ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 9月ですね | main | テンチを食す >>
10月になってしまいました
うかうかしていたら、すっかり10月になって、すでに朝方はマイナス気温のリガである。

アパートも暖房が入り始めたのであった。
紅葉も進みつつあり、見頃は来週ぐらいの感じである。
すっかり、暖かいスープが美味しい季節になったのであった。

ヘロとの生活は相変わらずで、朝、昼、夕方、寝る前、と1日4回散歩に行くのである。
朝は旦那担当。
昼は管理人が一時帰宅して10分ほど散歩。
夕方は旦那と管理人とで1時間ほど散歩。
寝る前も旦那と管理人とで、15分ほど散歩。
である。

週末は、昼の散歩の代わりにドッグランへ連れて行って、他の犬たちと遊ばせるのであった。

冬の運動についてブリーダーに尋ねたところ、ランニングマシンを室内に設置して走らせるのだそうな。
というわけで、我が家もランニングマシンを購入しなければならない。
しかしながら、日に4回の散歩は排泄目的でもあるので、冬でも続行である。

毎週一回は犬のしつけスクールへ行くのである。
グループレッスンで、合間合間に他の犬と遊べるので、ヘロも楽しみにしているようである。

犬のいる生活は、散歩三昧の生活で、否が応でも散歩に行かざるを得ない。
だが、そのおかげで、移りゆく季節の美しさや、新鮮な空気を味わうことができる。
夜には満点の星もある。


ソファーとテーブルの隙間で寝るのがお気に入りのヘロ。
ヘロの頭側に管理人、お尻側に旦那が座っているのであった。

 
【2015.10.09 Friday 02:56】 author : 管理人
| わんこ | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
朝方は既にマイナスですか!こちらは今年は栗拾いが出来なさそうな感じですが、明け方でもまだ3度位はありそうです。

ヘロ君、ツヤツヤで綺麗ですね。一日4回の散歩と週一度躾のスクールとで充実した、健康的な生活を送ってる感じが素敵です。

日を追う毎にどんどん暗い時間が増えてきている実感があります。暗くなってからの散歩は十分気を付けてください。
| かまくら | 2015/10/09 5:19 AM |
朝はマイナス!東京は14度ぐらいまで下がって来ました、雪の日のために室内ランニングマシン、犬の健康のためには矢張りそれが必要なんでしょうね。
四季の移変わりや夜空を楽しめるのは、お犬様のお蔭ですね。

昔ある家で犬が風呂場のタイルの上にs手いるのを見たことが有りましたっけ。慣れれば大丈夫なのかなと思いつつ、人間もその横でで用を足しました。
| 1qtaka | 2015/10/09 1:39 PM |
何もこんな所で寝なくても、と思いながらもヘロ君にとっては一番安心で落ち着く場所なんでしね。お利巧にお留守番しているヘロ君の至福の時間、寝ていても可愛い! 隠しカメラを付けたらお留守番中のヘロ君の様子が分かって面白いかもしれません。それにしても4回のお散歩やらランニングマシンやらしつけ教室やら、昔、実家で飼っていたワンコと今時のワンコとは大事にされ方が違います。
| murako | 2015/10/09 7:48 PM |
こんにちは、かまくらさん。
ええ、もう朝方はマイナスで、日中も一桁です。紅葉は去年の方が早かった様な気がしますが、もうすっかり今年も紅葉してます。
ええ、全く暗くなるのが早くなってきました。冬間近ですね。今年も暖冬だといいなあ、と願うこの頃です。雪も近い感じです。

こんにちは、1qtakaさん。
猫を水洗トイレで用を足す様に躾けることができる、というのを聞いたことがあります。素晴らしいと思います。わんこも水洗トイレに飛び乗って上手に用を足してくれたらいいのになあ、と思うことがありますが、さすがに無理ですね(笑)。
今の時期は毎日毎日紅葉が進んで、とても綺麗です。散歩の機会を作ってくれているお犬様に感謝です。

こんにちは、murakoさん。
最近はお犬スクールも盛況で、毎回6−7匹が集まります。散歩の回数は減らしたいのですが、減らすと粗相したりすることもあるので、だんだん慣れさせていくしかなさそうです。日に4回の散歩は、面倒ではあるのですが、運動不足の私たちにはいいエクササイズです。
| 管理人 | 2015/10/15 2:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2035
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License