ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< Valentina | main | 薄ら雪のクリスマス >>
ようやくクリスマス準備
クリスマス休暇に突入した管理人夫婦である。
今年は新年をイスラエルで過ごすことにしたので、新年メニューの子豚のグリルがクリスマスメニューとなったのであった。

さて、例年はクリスマスツリーが新年の松飾りを兼ねるの関係上、クリスマスツリーの設置は23日頃、というスケジュールなのであるが、今年は新年に家にいないので、クリスマスツリーも前倒しで設置となったのであった。


街角のクリスマスツリー販売、である。

我が家のツリー。

毎年同じ飾り、である。

今日はKalnciema tirgusのクリスマス市を覗いてみたのであった。
農家直売のパンやらチーズやらハムやら、
ありとあらゆるクラフトの出店が並ぶのである。

自家製のザワークラウトや、きゅうりの漬物。
ええ、買いましたとも。


殺人的に美味しそうな匂いを発していたソーセージのグリル。


カラフルな豆。
ええ、買いましたとも。

大掃除は明日から。
 
【2014.12.21 Sunday 22:25】 author : 管理人
| クリスマス | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
おう、このでっかいずんぐりしたキューリのピクルス
覚えがありますぞ。 酸っぱすぎず塩から過ぎずほんのりとディルが香ってこれとパンとバタだけで一食いけそうな気になりますよね。
ソーセージの焼き屋台、私的にはヨーロッパ文化=ソーセージ旨いという等式がなぜか頭の中で出来上がっていたので当地のイギリス風ソーセージ、もっちゃリネッチャリして恐ろしく塩辛い、に痛く失望致しました。
リガの中央市場で食べた細いソーセージ、う〜ンヨーロッパ大陸文化だなぁと思ったものです。
いろんな種類のお豆さん、ベジタリアンじゃなくても豆を食べるんですか?
クリスマス、窓ガラス拭き無しだと物足りなくは無いですか?
良いお年をお迎え下さい。
| さんさん | 2014/12/22 3:30 AM |
日本でも、生もみの木のツリーが人気になってきているというニュースが流れていました。例年より寒い冬、大雪の冬でクリスマスどころではない地域が今年は多いです。そんな中、駅ビルのテナントの販売の人…お漬物屋さんであれ干物屋さんであれお惣菜屋さんであれ…お揃いのサンタ帽を今年は被っています。被らされているのでしょう。年齢を考えるとちょっと気の毒にも思ったりして・・・

お店に並んでいるものはどれもこれも”大きい””多い”という印象です。黒豆を買う時でも1&#13207;にしようか、せっかくだから2&#13207;にしようかと迷うぐらいです。

冬休み休暇を存分に楽しんできてください。
| murako | 2014/12/22 8:40 PM |
年越しは彼の国へ?
ええあすこは大体2年くらい住んでましたからね、そりゃいろんな意味で興味深い国です。出入国審査でかなり時間を食うのでキレないやうに(笑)
| のびー | 2014/12/23 6:04 PM |
こんにちは、さんさんさん。
地元の農家直販のソーセージは、それはもう美味しいです。ザワークラウトとポテトがよく合います。特にこの市場には小規模の農家が手作りのソーセージやらハムやらを売りに来ます。ちょっとお高めですが。ええ、もちろん窓掃除しましたよ。旦那が(笑)。私は料理担当でした。穏やかなクリスマスです。

こんにちは、murakoさん。
クリスマスイブを過ぎて、もう日本はお正月ムードになっているにではないでしょうか。当地ではクリスマスツリーは生が標準で、国有林から勝手に一人一本まで切ってきていいことになってるんだそうです。うちのは買ったものです。デパ地下のお惣菜、懐かしいです。おせちも本格的なものが揃っていそうですよね。

こんにちは、のびーさん。
ええ、年越しは彼の国で。のびーさん、また変わったところに住んでたんですね。ってラトビア在住に言われたくないですね(笑)。前回行った時、飛行機の中で過呼吸になって、救急車で入国しました。そのせいであっさり入国できましたが、今回は正面から入国したいと思います。
| 管理人 | 2014/12/25 5:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2014
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License