ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 休暇突入 | main | 休暇な一日 >>
薪用かご
 ご要望にお答えして、別角度から。
【2012.08.26 Sunday 22:01】 author : 管理人
| ショッピング | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
オヤこれは可愛い
と思ったけれど、この可愛さでは我が家では間に合わないと、直ぐ考えを改めました。
なんで亜熱帯の私のとこがヨーロッパも北の果て、北極圏と目と鼻の先の所にいらっしゃる管理人さんのとこより沢山薪を焚くのか?と思いましたが、何の事は無いあなたの所は『夏』に蚊取り線香と一緒に暖炉に火を入れる、私とこは真冬にふるえながら家を暖めようとストーブに火をつける。
同じ火を焚くのでも夏に焚くと冬に燃やすでは薪の量にでかい違いがでる,それだけの事だったのですわい。
エ?オマエんとこはなにに薪入れてる、ですと? ウチはドラム缶を半分にぶった切ったもの、以前板でおしゃれな薪箱を作ったのですが夏の間にシロアリに喰われてメタメタに。あえなくドラム缶再利用となりました。

そういえばラトビアにはシロアリって居ないんですか?
| さんさん | 2012/08/27 10:17 AM |
管理人さん、こんにちは。
サッソクのかご写真、ありがとうございます。こういう実用的なものってホント素敵です。実用とデザイン、ピタッとはまっているように思います。このかごで運んだら、薪運びが雑誌の記事になりますよ〜。(日本では、でしょうけど)
かごのとなりのほうきとちりとり(スコップ?)もシブいです。
先週の学校の先生が北欧好きで(以外にもあちこち行かれてますが)きっとこのかごに惚れます。
| megmeg | 2012/08/27 11:00 PM |
こんにちは、さんさんさん。
かわいいでしょ?私は最初これがなんだか分かりませんでしたよ。底にクッションとかを置いて、猫の寝床になるのかな、とか思ってました。おお、ドラム缶を輪切りにした薪箱、すごいですね。沢山運べそうです。シロアリはラトビアにいるのかどうか分かりません。旦那に聞いてみたところ、そんなような話は聞いた事がある、と言ってましたが定かではありません。

こんにちは、megmeg殿。
色んな形の薪運び籠があるのですが、これが割と一般的です。ヤナギで出来てます。ヤナギの皮をむいていないものは緑色がかっています。ちなみにお値段は日本円で1500円ぐらいです。隣のは暖炉セットです。暖炉の掃除と薪を突っつくのに使います。
| 管理人 | 2012/08/28 1:40 AM |
管理人さん、こんにちは。
やはり、ヤナギでしたか。1500円、く〜欲しい!暖炉は無いけど、いまスーパーのかごに似たものに入れているものを入れたいです。
コメント削除、お世話を掛けて申し訳ありませんでした。
| megmeg | 2012/08/28 11:24 AM |
こんにちは、megmeg殿。
いえいえ、全然OKですよ。
| 管理人 | 2012/08/29 2:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1912
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License