ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< エルサレム | main | 0度前後の気温 >>
エルサレム写真
まずはすっかり買い込んだスパイスのお写真から。

なぜか乾燥しいたけも売られていたのであった。
様々なスパイスが、グリル用とか魚用とか調合されて売られていた。


エルサレムの旧市街


嘆きの壁


その地下のトンネルツアー


ホテルからの眺め。


夜景

 
【2015.01.13 Tuesday 01:02】 author : 管理人
| 渡航 | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
丸一日経っても書き込みが一つもないのはいかんですね。
私が初筆をつけるとその日は書き込みが少ない、あるいはない
そんな気がしていて遠慮していましたがこれはかかざるを得ますまい。

エルサレム、ユダヤ教からキリスト教へと発展しそれまでの土俗文明がギリシャローマ文明と変身したように精神世界でも初めて世界中に触れてまわれるものが出来た。 今人類がデフォルトだと思い込んでいるヨーロッパ文明の基礎の基礎がこのエルサレムにある。

そう思って眺めると丁度真言宗の信者さんが香川の善通寺に参った様な(どうも規模が小さくて例えるのも気がひけますがまぁ良いことにしましょう)気分を世界中の人に与えるのでしょうねここは。
しかも音を訪ねれば皆ペルシャの土俗宗教である(と私は思うが)ゾロアスター教から進化発展して行ったイスラム教ユダヤ教キリスト教が皆一様にここに本願を持っている。 不思議と言えば不思議、絶妙と言えば絶妙な話でありまする。

しかしそんな所にリゾートの帰りに”ちょいと“寄ったりしても良いのかなぁ、なんて。
| さんさん | 2015/01/14 9:52 AM |
山盛りになったスパイスは圧巻です。一回に買っていく人の量も多いのでしょうね。マルタ共和国の石灰岩色の四角い家がびっしり並んだ街並みと見た感じが似ています。
旅行モードからすっかり抜け出して現実の生活に戻れていますか?
| murako | 2015/01/14 9:43 PM |
管理人様

ブログを拝読させて頂きましたカテリナと申します。

コメントにての連絡、失礼いたします。

私は日本のテレビ番組のために旧ソ連の国々においてのリサーチ・撮影の コーディネートを行う会社で勤めております。

現在はテレビ朝日の「こんなところに日本人」と言う番組の制作をお手伝いせていただいております。テレビ朝日は今回バルト海三国を取材する予定です。

取材の件で、是非とも管理人様にご連絡させて頂きたいですが、連絡先が存じません。お手数をおかけしますが、私に下記のメールアドレスや携帯電話でご連絡を頂けないでしょうか。

誠に勝手なお願いではございますが、何卒よろしくお願いいたします。

カテリナ

メールアドレス:kkasianenko@gmail.com

携帯電話:+380669079665
| Kateryna | 2015/01/15 11:30 PM |
こんにちは、さんさんさん。
ユダヤ教とかイスラム教とかキリスト教とか日本人にはあまりなじみがないので、なんで一箇所に固まってごちゃごちゃやってるんだろう、と思いますよね。まあ、だから聖都だから仕方ないですが。キリスト教ではエルサレム詣でをすると、それだけでそれまでの罪が帳消しになることになってます。観光の帰りにちょこっと寄る、のもアリということで(笑)。

こんにちは、murakoさん。
みなさん結構な量をお買い求めでした。何を料理するにしても、何かしらのスパイスを入れるようです。
ゆるゆるとですが、通常モードに戻ってきています。今月は試験月間で、授業開始が2月なので、準備期間中といった感じです。次はイースター休暇を日々の目標に働きたいと思います。

こんにちは、Katerynaさん。
せっかくご連絡いただいたのですが、ご協力できる時間的余裕がありません。ご了承ください。
| 管理人 | 2015/01/16 3:22 AM |
三回とはオレよりエルサレムに行ってる(笑)
彼の国の写真見ると、当時の空気の温度や匂いとか思い出しますねー。最初に訪れたのは戦争直後の91年だったかな?
ネゲブ砂漠でハイキングしたりガリラヤ湖畔をサイクリングしたり楽しくて甘酸っぱい思い出が蘇ります。詳細は内緒ふふふ。
| のびー | 2015/01/17 7:05 AM |
こんにちは、のびーさん。
ほほう、甘酸っぱい思い出。気になりますな。ガリラヤ湖のあたりは緑が多くて綺麗なところですよね。サイクリングなんて最高ですね。
| 管理人 | 2015/01/17 10:37 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2019
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License