ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 半分終了 | main | アザラシ、流れ着く >>
ミラー盗まれる
金曜日、それは心躍る週末の幕開け。

一週間のうちで、仕事を終えた金曜日の夕方ほど心躍る時があるだろうか。

ああ、今宵はどのワインを飲もうか。
ああ、ちょっと奮発してエビとか焼いちゃおうか。

などと話しながら旦那と家路に付こうと車に乗ろうとしたその時、
旦那の動きが止まったのであった。

「ちょっと。。。」

なんと、愛車のサイドミラーがないのである。

しかも両側である。。。

盗まれたのであった。。。

楽しい金曜の夕べは、一瞬にして暗雲たれ込める重い空気に変わったのであった。

まず、保険屋さんに電話。次いで警察に電話。職場のガードマンに電話。
保険屋さんは10分程で現場までやってきて、書類一式を仕上げて終了。
警察は来てくれるのかと思いきや、こちらから警察署へ来てほしいということであった。
職場のガードマンは、
「ああ、これはきっと車種指定のミラーの注文が入ったんだな」
と言っていた。
ミラーが盗まれたのは我が家の車のみだったのである。

さて、がっかりしていても仕方ないことなので、パッパとやる事はやってしまわなければならない。ということで、警察署に行く事にしたのだが、何しろミラーがないとあぶないので、とりあえず管理人の化粧ポーチに入っていた手鏡を透明なテープで貼付けて応急処置をして、警察に行ったのであった。

警察では書類に記入しただけで、車を確認したりなどということはなかったのであった。それでいいのだろうか。まあ、いいのであろう。
ミラーの盗まれた車のリスト、というものがあり、すなわち、車のミラーが盗まれる、というのはそんなに珍しい事ではないらしいのであった。

これは、どう予防したらよいものなのであろうか?

【2012.03.17 Saturday 21:44】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
笑ってはいけないと思いつつ、ミラーが両方とも
盗られた、しかも其の写真、そして管理人さんの
手鏡ををテープつけて応急手当をした・・・・
笑ってしまいました。
ミラーのミラーだけが盗まれるなんてあまり
聞いたことも考えたこともありませんでしたが、
簡単な部品調達方法としてはあるのですね。

30年以上前、そういえば車の正面のグリルとやら
いう部分がごっそり盗られたことがありました。
ある朝、なんだかヘンと気がついたのですが、いつから
そういう状態だったのか不明。しかもその後もネジを
緩められたりしたこともあり、悪戯だったようです。
| murako | 2012/03/18 6:53 PM |
こんにちは、murakoさん。
本日ディーラーに行って、部品の注文をしてきたのですが、ディーラーの人曰く、「丁寧に取っててますね」でした。いい仕事らしいです(笑)。保険では備品調達がオークションで、中古品になることも多いようなので、自腹覚悟でディーラーに注文しました。それこそ盗品だったりすると嫌ですもんね。
日本ではきっとそういう市場がないんでしょうね。
| 管理人 | 2012/03/19 5:16 PM |
これまたヤラレルと嫌ですよね。。。
防止策としては車自体を買い替える、ミラーに管理人さんの微笑入りのすかしを入れる等があります。ミラーを見る度に管理人さんが微笑んで(自粛)

そりゃ日本じゃその市場はないでしょうね(笑)
でも困ったもんです
| のびー | 2012/03/20 6:57 AM |
こんにちは、のびーさん。
私の微笑入りならかえって取られるんじゃ。。。いえ、車台番号を刻印しようかと思っています。もしくは、駐車する時にミラーをたためばいいのでしょうかねえ?あまり人気の車種じゃないんですけどねえ。たまたまなんでしょうね。
| 管理人 | 2012/03/20 4:13 PM |
突然の災難でしたが、結局お宅の車、ミラーは
回復したのでしょうか。
他の車からとってきたミラーが付けられていたり
なんてことは無いでしょうね。

旧軍隊の員数合わせの話を思い出しました。
| 1qtaka | 2012/03/22 7:10 AM |
こんにちは、1qtakaさん。
ええ、まだなんです。明日、部品が届いて回復予定です。現状は私の手鏡から剥がしとった鏡が応急処置として張り付いています。実際、これでは役に経たないです。なので、車を運転せざるを得ない場合は、旦那が運転、私がミラーがわりに後方を確認して車線変更とかしてます。当たり前ですが、不便です。
いやー、ほんとに有りそうですよね、取られたミラーの代わりにほかから取ってきたミラー(笑)。
| 管理人 | 2012/03/22 5:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1879
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License