ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< キスシーン | main | タンポポ抜き >>
お散歩通勤
気温も上がって、春らしくなってきたリガである。

手術やら放射線治療やらで弱っていた管理人も、そろそろ身体を動かそうという気になる、そんな春の陽気なのである。

という訳で、昨日から通勤の半分の距離をトロリーバスに乗らずに歩く、という通勤ウォーキングを再開したのであった。

小鳥もピヨピヨ鳴いていたりして、清々しい通勤である。

トチノキの木の芽もヤル気まんまん。

色んな木の芽が一斉に膨らんで、
スズメもダンスを踊っていた。

時々猫臭いのが玉にキズだが、
やっぱり春は気分がいい。

道端にツクシを確認。
タンポポのロゼットもメキメキ出現している。

おお、週末には別荘に行って、タンポポ抜きをしなくては、と思う管理人の通勤であった。
【2012.04.26 Thursday 17:48】 author : 管理人
| 健康 | comments(9) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
青空の色が素晴らしいです。
猫臭いというのは、猫が外をウロウロする気温に
なってきたとういことでしょうね。
一雨ごとに新緑が濃くなる季節は、庭の草との
バトルの始まりでもあります。
別荘ライフを楽しむ為には、まずは草抜きから。
頑張りすぎないで草抜きを楽しんでください。
| murako | 2012/04/27 6:34 PM |
歩くというのが、最良のリハビリだと聞いたことがあります。自分のペースで、のんびりと。もう、路面凍結の季節は過ぎたのでしょうか。滑らないように気をつけて下さいね。
| totoro | 2012/04/27 6:42 PM |
こんにちは、murakoさん。
ちょっと空の色が実際より濃く写っちゃってますね。
春なので、どうやら猫があちこちマーキングをしているようです。リガはノラ猫が多いですから。
そうですよね、草抜きバトルの始まりですね。タンポポも今年何とかすれば、来年は少なくなってくれるのではないかと。
がんばります。

こんにちは、totoroさん。
どうも怠け者なので、日常の必要不可欠な行動に組み込まないと、運動しそうにないので、まずは歩くことにしました。慣れたらちょっと走りたいなあと思っています。もう、日に日に街が緑色になってきてます。嬉しいです。
| 管理人 | 2012/04/27 7:17 PM |
ラトビアも春本番ですねぇ。
東京は、暖かくなったり、寒くなったりを繰り返し
何となく春本番らしい気候になりました。
今週は、東北の桜が満開です。
北国の人にとって、春は格別な喜びですね。
東北で久しぶりに春のにおいを感じました。
ラトビアの春は、きっといまにおいがするでしょう。
| ちび子 | 2012/04/27 9:50 PM |
こんにちは、ちび子様。
ええ、北国の春は、何しろ長い間「じらされた」ものなので、それはもう格別です。本当に毎日木の芽の大きさが変わって行くのが分かるぐらいです。植物の全力を尽くした成長を目の当たりにしますです。こう、「遅れちゃならんぞ」っていう声が聞こえそうな感じです。
| 管理人 | 2012/04/28 3:10 AM |
これも昔の経験ですがお許しを、

今をさる事半世紀以上前。新潟県の山奥に済んでいた事…
何しろ冬の半年間道路が雪で閉ざされる,いえ,乗鞍の観光道路じゃないんですよ,ごくフツーの町中の道路が冬の間は車が走れなくなる,タクシーや運送会社の運転手さんは一たん会社をクビになって失業保険で食いつなぐ,これ常識、と言った状況だったのですが

三月、四月雪が解けて黒い地面が顔を出す。 この季節の記憶と言えば道路の上のゴミでしたなぁ。
冬の間半年間雪にまみれて掃除出来ないまま埋もれていた種々様々なゴミが一斉に顔を出す,ソリャァすごいものでしたよ。

冬の間もマメに雪かきをするリガの街,大昔の日本の雪国とは比較になりますまいがそれでもネコの(ふん)の解けたニオイ
想像がつきます。
| さんさん | 2012/04/29 4:00 AM |
こんにちは、さんさんさん。
ああ、わかります。雪が溶けた後はゴミだらけなんですよね。それはリガでも同じです。でも、これはラトビアが世界に誇れるんだと思うんですが、ラトビア人は「国への誕生日プレゼント」として冬の間のゴミを大掃除するんですよ。5月4日が第二の独立記念日なんですが、それより前に皆で一斉にゴミ拾いするんです。もう、すばらし過ぎです。リガ800年を記念して、始まった運動らしいんです。
| 管理人 | 2012/05/01 1:10 AM |
ああ,それは素晴らしい。
素敵な事を伺いました。

しかもオカミからの言いつけでどうこう
なんてもんじゃ無くて国というものへの『誕生日プレゼント』
改めてワタシ等人間にとって『国』とはどう言うものであるか
考えさせられるお話です。

お国の規模が小さいという事は時にはとても大きな問題を起こしますが
小さい国だから産まれる、苦労した国だからみんなが共有出来る感情というモノがあるのでしょう。

いや,うらやましいお話をききました。
| さんさん | 2012/05/01 5:30 AM |
こんにちは、さんさんさん。
国に対する感覚は、なんだか日本のような大国とは大分異なるような印象を受けます。やっぱり小さいということと、苦労してきた、というところなんでしょうね。
| 管理人 | 2012/05/02 4:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1891
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License