ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< イースター始まる | main | イースター準備 その2 >>
イースター準備、その1
本日は朝から買い出しであった。

中央市場とスーパーで、これでもかという程、食材を買い込んで、午後からは料理タイムである。その間、旦那は残りの掃除とアイロンがけ担当であった。
今回のイースターの準備は、とても穏やかに和やかに進んでいるのであった。
なぜなら、ママが教会へ出かけている間にそれぞれの采配でちゃくちゃくと準備を進めているからであった。

というわけで、管理人は子牛関連の料理をやっつけたのであった。
それではそのうちの一つをご紹介しよう。


子牛のゼリー寄せ。
1)子牛の脚(モモは入っていない)
2)一回沸騰させた肉を洗って、ひたひたの水で煮ること3時間
3)肉と骨を分けて、肉からスジやら筋膜やらを除く。骨は煮続ける。
4)ひき肉機で肉を細かくする
5)濾したスープとひいた肉を合わせて、ゼラチンを投入し、味を整える
6)茹でた人参を飾って、冷蔵庫で冷やすと固まって出来上がり
西洋わさびを付けて食す。

これは、例年ならママの担当料理なのだが、今年は管理人に任せてもらったのであった。

その他、本日準備したのは、
子牛のコンソメスープ、子牛のローストビーフ、である。

明日は玉子を染める予定。
【2012.04.06 Friday 20:18】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(11) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
これですよ、時々デリの店頭に飾ってあって
まぁもちろん商売ですからお肉も牛だけでなく豚も混ざって
いろが肉色のやら赤みが強いものやらいろいろできれいく見えて
それが透明なゼリーの中に散らばって一種巨大なソーセージ状態になっている、これを作ってみたかったんですよ。

それにしてもゼリー寄せ
『あなたお願いしておくわね』と義母上からまかされる
これは昔風に言えば『嫁にしゃもじを渡す』行為
とうとうここまでアジア嫁も来られたのかと感無量な気がするものであります。

当地はイースターフライデー、町は死んだようでありまする。
はてオーストラリアってオッソロシク不信心な人のいるとこじゃなかったかなぁ。
| さんさん | 2012/04/07 3:42 AM |
ラトビア料理が上手な管理人さんに感服しました!美味しそう。夫がみたらヨダレをたらしそう。絶対私にも作るよう命令しそうなので、管理人さんのブログは夫には見せないようにしています(笑)

さて、さんさんさんのとこ同様、私の住むオーストラリアの田舎町もグッドフライデーは静まり返っていました。唯一の公共交通機関であるバスも動かないのです。

はは。
| totoro | 2012/04/07 9:00 AM |
こんにちは、さんさんさん。
市販のものはお肉が細切りになっていますが、我が家のものはひいちゃってあるので、歯の隙間にはさまらないという特徴があります(笑)。ママは豚肉を中心に作るのが好きなのですが、今年は旦那の強い要望で子牛のみとなりました。アジアン嫁は信頼されているのかどうかはわかりませんが、とりあえず、なんとか出来ました。
イースターはオーストラリアの人達もごちそう作りに励んでいるのでは?

こんにちは、totoroさん。
ありがとうございます。ラトビア料理、カロリーが高いのが難点です。とても美味しいのですが、食べ過ぎ注意です。あっという間に体重に反映されますです。私はそれでこちらに来てから10kg程太りましたです。炭水化物抜きダイエットでようやく6kg程減らしました。あとの4kgは中年太りということで保留です(笑)。
| 管理人 | 2012/04/07 4:39 PM |
イースターのお料理、豪華だね!おうちで作ると格別に美味しいよね。他のお料理の画像もぜひ見たいです&#9825;
| うにょ | 2012/04/07 5:31 PM |
ここはtotoroさんのご意見も伺いたい所でありますが
クリスマスだって『特別な』お料理を管理人さんご一家の如く
つくるウチは当地には皆無の様にお見受け致しまするが。

