の仲間入りするとは思いもよりませんでした(笑)。これは、きっと、もっと真剣に勉強せい!ということなんだろうと解釈して、今まで以上に研究に励みたいと思います。
| 管理人 | 2012/01/10 4:48 PM |
こんにちは、管理人殿。
管理人さん、本当にありがとうございます。私も今年検査を絶対に受けよう!!って思いました。祈っていますからね!!
| kazumi | 2012/01/13 3:13 PM |
こんにちは、Kazumi殿。
どうもありがとうございます。受けてくださいね、検診。乳がんは日本人の場合、一生涯で16人中1人が罹患します。年々割合が上がってきていますし、発症ピークは40台後半にあります。なので、同年代の人には是非検査を受けに行ってもらいたいです。
| 管理人 | 2012/01/13 5:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1853
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License