ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< イースター準備 その2 | main | 医療費事情 >>
初、骨シンチグラフィ
イースターの暴飲暴食から日常の似非ベジタリアン生活へ戻った管理人である。

さて、本日は骨シンチグラフィという全身スキャンをしてきたのであった。

骨シンチグラフィというのは、まあ、平たく言えば、癌が骨に転移していたりしないかどうかを見るために行われる検査である。テクノチウム99mという放射性同位元素を注射して、それが全身にくまなく回った頃に、全身スキャンすると、骨の代謝が盛んなところにこの放射性同位元素が集まりやすいので、癌の転移や骨関係の炎症を検出できる、というような感じである。

管理人の場合、いくら小さくても癌は癌、ということで、この先何年かは定期的に検査をしていくことになるので、とりあえず、最初に骨シンチグラフィもやっときましょうか、という具合である。決して転移が疑われているわけではない。

検査の手順は以下のとおり。
1)テクノチウムを注射してもらう。
2)2時間以上待つ。
3)トイレに行く。
4)全身スキャン。

朝一、9時に注射をしてもらい、普通に仕事に励み、お昼の12時に再びシンチグラフィ部門を訪れて、スキャンしてもらう、という具合である。

シンチグラフィ部門は、もちろんのこと放射性同位元素を扱うので、制限区域と非制限区域にわかれている。制限区域、というのは、黄色の三角の中に放射線マークが書いてあるシールが張ってあり、通常は分厚い扉で区切られているのであった。ま、要するに、放射性同位元素はこの制限区域の中だけで扱いますよ、という法律で決められた設備を備えた区域、という訳である。
そんな訳で、テクノチウムの注射をしてもらうのも、全身スキャンも、この区域内でしか、できないことになっているのである。

さて、ということは、当たり前と言えば当たり前なのだが、注射をしてもらった管理人は、本来ならばこの制限区域内にとどまるべきなのだろう。いや、だって、放射性物質が身体のなかを駆け巡っているわけである。

I am radioactive.

な状況なわけなのである。。。

気が付かなかった。。。

しかしながら、自らがどうやら放射線を発しているということを思い知らされる出来事が待っていたのであった。

注射をしてもらった後に、シンチグラフィ部門の受付待合室へ行くと、何やらスピーカーから

「シンチグラフィの注射が済んだ患者さんは、制限区域に戻って下さい。」

という放送が繰り返し流れるのである。
最初、管理人が忘れ物でもしたのかと、思ったのだが、受付の人が、
「出口はあっちよ」と指さして教えてくれたので、そのままその場を離れたのであった。

そして、昼過ぎに戻ってきて、スキャンが済んだ後、
「向こうで結果を待って受け取っていってね」
と言われたので、またもや受付待合室へ行くと、またしてもスピーカーから

「シンチグラフィの注射が済んだ患者さんは、制限区域に戻って下さい。」

という放送が繰り返し流れるのである。
が、しかし、待て、と言われたのだから待つぞ、とばかり、管理人がそこに座っていると、管理人の前にスキャンを済ませた男性がやって来て、

「あんた、そこに座ってると、放送がずっとなってうるさいから、あっちの椅子で待ってたほうがいいよ」

と言ってきたのである。

ああ、なるほど、あっちの椅子のところにはスピーカーがないから、うるさくないのね。なんて親切な人だろう。などと思いながらあっちの椅子に移動したところ、不思議と放送は鳴り止んだのであった。

ほほう、他に待っている人もいないし、管理人が最後だったんだな。いや、でも待てよ、その場合、忘れ去られたら嫌だから、待ってることをアピールするためにも、受付から見える受付待合室で待っていたほうがいいのでは?と思い、再び受付待合室へ戻ったとたん、

「シンチグラフィの注射が済んだ患者さんは、制限区域に戻って下さい。」

というあの放送が鳴り響くのである。
うーん、確かにうるさい。とまたあっちの椅子へ戻る管理人。
そうこうしていると、受付待合室に一人の女性がやって来て、座って待ち始めたのであった。放送は鳴らない。

つまり、管理人が受け付け待合室に行くと、放送が鳴り響くのである。だれも見てないのに。。。

「も、もしや。。。どこかにセンサーが?」

しかも、よく見ると、近くにあるトイレの扉にはこう書かれているのである。

「シンチグラフィの注射をした患者さんは、このトイレを使わないで下さい。右の重たい扉の向こうのトイレを使って下さい。」

この時点で、全てに合点が行ったのであった。

「ああ、排出物もラジオアクティブ。。アタシもラジオアクティブ。。」

今晩は発光できそうな気がする管理人であった。


【2012.04.11 Wednesday 17:30】 author : 管理人
| 乳がん | comments(17) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
最初パッと見で「骨シンチグラフィ」と読んだ時何の事か分からず、荒手のパンクロックバンドのライブでも観に行かれたのかなぁと。お初骨シンチグラフィって書いてあるから(笑)検査でしたね。。。
発光しながらガッツンガッツンされないように(笑)お大事にして下さい
| のびー | 2012/04/11 11:08 PM |
管理人様、こんにちは。

イースターも無事終わられたようで何よりです。
骨シンチグラフィというのは初めて耳にしましたがすごいですね。笑い事ではありませんがI am radioactive.というので笑ってしまいました。待合室のセンサーは、管理人様がRadioactiveだということを感知して鳴ってしまったということでしょうか。
ちなみに検査の手順3)トイレに行く。というのは何か意味があるんですか?

