ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 寒い6月 | main | Pskov >>
ハリネズミ
夏至祭で4連休のラトビアである。

我が家は夏至祭をサマーハウスで過ごす予定である。
だが、いかんせん寒い夏至なので、盛り上がれるかどうかはわかない。

最近、我が家のサマーハウスにはハリネズミが多々出没するようになった。
結構、大きなハリネズミで、体長は13cmぐらいである。
のそのそっと芝生を歩いているのである。
近づくと、動かなくなる。
隙を見てダッシュで逃げるとか、そういうことはない。
ただただじっとしているのである。


本日もまたハリネズミが出没した。
今回は近影撮影に成功したのであった。


ラトビアではハリネズミは人気者なのである。
 
【2014.06.22 Sunday 02:18】 author : 管理人
| 別荘 | comments(13) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
おお,ハリネズミ登場!
ラトビアもやりますなぁ。
以前は確か猫だけが画面に登場していたのがハリネズミに進化。
そのうちだんだん出没動物が大きくなってタヌキ狐はおろか熊なんかがウロウロ,なんてことには?

それにしてもそちらの夏至は、というか今年の夏至はお寒いようですね。 道理で以前見せて頂いた夏至祭をテーマにした銀行のCMでも盛大に火が焚かれていましたっけ。
別荘でも暖炉の火を楽しめる日が多いことでしょう。

昨夜ふと気がついた,管理人さんの別荘は冬は無人になる訳でマイナス30℃の冬建物の中の水は全て凍り付く。 水道はそりゃ不凍水栓なんて代物があるのはしっていますが問題は排水管の中の水。 トイレや台所のシンクの下のUベンドの中の水、これが凍ったらさぞや困る事だろう,などと考え込んでしまったものです。
実際は困った事はおこらないのですか?
| さんさん | 2014/06/22 6:12 AM |
ハリネズミにもいろんな種類があるとは思いますが、ペットとして飼うには、可愛くて育てるのが楽ということで飼っている人もいるようです。自然に見ることが出来るのは、やはり別荘ライフならではのこと。ラトビアの短い夏の期間をエンジョイしてください。

右肩上がりで夏にならないのには、イラッとさせられそうですが、毎年のことなのでしょうか? 梅雨のない北海道で雨が続き、九州では梅雨突入と同時に大雨、晴れると真夏日、猛暑日今までとは違う今年の梅雨です。
| murako | 2014/06/22 10:46 AM |
初めまして。

気持ちだけが青年のままですが、中身は年齢相応に弱っている、60代の年金オヤジです。

記事を読んで、ラトビアが寒いと言う、コメントを見て、
冷え症の私は震えています。 
何故って、この8月10日から5泊で、旅行でリガ旧市街のアパート取ったのです。

その前の7泊はタリンのアパート、後の7泊はヴィリニスのアパート、と、、バルト3国に20日ほど滞在するのです。


もうすでに安くないアパート代も、全額振込済です。
避暑のつもりの旅行ですが、寒いと、イヤだな〜!
お願いしますよ!!!
| kiya | 2014/06/22 1:21 PM |
こんにちは、さんさんさん。
キツネは結構居るみたいですよ。私もリガで見かけた事があります。クマはさすがに(笑)。
いやー、ほんと寒いですよ。昨夜は、ええ、暖炉焚きました。暖炉ライフ一年中です。冬はマイナス一桁台なら大丈夫なのですが、二桁が3日続いたらアウトらしく、我が家ではメイストルスと呼ばれる何でもやってくれる大工さんにお願いして、家中の配管から水を抜いて井戸からポンプを引き上げてもらっています。春には再びメイストルスにお願いして水が使えるようにセットアップしてもらいます。

こんにちは、murakoさん。
ええ、毎年なんです。で、冬になる時もギザギザカーブを描きながら気温が低下して行きます。
ラトビアに来て初めてハリネズミを生で見たのですが、割と大きくてびっくりしました。歩く姿がまた滑稽です。針のせいか、猫も見向きもしません。ミミズなどを食べているらしいです。私としてはカタツムリを食べてくれると嬉しいのですが(笑)。

こんにちは、kiyaさん。
おお、バルト三国周遊ですね。それぞれ違う味のある国なので、楽しんで下さいね。8月は多分それなりに暑いんじゃないかと。。。と言っても、日本の夏と違って乾燥しているので、日向は暑くても日陰に入ると寒い、という感じです。なので、天気が悪いと極端に寒くなります。もちろん何かしら長袖は必要です。
ラトビアは豚肉が美味しいですよ。たらふく食べてくださいね〜。
| 管理人 | 2014/06/22 7:03 PM |
このハリネズミは、ナメクジなどを主食としていますので... ナメクジには出会わなくなるのでは?
| 現役lecturer | 2014/06/22 10:38 PM |
こんにちは、現役lecturerさん。
おお、そういえば、去年まではナメクジがうじゃうじゃ居たんですが今年は全然見かけないです。ハリネズミが食べてくれてるんでしょうか。うれしいです。
| 管理人 | 2014/06/23 6:41 AM |
そうですか狐はたっぷりと,ねぇ。