私の僅かな見聞ではクリスマスにはエビとハム
エビは塩ゆでしてあるもの(海水で茹でてあるんですな)をただそのまんまむしゃむしゃ
ハムはでっかいカタマリのまま(家族の多い所用でしょうか足一本丸のママなんてカタマリも売って居ります)テンでに切り取ってこれもそのままムシャリ。

イースターはねぇ
シナモンを効かせた甘めのブドウパンの表に白で十字架のマークが付いているの、これが『イースターバンズ』とやらで食べる事になっているようですがはて、そのほかに何かお決まりがあるんだろうか? Totoroさぁーん、どうでしょうかねぇ。
| さんさん | 2012/04/08 7:28 AM |
管理人さん、こんにちは。
飾りのニンジンがかわいらしいですね。準備、お疲れ様です。
ディズニーランドでイースターのパレードやっていますが、6月いっぱいイースターでやるのはどうなんでしょう・・
| megmeg | 2012/04/08 8:41 AM |
こんにちは、うにょちゃん。
おうち料理はやっぱりいいですね。今年はママにとても喜んでもらえて、いいイースターになりました。がんばった甲斐があったってもんです。

こんにちは、さんさんさん。
ほうら、やっぱりいますよね。ってか、あれですよ、当地はイースターが比較的盛んというか、重んじられていますです。
それにしても、クリスマスのエビとハム、というのは知りませんでした。手軽な感じですね。

こんにちは、megmeg殿。
お、よくぞ気づいてくださいました!この人参は、ラトビアのシンボルである3つの星を勝手にデザインしてみたのでした。
それにしても、イースターのパレードを6月一杯までやる、というのは驚きです。何かと旬に敏感な日本とは思えません。これはきっとアメリカンの仕業なんだと信じたいところです。
| 管理人 | 2012/04/08 10:46 PM |
ハッピ イスター 管理人さん。
料理や掃除をお疲れさまです!上手にできています。これは結構作るのはめんどくさそうです。別にこの料理はイスター限定ではないですね。お正月などにも作る家庭もあるんですよね。たぶん。旧ソ連件の人がよく作ると思います。名前は「冷えた料理」です。でも日本の方はそれを作るのは学んだというのは初めて見ました。お疲れさまです。おそらくその料理を食べると美容効果もあるでしょう。

このブログをいつも楽しく読ませていただいてありがとうございます。
一日も早く元気になってください!
応援していますから。

走るおばさん(別におばさんではないですが、前に一回「走るおばさんの話題で書いたので、そのままになってしまった。変えると分からんくなるからと思った。どうもすみません。
| 走るおばさん | 2012/04/08 10:49 PM |
こんにちは、走るおばさん。
ハッピーイースター!どうもありがとうございます。そうです、この料理は、ラトビア語では「冷たい肉」と言います。お正月やクリスマスにも登場します。ゼリー寄せは結構多いんですよね。我が家ではあまり作らなくなってしまいましたが、鯉のゼリー寄せも、お正月などの定番料理です。
体調は調子いい感じです。今丁度、放射線治療の副作用のピークらしくて、ちょっと痛いですが、そのうち治まるらしいです。応援ありがとうございます!
| 管理人 | 2012/04/08 10:59 PM |
さんさんさんのおっしゃるとおり、オーストラリアではイースターだから特別な料理があるわけではないようですね。

イースターが近づくと、ホットクロスバンズという、十字の模様が入ったパンがやたら振舞われる機会が多い程度です。ホットクロスバンズは、中にレーズンかチョコが入っていて、子どもは大好きです。

あとは、ラトビア同様、イースターエッグ作りですよね。
| totoro | 2012/04/09 4:26 PM |
こんにちは、totoroさん。
お待ちしておりました。ご回答、ありがとうございます。ホットクロスバンズ、ググっちゃいましたよ。アイシングでクロスが書かれてるんですね。美味しそうです。
| 管理人 | 2012/04/09 9:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1886
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License