ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 3月とて寒い | main | 春来たりし >>
イースター2016
イースターである。

今年は不覚にも風邪をひいてのイースターである。

授業や演習で普段休みを取りづらいので、イースター休みに休暇をとって久しぶりにベルリンお買い物ツアーに行こう!
と思い立ち、ベルリンの人混みで風邪をもらってきた、というわけである。

それでもイースターはやってくる。
掃除も料理も待っているのである。

今年は、掃除のイニシアチブを旦那が取り、管理人は料理に専念したのであった。

さて、今年のメニューもいつもと大体同じである。

うさぎ購入。

そしてこれをバラし。

玉ねぎとレモン汁でマリネして、煮込んだのであった。
本当は白ワイン煮込にする予定が、安い白ワインを買い忘れたので、急遽変更したのであった。
肉系の料理は日曜日用である。


牛テールのコンソメ。煮込始め。
コンソメは6時間ぐらいで良しとしていたのだが、実は12時間煮込まないと骨から味が出てこない、ということを海外料理ブログで読んで、試してみたところ、まったく味が変わって美味しさ200%ぐらいになったので、それ以来長時間煮込にしているのであった。

12時間煮込んだ後のコンソメは、明らかに濃厚で、飴色になっているのであった。
2日間かけて6時間づつ煮込んだので、一旦火を止めて冷めたところで脂を取り除いてあるのであった。


ザワークラウトの煮込も欠かせない。
こちらも煮込めば煮込むほど美味しくなると言われている。
最終的には飴色になる。


イースターエッグ。
赤キャベツで染色して、1時間だとほとんど染まらず、4時間おいたら真っ黒になってしまった。
だが、適度に染めるとティファニー色になるのである。
残念。

うさぎの手前にある銀色の卵は、細工卵である。

これが、

こうなって、

こうなるのである。
ママコレクションの一部である。
銀製なので、イースター前に磨いたのである。
銀製品は磨くと本当に美しくなる。
ママが生きていた頃は、イースターとクリスマスで年に2回磨いたものである。

さて、明日は朝教会に行って、そのあと準備したご馳走にありつける。
楽しみである。

 
【2016.03.27 Sunday 02:38】 author : 管理人
| なまくらクリスチャン | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
銀器磨き,ですねぇ。
子供の頃お客が来る
というと母親のお嫁入り道具のティーセット
磨かされた覚えが何やらほろ苦く記憶の底にたゆたっております。
兄貴は親分面してスプーンなど小物をさっさと仕上げ弟である私にはポットとか大物が回されて未だに「不公平ダァ」というきもちが心のどこかに。 磨くことを言いつけた母はもちろんいいとこ取りして得した気になっていた兄もみんな鬼籍に入って今では誰にもこぼせない話になりました。

そうかテールのスープは半日づつ二日炊く、やってみます。4、5時間だって決して不味くはなかったのですが骨から出しがねぇ
考えなかったなぁ。

しかしバスケットの中のイースターバニーが可愛いですね。

当地ではイースターといえば毎年必ず雨が降る,雨が降るのがわかっているのにみんなテント抱えて海岸に泳ぎに行く。
あの雨の降る中でテント暮らしってのは結構な辛いモノでしょうが毎年海岸のキャンプ地は満員。’人間とは学習しない生き物なのでしょうか。
| さんさん | 2016/03/27 12:01 PM |
こんにちは、さんさんさん。
お母様はきっと素敵な銀製品コレクションをお持ちだったのでしょうね。私の実家には銀製品なんてなかったですよ(笑)。ラトビアに来て初めて銀製品を磨きました(笑)。
ええ、テールのスープは長く炊くと香りが変わってきます。二日炊くと、「ああ、なるほど」という味になります。5時間炊いた後の肉はパンケーキの具にしてましたが、12時間炊くとワンコの餌にしかなりません。
バスケットのイースターバニーもママコレクションです。
ママはたくさんのいいものを残してくれました。一番の遺産はラトビア料理ですけどね。
イースターに泳ぎに行くのは、夏の終わりってことですか?
名残惜しいってことですね。
| 管理人 | 2016/03/28 3:02 AM |
鶏一羽もウサギ一羽も同じ、と頭でも思えても、因幡の白兎状態はちょっと衝撃です。固定観念は怖い、怖い!
手を抜かず作るところに管理人さんのお義母様の思いがあふれています。

桜、桜、と連呼されて暖かくなる期待感ばかりが強いわりに、六寒一温の寒さで、不覚にも風邪をひいいてしまったかも。今日は一日蟄居していました。
| murako | 2016/03/28 4:43 PM |
こんにちは、murakoさん。
手を抜くと天罰が降りそうで(笑)
ウサギは淡白で鳥に近い感じの肉ですが、旨味が違います。私の中ではウサギが肉の中では一番美味しいと思います。
私も風邪をひいてしまい、とうとうイースターの朝の教会にも行けずじまいでした。お大事になさってください。
もう桜が咲いているのですね。
リガではまだ一ヶ月は待たないと桜は咲かないですが、今日はクロッカスの花を見つけて春を認識しました。
| 管理人 | 2016/03/29 1:36 AM |
銀食器を磨き、ウサギの料理、テールスープを作るなど、とてもとてもなまくらのクリスチャンでは出来ませんよ!管理人さん、風邪を召しても凄いです。
私などはイースターの日にちの確認を怠り旅行の予定を入れてしまい、昨日、ヘルシンキからの何も出来なかった旅行を終えました。
今朝、買い物に出たら少し桜が咲いていました。それでも気温はずーっと10度前後なのですが、自然の力は凄いですね。
去年末から塩水鼻うがいを始めて、少し風邪をひきにくくなった気がします。漏斗を使って塩水を流し込むのは、想像すると嬉しくない姿ですが、背に腹は代えられないと続けています(笑)。ちょっとお勧めです。どうかお大事にしてください。
| かまくら | 2016/03/29 5:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2046
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License