ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< ローマ旅行2015 | main | 春、始まる >>
イースター2015
いわずとしれたイースターである。
木曜日までローマ旅行だった管理人夫婦は、金曜日と土曜日の二日間にに全力投球して掃除と料理をしたのであった。
今年の掃除はわんこのヘロの登場で困難を極めることが予想された。
が、掃除ではなく緊急事態に見舞われた管理人家であった。

トレーナーに預けていたわんこを回収した金曜日の夜、どうも様子がおかしい。
寝ないのである。
一晩中、家の中を歩き回っているのである。

一週間預けたから神経質になっているのだろうか?
時々管理人夫婦のベッドにやってきて、頭をベッドの上にもたれて、しかし立ったままで眠ろうとしたりするのである。
リビングに置いてあるベッドで一人で寝るのが寂しいのかと思い、わんこベッドを管理人夫婦の寝室に移動しても、同様であった。
一週間ぶりでナーバスになってあちこち点検して寝る場所を決めかねているのか?
どうした?と問いかけても回答はなし。
なぜ、犬は人間の解する言葉を話さないのか?

翌朝も同じ状態が続き、わんこも限界の様で、立ち止まったまま居眠りを始め、ふらついて我に帰り、歩いて、止まってを繰り返していたのであった。

どっか悪いのか?

今まで教えた、おすわりや伏せのコマンドを試すも、おすわりはすれども伏せはしない。
どうやら、伏せができないらしい。
伏せができないので眠る体勢になれない、というのが原因のようであった。
ああ、すまない、もっと早く気がついてあげられたらよかったのに。

というわけで、急遽動物病院へ。
どうやら、一ヶ月前ぐらいに首の後ろに注射を受けていたようで、その場所になにやら脂肪腫のような腫瘍ができたらしく、それが徐々に大きくなって、背骨を圧迫しているのではないか?ということであった。
一ヶ月前というとわんこが管理人家に来る直前ぐらいのタイミングである。
ブリーダーに電話して聞いてみたところ、抗生物質の注射をしてもらった、ということであった。

痛み止めの注射をしてもらって、痛み止めの飲み薬を処方してもらって、とりあえず様子を見ることになった。

数時間して、ようやく伏せの体勢がとれるようになり、わんこは爆睡。
掃除どうします?状態の管理人であった。

さて、イースター。
今年のメニューは
1)ウサギの煮込み
2)酢漬けキャベツの煮込み鴨風味
3)ローストビーフ1.2kg
4)牛テールのコンソメ
5)ローマ土産のサラミ及び生ハム
6)ローマ土産のイースターケーキ、コロンバ
となった。

こちらがコロンバ。鳩の形なんだそうな。
美味しかった。


イースターエッグ。たまご染めキットを買い忘れたので、あり合わせの玉ねぎの皮で染めた地味目なたまご。


テニスボールを加えてご満悦のヘロ。
なぜ画像が横向きなのかはよくわからない。
最近のお気に入りおやつは「干し気管(牛)」
牛テールのコンソメの副産物である牛の尻尾の骨とかもらえてイースターを満喫。
犬って本当に骨好きなんだ、と思った管理人であった。
 
【2015.04.05 Sunday 23:27】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
物をたずねても返事がこない、これだから動物ってのは…と思いますが返事が返ってこないのは人間だって赤ちゃんの頃は同じ、小児科医と獣医は同じ仕事ですよ、とはうちの義理の息子殿(獣医さん)のおおせ。
その彼が言うには言葉が通じなくてもよく観察して可能性を考え検査で確かめる、とのこと。
ただオロオロするだけではなくトレーニングを受けている「伏せ」ができるか確かめて問題をあぶり出した管理人さんご夫婦の論理的判断に乾杯。 たいしたものです。

なお獣医殿のご意見では犬に骨を与えるのはシャープなかけらが内臓を痛めるケースがあまりに多い、大きな開腹手術が必要なケースが多いので骨は犬にあげない方が賢明である、という意見を書き添えておきます。

それにしてもローマをはっしょってもイースターには家に居る、いや見上げたクリスチャンです。
| さんさん | 2015/04/06 5:05 AM |
旅行に行っていて、今年はお掃除は省略かと思っていたら、さすが管理人さん。というかお義母様のパワー。ちゃんと予定に入っていたのですね。しようという意思はあったということで、パスでも許されるでしょう。

何度眺めても耳の垂れたドーベルマンは愛嬌があります。さんさんさんのコメント通り、骨は気をつけられたほうがいいです。鶏の骨は三角に割れることがあるので鶏の骨で食べされてもいいのは、首の部分と聞きました。友達のワンコはアボカドの種を丸飲みしてしまい腸閉塞を起こし手術するはめになりました。

ご旅行中のものにコメントをいれましたが、うまく送信できず、そちらにご迷惑をおかけしていたら、ごめんなさい。
| murako | 2015/04/06 8:42 AM |
管理人さん、こんにちは。
家族の病気って、本当に心配ですよね。もう、だいじょうぶでしょうか?わんこは我慢強いので、むずかしいですね。

私もたぶんこちらに来られるみなさんもヘロ君の成長が楽しみです!
| megmeg | 2015/04/07 8:47 AM |
こんにちは、さんさんさん。
骨、どうなんでしょうね。ラトビアの犬関係者は骨を勧めるんですよ。ただし、牛に限るようですが。なんだか、いつでもかじるものが必要のようで、ガリゴリガリゴリそれは熱心に骨をかじります。ええ、確かに子供と同じ、というか、まだ子供でもあるので、子育て経験のない我々夫婦には「?」なことが多すぎます。でも、面白いですね。

こんにちは、murakoさん。
イースター直前の旅行は、かなり無理な計画でしたが、行って本当に良かったです。ローマ満喫しました。わんこの居る生活に突入したので、今までのように半ば思いつきで旅行に行くようなことはできなくなりました。
垂れ耳の長尻尾だと、「それは何という種類の犬ですか?」とあちこちで訊かれます。ドーベルマンには見えないようです。

こんにちは、megmeg殿。
ええ、わんこは我慢強いですよね。伏せができないだけでなく、首を垂れるのも痛かったらしいです。だいぶ良くなったのですが、まだ抗炎症剤を飲んでます。というか食べてます。
| 管理人 | 2015/04/09 9:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2026
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License