ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< ミラー盗まれる | main | 放射線治療最終週 >>
アザラシ、流れ着く
そろそろ、プラスの気温の時間が長くなり、一応、春が近づいて来ているらしいリガである。

さて、春と言えば流氷。

なんでも、アザラシの赤ちゃんは生まれてから1ヶ月ほどは泳げないとかで、流氷の上でエサ(母乳)を待っているのだそうなのだが、その流氷が、今年は風の向きのせいで、南へ南へと押しやられ、ラトビアにたどり着いた、ということなのだそうな。

流氷にのったアザラシの赤ちゃんなんて、絶好の観光だ!

と誰もが思うところだが、そこは報道もわきまえていて、
アザラシ保護の観点から、アザラシたちが泳いで去ってしまってからの記事公開であった。

ああ、それでもこっそり見たかった、と思う管理人であった。
【2012.03.19 Monday 20:55】 author : 管理人
| ラトビアという国について | comments(9) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
日本の報道の仕方とは随分違いますね。
日本なら、競って我先にと報道し、報道陣が
殺到し、それこそテレビ局は24時間対応、
そしてデジカメ、携帯をもった人々が押しかけ、
その人を目当てに、お弁当屋さんや屋台のお店が
繰り出し・・・・
ラトビアは自然保護が本当に守られている大人の
国だと思いました。報道協定が敷かれるのでしょうか。
| murako | 2012/03/20 8:21 AM |
管理人さん、こんにちは。体調はいかがですか?
アザラシベビー、見たかったですね〜。でも、報道しないなんて素晴らしいとも思います。
先日水族園からペンギンが脱走して川で発見されたとき、その時間近くに居たのに甥っ子と電車を見ていて川には行かなかったのが悔やまれます。どうして男の子は電車が好きなんでしょうねぇ。
| megmeg | 2012/03/20 11:26 AM |
お久しぶりです

アザラシと聞くと、タマちゃんを思い出しますね 多摩川にアザラシがいると大騒ぎになりました 北海道の方ですと、まれに流氷にのってアザラシが海岸とかにくるみたいですね 最近はそれよりも街中でヒグマを見る確率の方が高いみたいですが・・・

こちらはようやく春めいた気候になってきました お花見の計画が職場で持ち上がってます ラトビアには桜とか咲いているのですか?
| miss口 | 2012/03/20 1:49 PM |
こんにちは、murakoさん、
日本だと一大イベントになってしまいますね。人の数が違うからなんでしょうかね?それともやっぱり報道で気分が煽られるのでしょうか。かくいう私も、この記事を読んだ時は「見に行かなくちゃ」って思いましたから、報道ありきなんでしょうね。アザラシがいなくなった後でよかったです。

こんにちは、megmeg殿。
いやー、ペンギンの話、ネットで読みましたよ。でも、きっと、小さくて見えなかったですよ。電車の方がよかったですよ。あのペンギンの話しもなかなか和やかでしたね。あれはその後捕まったのでしょうか?

こんにちは、miss口さん。
ええ、私もタマちゃんを思い出しました。
熊も流氷にのって、いろんな所に流れ着いてるらしいですよ。ラトビアからエストニアの小島へ熊が流れていったこともあるらしいです。
ああ、お花見の季節なんですね。こちらはまだ桜には一ヶ月ほど待たなければなりませんです。
| 管理人 | 2012/03/20 4:23 PM |
管理人さま
日本なら名前がつくだけではなく、住民票も発行されます(笑)
可愛いゴマちゃんには、優しくても移民する人には厳しい日本です。
| ちび子 | 2012/03/20 7:18 PM |
こんにちは。
アザラシ発見の報道を保護の為に控えていたとのことに,感心しつつ,「アザラシ,保護,ラトビア」とgoogleにかけてみました。
すると,鳥羽水族館のサンゴという名前のハイイロアザラシが2月10日に出産というニュースがありました。サンゴは平成14年にラトビアで保護されて,翌年日本に来たとありました。
思わぬところでのつながりに驚きです。


| Tropics | 2012/03/20 11:19 PM |
こんにちは、ちび子様。
移民にはフランスとかもキリキリしているようですね。豊かな国にはどうしても人が集まっていくものですけどね。ゴマちゃんの被り物とか、じゃ、ごまかせないですね(笑)。

こんにちは、Tropicsさん。
本当に思わぬ所でのつながりですね!旦那に日本に行ったハイイロアザラシの話をしたところ、大変得意になっていました。よくわからない得意っぷりでした(笑)。
| 管理人 | 2012/03/21 8:31 PM |
いやいやイヤ、ご無沙汰をつかまつりました。
いやなにちょいと日本ヘその、ちょいと。
今回は北海道と九州、両天秤の旅でありましたので移動がですねそのちょいと。

北海道では見て参りましたぞ、流氷、見ただけじゃない大枚だして砕氷船遊覧に参加して50センチはあろうかという氷をぶすぶす割って進むのまで。

アザラシはいましたがあたしと反対側の方に出現したのでご縁がありませんでした。

しかし札幌から北に向かう汽車の窓から深い雪に難渋しながら
木の皮を食べているエゾシカの群れや午後の日差しを浴びてきょとんと列車を見上げているキタキツネを見ると『日本も広いんだなぁ』と思うわたしでありました。

お大事になさいます様に。
| さんさん | 2012/03/24 4:52 PM |
こんにちは、さんさんさん。
お久しぶりです。おお、今年は日本探索でしたか。
流氷、私も見てみたいなあと、ずっと思っていたんですよ。それが、気づいたら普通に近くにあったもんで、驚愕しましたよ。ものすごく遠くに行かないと見れないものだと思っていたのに、こんな身近にあって、ああ、遠くへ来たものだと(笑)。
砕氷船遊覧はすごく楽しそうですね。
| 管理人 | 2012/03/25 12:04 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1880
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License