ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 雑多で平和な週末 | main | Coursera >>
残ること
今日はママの友達のお葬式に行ってきた管理人夫婦である。

ママの友達は、ダウガワピルスに住む幼なじみのゾーヤさんであった。
86歳、100kgを越えるかというほどの大柄な女性で、いつもママの故郷へ行く時に、立ちよって2時間程ママとおしゃべりしていたので、管理人夫婦とも顔なじみであった。

ゾーヤさんは次々と家族に先立たれた人であった。
結婚し、二人の息子に恵まれた。
息子達はそれぞれ結婚し、はそれぞれ女の子が生まれた。
旦那さんが亡くなり、両親が亡くなり、二人の息子も幼子を残して若いうちに亡くなった。
息子のお嫁さんたちも亡くなった。

晩年、ゾーヤさんは離婚した孫娘とその息子(ひ孫16歳)と暮らし始めたが、孫娘はユールマラへ働きに行き、ひ孫と二人暮らしになった。もう一人の孫はイギリスで暮らしている。

今日のお葬式に参列したのは孫娘二人とひ孫の三人だけの親族。近所の友達が二人、そして管理人一家であった。

棺が納められたお墓には、沢山の墓石があった。
近所の友達が教えてくれた。
「これがゾーヤの両親のお墓、その隣が長男のお墓、その隣が次男のお墓で、」
ゾーヤさんは次男と旦那さんの間に眠る事になったのであった。
長年、一人で手入れをしてきたお墓である。
それぞれの家族の墓石の前には、ゾーヤさんが植えたベゴニアが咲いていた。

長い長い一人の年月の後、ようやく家族との再会である。
お疲れ様でした、とつぶやく管理人であった。
【2012.08.07 Tuesday 22:13】 author : 管理人
| ラトビアという国について | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
いろんな人生があるんだなと、思いました。
逆縁ほど辛いものはないと聞きます。
ゾーヤさんのご冥福をお祈りします。
| ゆとみ | 2012/08/08 9:50 PM |
彼女の年齢から考えて物心ついてこのかた
彼女を取り巻く社会は常に困難を彼女にしいて来た事と思われます。
その苦しい暮らしの中で家族を産み育て結局自分が最後に生き残っていた。
それも人生の一つ、と言えばそれまでだが管理人さんの仰る通り
『お疲れさまでした』と残ったものはつぶやきたくなる一生。
しかしその人生の生き方に感動して私たちに伝えてくれる管理人さんの目の確かさ、これこそが本当の『知性』というものだと思う。旦那様も誇らしく思われる事だろうと思います。
| さんさん | 2012/08/09 9:24 AM |
一人でお墓を長年守ってこられたことを
思うと、胸がジーンとしますし、涙がこぼれて
きそうです。
年の順でも心の整理がなかなかつかないもの
ですが、たとえ熱心な信者さんでも若い人が
先に逝くのを見送るのは辛いことだったと
思います。
ここまで年を重ねてこられた強い気持ちに
ご冥福をお祈りします。


| murako | 2012/08/09 7:35 PM |
どの国でも、歳を取った方が残り生活を続けることは辛いことのはずですが、それに耐えながら生活を続けたゾーヤさん、それを見守った孫娘さん。そこには、良い人間関係があったんでしょうね。
ゾーヤさんのご冥福をお祈りします。
| europe-trip | 2012/08/11 11:05 AM |
こんにちは、ゆとみさん。
ほんとに色んな人生がありますよね。大切な人達をみんな見送るのは辛いですよね。

こんにちは、さんさんさん。
色んな辛いことがてんこ盛りの人生だったんだと思います。お疲れさまとしか言いようがなかったです。

こんにちは、murakoさん。
家族のお墓はとても手入れの行き届いていて、ゾーヤさんが足げく通って来ていたのがよくわかりました。

こんにちは、europe-tripさん。
ひ孫と暮らせるというのもなかなかないことですよね。
| 管理人 | 2012/08/13 2:54 AM |
はじめまして。ラトビアについて調べていたらこちらのブログに流れ着きました。
ゾーヤさんの人生を読ませて頂き、喫茶店で1人潤んでしまいました。親よりは長生きしたいと思います。まずはコンビニ弁当生活を改めます。
(突然のコメント&宣言、失礼しました。)
| まき | 2012/08/18 3:15 PM |
こんにちは、まきさん。
親より長生き、って大事ですよね。コンビニ弁当、最近のはきっと凝ったお弁当が多いのでしょうね。ああ、和食食べたいです。
| 管理人 | 2012/08/19 2:02 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1908
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License