ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< わんこの背中に雪が積もる | main | イースター2016 >>
3月とて寒い
うかうかしていたら3月である。

日本ではもう春の気配がぷんぷんであろうか。

当地は未だ0度を挟んだ気温の攻防が続いているのである。
ゲリラ的に雪やらみぞれやら振ってみたり、
凍ってみたり、
でも、プラス温度の時間が長くなってきているので、翌日には何事もなかったかのように溶けてしまう。

日本ならもう春なのに、と思ったら負けである。
ここは冬。4月いっぱいまで冬のなのである。

さて、冬ならば冬らしく冬の楽しみを楽しみ尽くしたらいいのである。

温まる系のスープを作ったり、暖炉を炊いたり、である。
それが楽しければ、冬はとても楽しくなるのである。

そうはいっても、冬の始まりと終わり近くでは気分もだいぶ違う。
冬の始まりは、雪降って楽しいとか、新しい季節を楽しむことができる。
だが、終わり近くの冬は違う。
長い雪と氷に辟易して、春を今か今かと待ちわびるのである。
だからこそ、終わり近くの冬を楽しむことが重要なのである。
どう楽しむのか、
それは惜しむ心である。
冬を惜しむ。冬のイベントを惜しむ。
誰も惜しまない中で、あえて惜しんでみる。

冬が終わったら暖炉はなし。今のうちに。
冬が終わりそうだから、ザワークラウトのスープを作ろう。
冬が終わる前に狐の襟巻きでお出かけしよう。

クロッカスの花を見たら、冬なんて思い出せなくなる。
もう時間がない。
今のうちに冬を楽しみ尽くさねば。


 
【2016.03.12 Saturday 04:47】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(9) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
まだリガは寒そうですね。こちらはクロッカスと水仙が咲き始めました(1月の終わりに咲き始めて、時が止まったまま、今時間が動き始めた感じです)。
何事も発想の転換が大事ですね。「素晴らしい!そうですね!」などと一人頷きながら読ませていただきました。
11月に日本に一時帰国して戻ってから、外に出れば外人しかいない、窓からも外人しか見えない(本来は自分が外人なのですが)状況に戸惑って、気持ちが塞いでいたのですが、大震災5年後のニュースや記事を見て、もっと前向きにいかないと、と思っていたところです。
陽が少しずつ長くなってきて、この下旬には夏時間が始まりますね。それまでの間、私も冬のお仕事(味噌作りとか)を満喫しようと思います。
ポジティブになれる更新、有難うございました。
| かまくら | 2016/03/12 5:13 AM |
当家の水仙は遅咲きなのか未だ咲いていません。又今日なんか寒くて厚手のセーターを着込んでいますよ。
でも、矢鱈と暖かい日もあって近所の彼岸桜は葉桜になりかかっています。
流石にラトビアは緯度が高いだけあって冬が長いのですね。
| 1qtaka | 2016/03/12 1:37 PM |
先週の火曜日、初夏のような陽気でした。でもヒートテック製品の数々に包まれて、悶々と過ごしました。
そしてまた真冬並みに逆戻り。ヒートテックでも寒さが堪えます。
こんなに温度変化あると、着るものもさることながら、献立にも影響があるのです。
やっぱり煮込み、煮物、鍋は歓迎されても、冷製のサラダ、おかずには嫌な顔されます。
寒い時期の我が家の人気の鍋料理、冬のお楽しみをそれこそ今のうちに楽しんでおかなければなりません。
| murako | 2016/03/14 8:50 AM |
あれま!おやまぁまぁまぁ。
まーだまだ更新なんか月半ば過ぎてからに決まってるさ…って
たかァくくってページを見もしないでいたら何と…
これだから世の中油断しちゃいけないと古人の申されけく。

しかしmurakoさんの書き込みには巧まざるユーモア、意図しない
ミスタイプだからこそおかしくておかしくて。 そうですか悶々と過ごされましたか。あ、お呼びじゃ無かった?こりゃまた失礼。

管理人さんが「冬は寒きが良くて候」と一休禅師の真似をなさるならここは夏がなかなか去らない蒸し暑さを楽しめ…無いですねぇ、これは。もう暦の上では立派に秋になっているはずなのですが空の色も真夏とちっとも変わりなし。