発光できそう、でウルトラマンのスペシウム光線を思い出してしまいました。しゅわっち。
| イメルダ | 2012/04/12 1:39 AM |
癌の転移がないかの検査なので笑うべきことではないのですが、思いっきり爆笑してしまいました!!

そして、放射能でオーストラリアに避難している我が身と引き比べ、皮肉な気持ちにもなりました。放射能は、人間の役に大いにたっているのですものねえ。

それにしても、ラトビアはすごい。シンチグラフィの注射をしたかどうか、センサーで察知できるものなんですね。ガイガーの技術を応用してセンシングしているのでしょうか。

たまたまオーストラリアに遊びに来ている夫に話したら、

「ラトビアは君が思っている以上に、進んでいるんだ!」

と得意げでしたよ。
| totoro | 2012/04/12 6:38 PM |
こんにちは、のびーさん。
ええ、検査なんですよ。新手のロックバンドに相当するぐらいのインパクトは、あるといえばありますかね。何しろ、放射線出せますから(笑)。光れるか、と思ったのですが、やっぱ、無理でした。つか、ほんとに光ったら、記念撮影したいところですね。

こんにちは、イメルダさん。
ええ、どこかに私から発する放射線を察知するセンサーがあったとしか思えません。3)のトイレですが、このテクノチウムという放射性同位元素は6時間ぐらいで全部尿に出ちゃうんだそうで、測定前にも尿中にあるはずなので、出しておかないとスキャンの時に影響するんだそうです。
ええ、シュワッチ。放射線が出てるって、強そうですよね(笑)。

こんにちは、totoroさん。
いえいえ、いいんですよ、これは笑う話です。笑っていただかないと、いたたまれません(笑)。
ラトビア、何気に最新設備が揃ってるんですよ。外見のボロっちい建物の中とかも、密かに改築してあって、最新機器が設置されてるんです。カモフラージュなんじゃないかと。シンチグラフィ部門自体はとてもキレイなんですが、そこへ行き着くまでの廊下とかは、「もう、二度と生きて戻ってこれないのでは」と思うぐらいの迫力があります。
| 管理人 | 2012/04/12 10:09 PM |
イギリスから、おはようございます。
昨日、高高度で被曝しながら、コペン経由で一時帰国から戻ってきました。例によって、押し出されて、一番前の席で。
私も、尿道結石の疑いで、カリウム同位体を使った、腎臓の造影写真を取られました。トイレも指定されていましたが、イギリスの場合、そんなに厳格でないのか、鉛のドアではなかったです。
テクノチウム99mはベータ崩壊するので、ガイガー・カウンターのような仕掛けで、患者の存在を特定できますねぇ。たしかに、トイレに蛍光塗料流すと、発光するでしょう。
| 現役lecturer | 2012/04/13 3:55 PM |
テクネチウムというのは、Caと似ているのでしょうか。
それにしても、骨は元素が出たり入ったりするんですね。
あんな頑丈な骨は抱え込んだら金輪際離さないだろうと
思っていましたが、6時間たてば全部なくなるなんて、
真に人体の不思議そのものですね。

テクネチウム体験でとりあえずの打ち上げ、おめでとう
ございます
| 1qtaka | 2012/04/13 5:17 PM |
こんにちは、現役lecturerさん。
いいですねえ、押し出され。ワタクシ、去年Gカードメンバーに昇格になったのですが、それ以降、長距離飛行がありませんorz...
その、問題のトイレは自動水洗になってましたよ。センサーで便座付近から人影がなくなるとジャーっと勝手に流れてました。日本なら全く普及しているものですが、ラトビアで見るとものすごいハイテクに見えました。
ああ、蛍光塗料!なんて素晴らしいサジェスチョン!次回はこっそり流してみたいです!!

