ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 引っ越し、その2 | main | キッチンはどうなった >>
予定は未定
今月4日に引っ越しして、通常ならそろそろ落ち着いて来て良い頃なのだが、そうはいかないところが、ここラトビアである。

何がどうして落ち着く事を許さないのかというと、
1)キッチンが未完成
2)寝室、玄関、風呂場の収納がない。

という状態なのである。

すなわち、大変多くの物が収納できずに段ボール箱のまま、という状況なのであった。

管理人夫婦の新居は、キッチンと収納関係がついておらず、自分でオーダーする様になっていたのであった。そこで、前回サマーハウスにキッチンを入れてもらった会社に頼んで、それら全てを注文したのだが、納期が大幅に遅れているという状況である。

普通、納期が遅れるのなら、それなりに説明があってもよさそうなものだが、どうも、今回の担当者はのらりくらりと逃げ回っていて、らちがあかない。来月始めには、イスラエルからお客さんが来て滞在する予定だというのに、間に合うのだろうか。どうもこう、本格的に夏至祭には間に合わない雰囲気が漂っている。

というわけで、現在はサマーハウスに住んでいる管理人夫婦であった。

サマーハウスは手入れの甲斐あって、今年は庭の花が良く咲いてくれている。
あせらず、気を落ち着けていこう、と思う管理人であった。
【2013.06.14 Friday 08:35】 author : 管理人
| 引越し | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
そうですか。
それは本当に大変ですね。
イギリスも、全く持って色々なことが本当に当てにならない国ですが。そういう時、日本だったら・・・とつい考えてしまう自分を叱咤激励しながら毎日過ごしています。
お客様がいらっしゃるとなると、それは本当に気持ちが急くと思います。
とりあえず、サマーハウスがあって、きれいな景色をみせてくれてこの時期の引越しで良かったと発想の転換が出来る管理人さまが偉いと思います。
早く納品されることを祈っています。
| かまくら | 2013/06/14 3:39 PM |
こんにちは、かまくらさん。
日本だったら、は考えますよね。こと、サービスで日本に勝る国はないですよね。ひどい時は逆切れされたりしますからね(笑)。お客さんが来る予定も、大分余裕をもって組んだんですが、ふたを開けてみると超ギリギリです。もう、ほんと、祈るしか無い感じです。
| 管理人 | 2013/06/14 6:38 PM |
夏至祭で活気に満ち溢れる季節なんですね。

日本だったら、とは考えてはいけないのかもしれませんが、
まずそんな会社なら、もうつぶれていますね。日本人の
細やかさは、一体何に由来するのでしょうか。

もうしばらく頑張ってください。

| murako | 2013/06/14 6:54 PM |
管理人さん、引越しお疲れ様です。
キッチン早く届くといいですね。
| ゆとみ | 2013/06/14 10:35 PM |
こんにちは、murakoさん。
そうなんです。今年は特にあの合唱祭の年なので、盛大な夏至祭になるんだと思います。
日本人はものすごく努力をする国民なんだと思います。気遣いの文化というか、他には見られない独特のものがあって、それが、さらに同業者との競争でエスカレートして行って、最高のサービスになっていったのではないかと推察します。納期過ぎたら、平謝りですよね。

こんにちは、ゆとみさん。
ええ、キッチン、部分的に設置されたのですが、肝心の電化製品が一個も来ていない、という謎の状態です。新居に泊まる時は、キャンプみたいな状態です。
| 管理人 | 2013/06/15 5:00 AM |
なかなか大変ですね。いい加減なのは
ラテン系だけかと思ったら、北の方も
同じですか。ドイツはキチンとして
いるイメージですが、どうなんだろう
などと考えてしまいます。
日本の異質な社会が浮彫りにされると
いうことですか。サマーハウスが出来
ていて良かったですね。サマーハウス
に客人を迎えることになったりして。
| 1qtaka | 2013/06/15 6:23 AM |
こんにちは、1qtakaさん。
サービスは日本が一番ですよ。帰国してスーパーなどへ行くと、恐縮してしまいます。こちらの店員さんはとても無愛想です。
ええ、本当にサマーハウスがあって良かったです。お客さんは、本当にサマーハウスに迎える事になるのではないかと心配しています。
| 管理人 | 2013/06/16 4:52 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1952
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License