ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< もう6月 | main | 寒い6月 >>
インターネット@別荘
来週辺りから、本格別荘生活を始めたい管理人夫婦である。

別荘にはインターネット回線が引けないため、これまで管理人夫婦はUSBタイプのモデムで、プリペイドのSIMを買ってしのいで来たのであった。

プリペイド方式はtele2.lvでもlmt.lvでも扱っていて、実際両方試してみたのだが、大きな差は無い。
色々な料金体系があるが、まあ、2Gバイトで7ユーロ(一ヶ月以内に使い切るべし)、とかである。
ちょっと前までは一日使い放題で3ユーロとかで使いやすかったのだが、変わったのである。

普通にネットをブラウジングしているだけなら大した通信量にはならないのだが、テニスの試合を見たいな、とかきゃりーぱみゅぱみゅのYouTubeを見たいな、と思うと考えどころなのである。

さらに、このUSBタイプのモデムは結構難ありで、スピードが出なかったり、つながらなかったりするのである。

そこで、iPhoneのデザリングを使ってみる事にしたのである。
デザリングすばらし。
YouYubeも問題なくスムーズである。

管理人のiPhoneはtele2の500Mバイト上限プランになっているので、これを2ギガプランに変更したのであった。
夏の間だけ変更出来るのか問い合わせたところ、1ヶ月に1回プラン変更できるのだということであった。
秋になって別荘生活しなくなった時には元の500メガプランに変更すればいいのである。
ちなみに500メガプランだと一ヶ月7ユーロちょい。500メガを越えると次の500メガが2ユーロ、という感じである。
2ギガプランだと一ヶ月11ユーロちょい。2ギガを越えると次の2ギガが2ユーロ、である。
いやはや、デザリング万歳である。


ペオニアも咲き始めて、夏全開のラトビアである。


もみの木に実がなっていたのを発見。

ああ、期末試験を作らなくては。。。

 
【2014.06.08 Sunday 01:39】 author : 管理人
| 通信 | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人さんの喜びが伝ってきます。別荘に居てもやはり文明の利器は手放せないものですね。隔絶した世界にいるからこそ、文明の利器がいるのかもしれません。

ラトビアは一年で一番良い季節だと思います。こちらは梅雨に入った途端大雨警報が出るほどの雨が降り、6月の降雨量が三日ほどの間に降ってしまいました。でもアジサイには雨がよく似合います。
| murako | 2014/06/08 4:15 PM |
こんにちはmurakoさん。
ネットに接続できないと不安になる、という現代病に取り付かれてる感じです。別荘にはテレビもラジオもないので、ネットなしなら本当にゆっくり出来るはずなんですが(笑)。
関東地方はもう梅雨入りですか!アジサイはこちらの花屋さんでも時々見かけるのですが、鮮やかな青やピンクのものは切り花です。路地植えでは白が主流です。鮮やかな色のアジサイは寒すぎて育たないのかもしれません。
鎌倉でアジサイ鑑賞にピッタリの時季ですね。
| 管理人 | 2014/06/13 1:43 PM |
お久でありました。
2週間日本の新緑と山の残雪を楽しみに(どちらも当地にいては全く目にすることができない景色であります)岩手秋田青森と経巡って温泉浸かりまくりの旅をして参りました。

ついた当日東京は33℃、これは…とたじろぐ思いでしたが盛岡から先は快適その物,気温は22℃位東京は大雨警報とか朝のテレビが言っていても雨は福島までで岩手は快晴,なんて間が良いんでしょ状態でありました。

お目当て新緑もヤマの残雪が田植えしたばかりの水田に映える光景も湿原に広がる水芭蕉もニッコウキスゲも…
ホント観光ポスターのような景色でありましたわさ。

旅の間は管理人さんと同じ環境で気温だけでなくネット無し,まぁ諦めればあきらめがつくんです,がねぇ。

最後の日に見た雨の中の明治神宮の花菖蒲,50年前と同じ姿で懐かしゅうございました。

| さんさん | 2014/06/17 11:54 AM |
こんにちは、さんさんさん。
お帰りなさいまし。温泉浸かりまくり、ふやけまくりの旅とはうらやましい限りです。日本は縦長で四季が美しい国ですよね。地方は緑の宝庫ですし。東京の33℃が続かなくてよかったですね!温泉はちょっと涼しいぐらいが良いですもんね。
リガは瞬間的に夏になった感じでしたが、また気温が下がってます。今朝は10℃でした。夏至祭も近いというのに、寒いです。
| 管理人 | 2014/06/17 7:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/1998
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License