ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 10月になってしまいました | main | 11月になりましたね >>
テンチを食す
犬生活になってから、すっかり犬のことばかりになっていることに気づいた管理人である。

というわけで、本日は食べ物の話題である。


毎週木曜日にローカルの市が立つので、そこで買ってきた魚。

この魚はラトビア語でlīnis(リーニス)、日本語ではテンチである。
淡水魚である。

Wikipediaによると、コイ目コイ科だそうな。

確かにコイっぽく、魚の表面はヌメヌメしている。
鱗は小さく、剥ぎにくい。

ううむ、小骨が多いのではないだろうか、
一体どう料理したものか。。。
地元民はどのように食しているのであろうか?
ということで、調べてみたところ、輪切りにして普通にフライパンで焼くのがポピュラーなのだそうな。

鱗が剥ぎにくいので、輪切りはやめて、三枚に下ろして皮を剥ぐことにしたのであった。

ムニエルにして、泥臭いと嫌なので、レモンバターソースで食したのであった。
なかなか、フカフカの白身魚で、満足のいくものであった。
すみません、出来上がり写真撮り忘れました。

リガはすっかり紅葉の盛りである。



 
【2015.10.25 Sunday 01:53】 author : 管理人
| 食べ物 | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
管理人さん、こんにちは。ごぶさたしてました〜。
お魚、ひげがあったら鯉みたいですね。満足のいくお味で何よりです。

こちらは秋が早いような気がします。紅葉はまだですが、空が高くて空気が乾いていて。
おかげで洗濯物が乾いて助かります。

でも風邪が流行ってきているようだし、私は神経痛が出てるし・・

ヘロ君との散歩はいかがですか?凍る前にできるだけ、外遊びですね!
| megmeg | 2015/10/25 12:29 PM |
こんにちは、megmeg殿。
なかなか美味しかったです。きっとゼリー寄せにしてもオッケーなのだと思いました。
おお、関東地方も秋らしくなってきましたか。
都会は人が多いから感染しやすいですよね。気をつけてくださいね!
ヘロとの散歩は紅葉の最中なのでとても楽しいです。凍ってしまったら色々と大変なので、今のうちに外で駆け回らせておきたいです。
| 管理人 | 2015/10/26 12:37 AM |
先日真鶴に行った時、その日獲れた魚のお刺身ということで、聞いたこともないような名前の鯵のお刺身が何種類が出てきました。ローカルな市場ならではのことですね。

日本ではと言っていいのか、私はという方がいいのか、魚を輪切りにして使うのは、サバの煮つけの時ぐらい。ムニエルは二枚か三枚おろしが常です。魚屋さんで売っている魚は小型なんでしょうか。

こちらは桜がすっかり葉を散らしてしまいました。
| murako | 2015/10/26 9:32 PM |
こんにちは、murakoさん。
おお、真鶴のローカル市いいですねえ!鯵のお刺身大好物なんです。魚の三枚下ろしは鯵で練習したものです。
そうですよね。日本では魚は普通二枚か三枚に下ろしますよね。こちらでは三枚おろしとかにすると、「おお&#12316;」とか驚いてもらえます。
この写真の魚は体長30cmぐらいです。
| 管理人 | 2015/10/27 1:36 AM |
テンチとは始めて聞く名前ですね。確かに鯉に似た姿。魚を筒切りにするのは欧米流なのでしょうね。日本でもサーモンなどと言って鮭を筒切りにして売っていますね。
美味しかったのは何よりでした。
| 1qtaka | 2015/10/30 6:31 AM |
こんにちは、1qtakaさん。
私も初めてです。コイほど細かい骨がたくさんあるわけではないので、ソコソコ食べやすかったです。美味しい、と言っても、湖の魚なので、調理法も限られる感じです。
| 管理人 | 2015/10/31 2:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2036
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License