あなたの旦那様がいつぞやラプランドに休暇に行かれたときふと漏らされたという「リガは中途半端に北のほうにあるからいけないんだ」というセリフを何の脈絡もなしに思い出しました。

| さんさん | 2016/03/14 2:56 PM |
そうそ、書き忘れました。
うちにいるのはグレイハウンド
あの競争犬のグレイハウンドの成れの果て。
とことん博打が好きなオージーは何でも賭けの対象にしますが
ドッグレースは大のお好き。しかしグレイハウンドだって中には足の遅いのもままいるし中には「なんでぇ?走るのきらいっ!」なんてのも。
こういうのは即獣医さんに連れて行かれて安楽死となるところ獣医さんが里親募集。
でうちの妃殿下と総理が貰われて来たと言う訳であります。
え?だって準血腫なんてやんごとない方がうちに買われて来る
のは初めてだから当然お名前は妃殿下、次に来たオスは妃殿下に釣り合う名前ということでこっちは総理。
| さんさん | 2016/03/14 3:12 PM |
こんにちは、かまくらさん、
お返事遅くなりまして、すみません。
何しろリガは冬が長くて、終わりの方はうんざりしてきます。暖かくなってきたな、と思いきや、いきなり雪、とかしょっちゅうです。
お味噌作られるんですね!素晴らしい!
あと少しで春がきますね。がんばりましょう!

こんにちは、1qtakaさん。
先日、スノードロップが咲いているのを見つけました。春はかなり近い感じです。こちらの冬は、もみの木と松だけ緑で、あとは全く葉っぱがない、という状態なので、かなり殺伐としています。桜なんていいですねえ。

こんにちは、murakoさん。
鍋、いいですねえ、もう何年も食べてないです。
ヒートテックは7−8年前に日本から持ち帰ったものを大事に着ていたのですが、かなり限界に近くなっていて、ユニクロのHPとかを食い入るように見てました。極暖って暖かそうだ、とか。それで友達が送ってくれたのです。もう、本当に暖かいですね、極暖。感激しました。まだしばらく極暖のお世話になりそうです。

こんにちは、さんさんさん。
いやー、長いです、冬。また来週は雪らしいです。
ええ、北極圏と比べたら、リガには1ヶ月以上も早く春が来るのです。トロムソの植物園にはリガの5月の花が7月に咲いていて衝撃を受けたものです。
まあ、グレイハウンド!しかも2匹も!レースで走るのは嫌いでも、そこらを駆け回るのはきっと好きですよね。早そうですね。脚長いし。妃殿下に総理、っていうのも風貌にあってますね。
| 管理人 | 2016/03/18 1:56 AM |
管理人さん

こんにちは。
お久しぶりです〜!お元気ですか?
もう春になりましたが、ラトビアはまだ冬の陽気でしょうか?
こちら、ニューヨークはだいぶ春らしくなり、気温も10度前後です。木々の蕾もピンク色になり、水仙やレンギョウの花が咲き始めようとしています。今年の春は例年より早く訪れようとしています!

今日、テレビでワシントンの桜の花が満開になったと言うニュースが報道されていました。例年より2週間ぐらい早く咲いたそうです・・・!ワシントンの桜は見事です〜!我が家周辺の桜の花が咲くのは来月半ばでしょうね!

ラトビアも早く暖かくなるといいですね!

春よこい〜!早くこい〜!
| ガーベラ | 2016/03/24 2:37 PM |
お久しぶりです、管理人殿。
いつも色々と楽しんでおられる生活、読んでいて私も楽しまなきゃって思います。
今年のお誕生日は楽しかったですか?
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます♪
| Kazumi | 2016/03/24 8:09 PM |
こんにちは、ガーベラさん。
ラトビアはまだ春っぽくありません。まだまだです。ただ、鳥の鳴き声が春めいてきていたり、猫が日向ぼっこを始めたりしているので、もう直ぐなのだと思います。
桜はいいですね。華やかで、本当に日本人の心の花だと思います。

こんにちは、Kazumi殿。
ありがとうございます。ええ、誕生日楽しみました。年をとるのは嫌だなと思っていましたが、今は毎年、ありがたいことだと心から思うようになりました。
| 管理人 | 2016/03/27 2:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2045
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License