ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 家事、大幅自動化す | main | シードル作り >>
秋である。

ラトビア暮らしの良いところは、四季がとてもはっきりしていて、きちんとその美しさを享受できることである。

冬が長いのが玉にきずだが、まあ、それはそれで趣を見いだせない事も無い。

秋ならではの喜びも沢山ある。

リンゴを拾う喜び
野良猫の元気な姿を見る喜び
暖炉に火をくべる喜び
今年はブドウが沢山収穫できた喜び

そして日常の喜びもある。

今日は雨上がりに半円に近い虹を見た。
難攻不落の野良猫が、頭ゴッツンしてくれた。
旦那が酔っぱらって、愛してると連呼する。

ああ、私は何をしよう。

こんなにも私を幸せにしてくれる事象に、どう応えよう。
秋の夜は長い。
じっくり考えるとしよう。


【2013.09.21 Saturday 21:31】 author : 管理人
| 別荘 | comments(8) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
読んで私も幸せな気持ちになりました。
| ゆとみ | 2013/09/22 9:09 AM |
あるがままに受け入れるだけで・・・
ありがとう、と伝えるだけで良いのでは、と思いましたが
そして、私は幸せです、と伝えたら充分では?私はいつもだんなんさんに幸せだと言われて、だんなさんに感謝しているので。
良いですねぇ。ほっこりとさせていただきました。
秋、毎日太陽が出ている時間が日に日に短くなりますが、リバプールでは、夏が無かった様な天候だったため、今年もトマトはグリーントマトチャツネに、そして栗拾いは諦めることになりそうです。
秋を通り越して、これからすぐに来る冬を満喫いたします。
秋の夜長に応えるべき答えが出たら教えてください。秘密でしょうか?(笑)
| かまくら | 2013/09/22 4:26 PM |
いよいよ、夜の長ーい冬が近づいてきましたね。
新居で初めての冬ですね。寒い冬もぬくぬくと
過ごせるわけですが、冬の通勤ばかりは変わり
なし、どうかお二人とも風邪をひいたりしない
ように。
昔スウェーデンの映画で、冬の朝真っ暗な街を
市内電車が通って行くシーンがありましたが
リガだって同じですよね。日本が勝つとすれば
真冬の朝が明るいことでしょうか。
| 1qtaka | 2013/09/22 7:03 PM |
汗はダラダラ、夜は寝苦しくて悶々
そんな夏には、頭の中は”暑い”に
満ち溢れていたものです。
やっぱり小さな幸せを感じるのは
秋。いい季節です。
| murako | 2013/09/23 8:27 AM |
しみじみ、管理人どのの文章の
素敵な余韻を味わっています。
| Naomi | 2013/09/25 9:40 PM |
私も幸せな気持ちになりました。
| kazumi | 2013/09/26 8:36 PM |
こんにちは、ゆとみさん。
どうもありがとうございます。小さい幸せが沢山ってのが一番かな、と最近思います。

こんにちは、かまくらさん。
じっくり考えて、結局、感謝の気持ちかな、とか思いました。気持ちは言葉にしないと伝わらないので、感謝してると伝える事なんでしょうね。野良猫にはソーセージ大盛りサービスでしょうか。旦那には、ええい、うっとうしい、と言われるぐらいにべたべたしたいと思います(笑)。

こんにちは、1qtakaさん。
ありがとうございます。もう、刻一刻と冬が近づいて来ていて、今朝は出勤時の気温が4℃でした。新居は駐車場が、悲願の地下駐車場なので、冬の出勤がラクになる予定です。

こんにちは、murakoさん。
関東地方も涼しくなって来たのではないでしょうか。
よく、ママがどの季節が好きかと聞いて来て、その度に「秋」と答えると、「私は夏、夏が一番」と返して来たものです。だんだん、私も夏が一番、と思うようになりつつあります。なにしろ、ラトビアの夏は日本の秋みたいなもんですから。

こんにちは、Naomi殿。
頭ゴッツンしてくれた野良猫は、翌朝には元にもどってました。なんなんでしょうね。

こんにちは、kazumiさん。
お久しぶりです。ラテンな息子さんはお元気でしょうか。もう、こっちは寒くなって来たので、今日は観念してサンダルをしまいました。
| 管理人 | 2013/09/27 1:51 AM |
こんにちは、管理人殿。
本当に久しぶりに書き込みしましたが、ずーっとブログは拝見していました。ただ、私は文章が下手なので…書いては取り消しを繰り返していました。
ラテンな息子のこと覚えてくださっててありがとうございます。
ええ、元気にしております。
話は変わりますが、本当に素敵なキッチンですね!!

| kazumi | 2013/10/01 8:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1963
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License