カンガルーを始めとする野生動物が人間の暮らしの中に顔を出すのはオーストラリアの専売かと思っていましたら今回日本の東北地方を旅行して
それも山の中を走ると『熊出没中」とか『路上熊注意」なんて看板がやたらとあちこちに出ておりました。
猿が入りにくる温泉は長野県の地獄谷が有名ですが岩手県の山の中の寂れた部落ではまだ昼間なのに(まぁ曇り空ではありましたが)部落の中の舗装道路にお猿サンがあっちにもこっちにも安心したような雰囲気で座り込んでいましたっけ。。
何となく人口縮小社会が遠い未来の話ではなくてもう始まっている,そんな気配を感じtらものです。

リガ以外のラトビアの田舎町は大きくも縮小もせずに昔のまま残って居るのでしょうか。
| さんさん | 2014/06/23 4:47 PM |
こんにちは、さんさんさん。
野生動物と遭遇するのは楽しみですが、さすがにクマには遭遇したくないです(笑)。ラトビアは鳥も沢山居て、サマーハウスのテラスにボーッと座っていても色んな鳥が次々にやって来て飽きないです。白鳥とかもゴヨゴヨ鳴きながら重そうに飛んでます。
ニホンザルといえば、うちの旦那の次なる目標はニホンザルと一緒に温泉に入る事だそうです。これはちょっと無理そうですよね。
| 管理人 | 2014/06/23 5:07 PM |
はりねずみ、動物園に居る動物と思っていましたが、
ヨーロッパでは家庭の庭にも出没するんですね。
触ってはいけないらしいですが、見ればとても可愛い
動物で、ナメクジを食べると言うのは益獣ですね。
| 1qtaka | 2014/06/24 8:26 AM |
こんにちは、1qtakaさん。
うろうろ歩き回ってます。以外に大きいです。ええ、ナメクジを食べてくれるのは大変ありがたいです。冬には冬眠するらしいので、秋口にキャットフードとかを庭に置いておくといいとかネットには書かれていましたが、まあ、私としてはたらふくナメクジを食べておいてほしいです。
| 管理人 | 2014/06/25 2:00 AM |
管理人さん、こんにちは。
写真、良く撮れていますね〜かわいいですね。
ナメクジを食べるとは!
知人が軽井沢に引っ越して、薪ストーブを楽しんでいるそうです。チェーンソー買って、今後は自分で薪も作る予定らしくとても楽しんでいる様子。管理人さんの別荘暮らしと同じだなぁとうらやましいこと!整地が大変そうですが、門を作ったり、境界に木を植えたり一日中外で働いているのをうきうきやっているようです。
日本は冷夏の予報が変わって、例年通りの暑さだそうで最近は通勤時ほぼ毎回急病人が出ているため遅延していますとアナウンスがあるのに、梅雨明けたらどうなるんだろう〜。
| megmeg | 2014/06/26 9:49 PM |
ハリネズミ、可愛いですね!しかも逃げない、なめくじを食べてくれるなど、とんでもなく素晴らしいです。我が家でも庭で放し飼いに出来るなら飼ってみたい!
こちらリバプールではキツネが時々車に轢かれています。でも野生のハリネズミは見たことなく、ちょっと羨ましいです。
ここのところ涼しさが戻ってしまいましたが、今年こそ庭の野菜の為に暑さが欲しい所、と思っていたらリガも寒いとは!
風邪などひかず楽しくサマーハウスでお過ごしください!(もう戻っちゃいましたか?)
| かまくら | 2014/06/27 11:45 PM |
こんにちは、megmeg殿
軽井沢に住むというのは良さそうですね。薪ストーブって暖かいんですよね。暖炉は熱効率があまり良くなくて、それほど暖かくはないです。我が家もチェーンソーを買ってはあるのですが、使った事がありません。そろそろ、薪サイズの木片が少なくなって来たので出番の予感です。
今日は久しぶりに24℃まで気温が上がりました。しばらくぶりに夏の一日です。

こんにちは、かまくらさん。
イギリスではハリネズミが法律で保護されているらしいですね。夕方になると動き出すみたいですよ。リバプールも涼しい夏なんですね。こちらはホント寒い日が続きました。そのせいか、今年はシャクヤクがあまり沢山咲きませんでした。7月8月が夏らしくなるといいのですが。
| 管理人 | 2014/06/28 11:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2000
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License