こんにちは、1qtakaさん。
テクノチウムではなくてテクネチウムでしたね。間違えてました。
Caと似ているわけではないようです。骨への集積機序はわからないんだそうで、それでも、骨のミネラル成分のターンオーバーを反映してそうなんだそうです。なんだかなあ、ですね。骨なんて固形物なのに、溶けては作り、を常に繰り返してるんですね。人体はすごいです。
ありがとうございます。とりあえずの打ち上げです。このあとはホルモン療法がありますが、まあ、楽観的に行こうかと思います。
| 管理人 | 2012/04/13 10:23 PM |
管理人さん、こんにちは。
センサー、すごいですね〜。ずいぶん前に肝シンチを受けたことがありますが、確かきめられた場所にずっといたことを覚えています。注射もなんかごっつい入れ物に入っていたなぁ。なんてことを思い出しました。センサーなんてなかったけど、なんかバッジをつけてたと思います。ずいぶん古い話なんですけど。
| megmeg | 2012/04/13 10:40 PM |
こんにちは、megmeg殿。
おおお、ここにもラジオアクティブ仲間が(笑)。うれしくって、肝シンチでググっちゃいましたよ。肝シンチも骨シンチと同じでテクネチウムの同位体を使うようですよ。肝臓に取り込まれるタンパク質にくっつけておくんだそうです。
そうそう、こちらもようやくちょっとだけ暖かくなって来ましたよ。
| 管理人 | 2012/04/13 10:55 PM |
はじめまして。
数年前に、同じヨーロパに住んでいる日本人の人と近づきたいと、検索で、こちらを偶然見つけて、管理人さんの淡々とした語り口調が好きなのと、未知の国ラトビアに興味がわき、時々拝見させていただいていました。今は日本にいて、1年以上ぶりにまた訪問させていただきました。お身体を悪くされていたと知り、驚きました。
良くなられているようなので、安心しています。どうぞお大事に。
また遊びに来ますね。私は現在40代中盤です。人生ってドラマのようなことが起きるんだなぁと我が身を振り返り思う、今日この頃です。
| ゆとみ | 2012/04/14 8:19 AM |
管理人さま、おひさしぶりぶりです。
ちび@やっと東京です。怒濤の3月も終わりましたが、残務に追われて、
管理人さんのブログを本日まとめ読みしました。
骨シンチの後のトイレ....日本はどうだったかな?と
思い起こすのですが、たぶんフツーのトイレだったような?
蛍光塗料は、不謹慎ですが、私も興味深いです。
ぜひ試して下さいませ^^;

春近しのラトビアは、美しいでしょうねぇ...
| ちび子 | 2012/04/15 1:00 AM |
遅ればせながらひと言…
我らの大切な管理人様と同じに話するのも畏れ多い事ながら
うちの娘は獣医看護師であります。 我が家のネコ2匹犬三匹のケアもしてくれて居りまする。

その娘のいう事には骨シンチグラムの際の放射能管理は…
『ええっ?オマエ,ネコや犬にもそんなコトするのかよ,え?』
「あったりまえじゃん」
管理人さんと全く同じ、ただ言葉が通じないので(あたりまえだ)入院させる手間が増える、ということでありました。

それにしてもワンコにも骨シンチグラム,ねぇ?

ちなみに昨日この娘,同僚の獣医さんとめでたく結婚式を私の司祭で挙げましたよ。
私事をこんな所に失礼致しました。
| さんさん | 2012/04/15 3:35 AM |
こんにちは、ゆとみさん。
同じぐらいの年ですね。ゆとみさんも各種健康チェックは受けてくださいね。やっぱり健康が一番ですから。人生、いろいろと予測不能なことが起きますが、だから面白いって感じでしょうか。楽しいサプライズばっかりになってくれるといいなあと思います。

こんにちは、ちび子様。
年度末、お疲れ様でした。ゆっくりお花見してくださいまし。
こちらはようやく暖かくなってきました。まだ木に葉っぱも付いていない状態ですが、これから一斉に色んな花が咲きますです。やっと、やっと、春到来です。

こんにちは、さんさんさん。
おめでとうございます。まあ、すばらしいですね!花嫁のパパが結婚式の司祭とは。まさか、さんさんさん、泣きながら式を執り行ったとか?
ワンコにも骨シンチとは驚きました。スキャンが結構ゆっくりなので、麻酔とかかけるんでしょうかね。でもまあ、最近のワンコとかニャンコとかは人間より待遇が良かったりする事が多いので、動物病院も人間並みなんでしょうね。
| 管理人 | 2012/04/16 2:41 AM |
がががくぜん・・・

私、毎回、RADIOACTIVE状態で、病院から出て、隣のオフィスビルのスタバにて2時間滞在しておりましたわ・・・

日本では、体内に入れてしまえばどこに行ってもいいみたいよ。
注入量が違うのかしら?

あ、でも、うちに帰ってから、小さい子どもは抱っこしないように、と言われました。

私、スタバで放射能を発していたワケ???
知らなかったっす。
| ユメ | 2012/04/21 11:41 PM |
こんにちは、ユメちゃん。
そうなのよ、骨シンチの注射の後は6時間ぐらいラジオアクティブなのよん。ガイガーカウンターむけられると、ガリガリって反応されちゃうから、ガイガーカウンター持ってる人には近づかない様にね(笑)。いや、日本だとホントに一般民間人がガイガーカウンター持ってたりしそうだし。
| 管理人 | 2012/04/22 4:28 PM |
はじめまして。東京の乳がん患者です。私も今年骨シンチ受けました。でも何の制限もなく、注射後どこへ行ってもいいし、トイレもどこでもよかったし、RIの場所も院内の一階の内科の隣に普通にありました。国によって様々なんだなあって思いました。
| はと | 2012/10/20 4:57 AM |
こんにちは、はとさん。
国によって病院事情も大分違いますね。日本はサービス大国なので、病院もサービスが行き届いていていいですよね。こちらは、ものすごく必要最小限のことしかしてくれないです。
東京もそろそろ秋らしくなってきましたか?さんまとかの美味しい季節ですよね。
| 管理人 | 2012/10/22 1:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/1888
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License