ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 家族増える | main | イースター2015 >>
ローマ旅行2015
わんこ生活でバタバタしているうちに、前々から楽しみにしていたローマ旅行に突入している管理人夫婦である。
ローマおたくの旦那は、「最低一週間は必要だ」とのたまい、がしかし、イースター休暇ぐらいにしかローマへは来れないという事情から、このタイミングとなったわけである。

さて、ローマ。
大変暖かく、桜も咲いていたりする。
一週間もあるので、大抵の名所には行くことができた。
Roma Passという公共の交通機関乗り放題、美術館優待のパスを買って、やる気満々である。
ローマパスを使うと、2つの遺跡や美術館がタダになり、特に長蛇の列のコロッセオなどは並ばずに入れる、という優れものである。
コロッセオとフォロロマーノはセットになっていて1施設と見なされるのであった。
というわけで、コロッセオ。

いやはや素晴らしい。


こちらはフォロロマーノ、古代ローマの中心部である。
いやー、感動感動。


カラカラ浴場跡


タイルが残っているのである。感動。


ものすごく巨大な浴場である。

その他、真実の口もナボナ広場もスペイン広場もきっちり回って、毎日10キロ以上歩いて健康的な観光となっているのであった。


 
【2015.04.01 Wednesday 01:54】 author : 管理人
| 渡航 | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
しかしバカな話ですが
今日の今日までカラカラ浴場は「カラカラ」だとテンから信じて疑いもしませんでしたよ。
管理人さんが写真を見せてくださるまであれは空き缶に石ころ入れて振り回したような「カラカラ」じゃぁなくてRとLが混ざって「カラカッラ」に近いような音でありまするとは、いやはやどうも全く本当に。

リガですら舗装の石一つ、崩れかけたレンガ塀一つにも過去からの人の声が聞こえるように思えるのですからそれはローマ、ヨーロッパの全てが始まった場所、旦那様の目がキラリとひかることでしょう。
おたのしみぃ〜

| さんさん | 2015/04/01 2:32 AM |
こんにちは、さんさんさん。
カラッカラ浴場跡、大変感動しました。ローマはちょっと歩くと遺跡やら名所やらで、今回1週間かけて有名どころを回ってきました。ローマおたくの旦那がガイド状態になってずっと解説してました。
| 管理人 | 2015/04/05 10:39 PM |
ローマ!ローマパスを使いながらも一日10キロ歩くとは本当に健康的ですね!他の場所では色々何とかカードを買いましたが、そういえばリガでは普通の交通機関24時間パスを買ったような。。。

旦那さまが歴史の講釈をしてくれるなんて、質問も好きに出来て素晴らしいですね。私もその内行ってみたい(我が家は旦那さんがイタリアは高いから…と渋るのでまだです)です。

戻ってヘロくんとも再会し、又にぎやかにお過ごしでしょうか?暖かくなり散歩日和の日も多くなりましたか?イースターホリデー満喫してください。
| かまくら | 2015/04/05 11:12 PM |
こんにちは、かまくらさん。
結局、ぐりぐり歩いてしまったので、ローマパスも元が取れたのかどうかは不明です。ただ、いちいち切符を買わずともバスに飛び乗れたりするのは結構便利でした。
旦那の歴史好きは、便利といえば便利なのですが、ちょっとした質問に20分ぐらいかけて答えてくれるので、いささか難儀でもあります。ローマは宿が高かったです。今回SASのアワードポインドが溜まってい他のにもかかわらずビジネスアップグレードに使えなかったのが理由でローマのホテルに使いました。食べ物や交通機関、その他物価はリガと同じぐらいでした。
| 管理人 | 2015/04/05 11:52 PM |
初めまして。
テレビ番組の取材についてのお問い合わせしたいですが、
メールフォームがエラーになってましてコメントにて失礼致します。
ご迷惑でなければ、メールいただけますでしょうか。
何卒宜しくお願いいたします。
| mega | 2015/06/08 5:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2025
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License