ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 理由 | main | 病理結果 >>
Dyson DC24
掃除機が壊れた管理人宅である。

掃除機たるもの、ゴミやホコリを吸ってくれれば良いので、別段古い型でも気にせず使ってきたのだが、新規購入となると話は全く違って来るのである。

だが、普段から掃除機にさほど興味を抱いて来なかった管理人夫婦としては、どのような掃除機が良いのか皆目見当が付かないのであった。最近、ちまたではルンバを買ったという話をよく聞いていたりして、ああ、勝手にお掃除してくれるなんてすばらしい、是非我が家にもいつか導入したい、と思ってはいたのだが、ルンバ購入にはいくつか難関が立ちはだかっているのである。

1)ルンバ君が近づけない場所が多々ある。
2)自動で掃除、という概念におそらくママがついてこれない。
3)ルンバ君が掃除中にママを襲撃するかもしれない。

という訳で、ルンバ君はカブリオレのセカンドカーという位置づけで、将来購入を見当する事とし、今回は人間が動力の一端を担うタイプの掃除機を購入する事となった。

そこで、ネットで調べてDysonという結論にたどり着いたのである。

やはり魅力は吸引力、そしてメンテナンスがラクで、紙バックが必要なく、見た目も良い。

が、しかし、問題がひとつ。

ラトビアには正規代理店がなく、いろいろと調べて発見できたのがたったの一機種現品限り、なのであった。

まあ、仕方あるまい。

じゃん。

早速旦那が購入してきたのであった。

使用してみると、吸引力は全くすばらしい。
そして何よりも、集めたホコリやゴミの量が見えるというところが、掃除のモチベーションを多いに上げてくれるのである。
HEPAフィルターがついているので、排気も臭わない。

が、しかし、このスタンドタイプはいかんせん重い。
重量5kg強なので、結構腕にくるのである。
吸引力も強く、ターボブラシが付いているので、おそらく、何度も行ったり来たりさせるのではなく、ゆっくりと進んで行くような掃除機の掛け方をするのが良いのだろう。

ともあれ、いつまで続くかは別として、しばらくは掃除が楽しくなりそうである。
【2012.01.17 Tuesday 11:51】 author : 管理人
| ショッピング | comments(3) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
うちもダイソン君。

初めてかけたとき、絨毯のあるところに住んでたんですが、絨毯の色が一段階明るくなる様な、そんな吸引力で大感動。

でも、重いから、通常は、普通の掃除機で、で、週に1度旦那がダイソンかけてます。
| mika | 2012/01/18 2:49 AM |
フローリングですが、我が家も値段の関係で旧型の
ダイソンです。狭いのに取れた埃の量にいつも絶句。
でも旧型で重いので勢いよく掃除機をかけては
あちこちにぶつけて、框の角が欠けてしまいました。
ある通販会社が扱って以来、ダイソンの名前が
日本中に知れ渡り、家電量販店でもダイソン製品は
店頭に置かれるようになっています。
| murako | 2012/01/18 8:55 AM |
こんにちは、mikaさん。
吸引力、素晴らしいですね。こう、絨毯をたたきながら吸引してくれるので、繊維の奥からキレイになる感じが嬉しいです。しかし、いかんせん重いですね。掃除がエクササイズになる感じがします。重いわりには取り回しがラクと言うべきかもしれませんが、旦那が掃除してくれた方がずっとラクですね。

こんにちは、murakoさん。
値段、日本の値段はものすごく高いですね。円高なのにどうしてでしょう。
それにしても、この取れるホコリの量、びっくりしました。もう、このホコリの取れ具合だけで、重さには目をつぶる事ができます。
さすが日本は家電天国ですね。私も本当は機種を選びたかったのですが、まあ、それでも十分満足です。
| 管理人 | 2012/01/18 5:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1861
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License