ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 11月になりましたね | main | 暖冬 >>
鴨を買う
バタバタと毎日を送っていたら、もう11月も終わりである。
管理人家は相変わらずワンコとわさわさした毎日である。

さて、今日は第一アドベントであった。
クリスマスまでの毎日曜日に一本づつキャンドルを灯し、クリスマス直前の日曜日には4本のキャンドルに火を灯すのである。


今年はアドベント用のリースも新調。

玄関のリースも新調。


市場では牛肉やらに加えて、鴨を買ってきたのであった。

2.4kgで18ユーロ(まけてもらった)であった。
アドベントだからというわけではなく、解体して冷凍しておくのである。

解体後はこちら。

これで、胸肉で一回、もも肉で一回、ちょっと豪華な夕食を作ることができるのである。
加えて、首、あばら等で3回はスープを取れる。
鴨スープで炊いたおかゆが、冬の寒い時期には最高なのである。
そして、鴨の皮からは鴨脂をとって料理に使うのである。
鴨脂で残り物の茹でジャガイモを揚げると、それは美味しくなるのである。

というわけで、鴨は余すところなく楽しめる食材なのであった。





 
【2015.11.30 Monday 03:46】 author : 管理人
| 食べ物 | comments(2) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
そろそろクリスマスに備えての食料品の備蓄が始まる時期なんですね。ラトビアのカレンダーを眺めていたら、クリスマスまで日曜日は3回。出来ることから始めないと・・・というタイミングにきているのですね。

管理さんの鮮やかな包丁さばきには脱帽です。あばら骨がこんなにきれいにはずせているとは。ご馳走に変身したあかつきには、お料理を見せてくださいね。

ヘロ君へのクリスマスプレゼントは何かな?
| murako | 2015/11/30 6:21 PM |
こんにちは、murakoさん。
ええ、うかうかしていたらすっかり師走になってしまいました。今年はヘロが来て初めての年末なので、家の中の汚れ具合がかなりのものです。大掃除が大変そうです。
ありがとうございます。最近、包丁研ぎ器を買って、使う前に10回シャコシャコ研ぐことにしたら大変切れ味が良くなって、鴨解体もやりやすかったです。
ヘロのプレゼントは何がいいですかねえ。悩みます。
| 管理人 | 2015/12/01 7:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2038
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License