ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 今年のタマゴ | main | 寒さぶり返す >>
イースターの料理
今年のイースター料理である。

リーダカ(パイク)の身を鮭と混ぜてミンチにして、詰め直して焼いたもの。
テリーヌみたいなもの。

なかなかの出来映えであった。

色んな肉のゼリー寄せ、ウサギの煮込みは、いつもと同じなので写真無し。
今年は野菜のメニューも追加してみたのだった。

ビーツ、人参、ヤングコーン、グリーンピースのゼリー寄せ。
盛りつけ時に崩れたが、気にしない。

朝から教会へ行って帰って来てから、ごちそうである。
たらふく食べて、飲んで、今年も良いイースターであった。
【2014.04.21 Monday 23:43】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
パイクと鮭のテリーヌ?
これは美味しそうだ、パイクの身を外して中骨小骨を抜いて…
いやいや手が掛かって居ますねぇ。
先代がおられたら『アラこれはサワークリームが』って仰ってたっぷりと掛けられたのでは?

ビーツの赤ヤングコーンの白っぽい黄色そしてピースの緑、美味しそうで美しくも有ります。

イースター前の掃除から始まってお料理の仕込みそして儀式の後の御馳走
あれこれって… 
と思ったら『古都金沢の旧家で頂くお正月料理特集』なんて婦人雑誌の巻頭特集と一緒ですね。

しかし私の歳になると私の前を歩いていた人影がほとんど無くなる,父の母の伯父達の後ろ姿を見ながらそのあとを追って歩いて居たころがなんと楽だったか,何て思えるのも年のせいでしょうね。
自分が人の先頭に立って森を歩いている,そのことに気づかされてビックリするこの頃です。
| さんさん | 2014/04/22 7:27 AM |
管理人さん、こんにちは。
うわ〜、お魚料理すごくおいしそう!食べてみたい〜。パイクって小骨が多いって聞いたことありますが、肉食魚だからおいしいだろうし、お皿もレモンのスライスもそろっておいしいそう〜〜(^O^)

卵も美しかったですね!

| megmeg | 2014/04/22 4:40 PM |
お料理は最後盛り付け方がすごく大事といつも痛感しています。
普段の家庭料理でも器と盛り付け方で印象はガラッと変わるものです。
怖い顔をしたバイクも白地にシンプルな花柄のお皿に、レモンを挟んでのせてもらって、一段とご馳走らしくみえます。センスの問題ですね。

縁あって家族になった、たぶん管理人さんにとってもお義母様にとっても予想もしていなかった一つ屋根の下の数年はお義母様にとっては、家族が増えて遣り甲斐もあり、にぎやかでもあり、お幸せな数年だったとしみじみ感じています。
| murako | 2014/04/22 6:48 PM |
こんにちは
日本の春を堪能されて帰ったようで,なによりです。
ラトビアに戻ったら,すぐ正月の準備,のような感じだったのでしょうか。
パイクのテリーヌ,迫力があって,かつ,美味しそうです(笑)。
パイクは残念ながらまだ食べた事が無いのですが,ヨーロッパでは美味しい川魚の代表の様ですね。食べてみたい。。です。
ゼリー寄せも,ピンクの色とコーンの切り口が花の様で,春らしくてすばらしいです。
| Tropis | 2014/04/22 11:22 PM |
こんにちは、さんさんさん。
どうもありがとうございます。ラトビアのカトリックの正統派を自負してます、なまくらなのに(笑)。
そうですよね、先を歩いていてくれる人がいなくなっていく、こんな不安な事はないですよね。先人もきっと不安だったんではないかと。前を歩くことが大事だと思えば、良いのかと思いましたです。

こんにちは、megmeg殿。
小骨の多さは鯉程ではなかったです。皮を破かないようにさばくのが一番の難所で、あとはフードプロセッサーでオッケーです。見た目がいいのでイベント向きですね。

こんにちは、murakoさん。
どうもありがとうございます。いえいえ、至らぬ嫁で、それは沢山ママをヤキモキさせたと思いますよ。でも、二人より三人が楽しいですよ。色んな問題を皆が解決して行く醍醐味もありますし(笑)。あ、盛りつけだけはママもほめてくれてました。

こんにちは、Tropicsさん。
ええ、そんな感じです。イースターは日本のお正月に匹敵するイベントです。パイクはポピュラーなのですが、味は鯉の方が美味しいです。鯉は旨味がたっぷりあります。野菜のゼリー寄せは、ネットでいろいろ調べて、ヒントを頂いて作ってみました。こちらはビーツが安いので、定番にして行きたいなと思っています。
| 管理人 | 2014/04/26 2:57 AM |
こんにちは。
パイクよりも,コイの方が美味しいのですか。
日本ではコイを食べるのは,内陸の地方に限られて,そこでも食べる機会は減って行っているようですが。私も,タイにいたときにコイ科の魚の美味しさを再認識した覚えがあります。

ところで,ただいま開催中のテニス・バルセロナ。オープンの準決勝で錦織とガルビスの対戦が決まりましたね。普通のツアー大会で有料の衛星放送でしか中継されないようですが,いつか,4大大会の試合で,”ラザニア”返上の夢がまた膨らみますね。
| Tropics | 2014/04/26 2:49 PM |
こんにちは、Tropicsさん。
錦織君はがんばりましたね!グルビスとの試合はラトビアでも放送されませんでした。残念です。ええ、ラザニア返上にグルビス君にも頑張ってもらいたいです。
| 管理人 | 2014/04/28 9:06 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1994
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License