ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 運転免許証の更新 | main | お葬式 >>
花いろいろ
ラトビアは花の宝庫である。

花を贈る習慣があるので、花屋はなかなか充実しているのだが、一方、ラトビアの野の花庭の花も素晴らしい。

こちらは管理人家のサマーハウス、庭の花ミックス。


どこの庭にも大抵植えられているシャクヤク。
管理人家でも1シーズンで80ぐらい咲く。


こちらは道端の花ミックス。
アカツメクサ、チャイブ、イワミツバ。
iPhoneImage.png
 
【2016.06.04 Saturday 13:49】 author : 管理人
| 植物 | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
百花繚乱、目を楽しませてもらえる季節ですね。
実家のある古都は古い家は塀が高くて庭をうかがい知ることが
できず、こちらの古都は一軒の家が何分割かになって新し
家がたち、庭のスペースがほとんどない家が多くなって
きました。
シャクヤクが80も咲くなんてすごいです。手入れをずいぶん
されているのですか?
| murako | 2016/06/05 4:04 PM |
きれいですね〜!
庭の花ミックスもシャクヤクもですが、道端の花ミックスだけでも、センスがあるととてもとてもいい雰囲気に仕上がるのですね!
我が家の猫の額の庭は総て野菜と果物の植木鉢で埋まっています。
花のある生活は潤いがあって良いですね。
| かまくら | 2016/06/05 4:10 PM |
こんにちは、murakoさん。
我が家のサマーハウスは、購入時で築40年だったので、庭に植えてある植物も年季が入っているものが多いのです。シャクヤクもどのくらい古いのかわかりませんが、かなり大きな株が4つほどあって、それぞれが20ぐらいづつ花を咲かせます。手入れはしてません。秋に地上部を刈り取るぐらいです。

こんにちは、かまくらさん。
面白いことに、日本の「山野草ガイドブック」みたいな本が結構役立つんですよ。なんだか結構日本と同じものが生えてます。
チャイブは最初なんだかわからなくて、摘むと玉ねぎの匂いがするので、ナンジャラホイ、と思って調べてみたらチャイブだということが判明しました。とても可愛い花です。
| 管理人 | 2016/06/07 2:43 AM |
管理人さん

花々に誘われて久しぶりにコメント参加です 
日本でも旅行先などで同じような花を見た事があります でもラトビアの花は何とも哀愁が感じられます 気候のせいか日本の似た花とも色合いが微妙に違うからでしょうか 

しばらく旅行はできそうにありませんがいつか花の国ラトビアを再訪したいものです 

 

| kaori | 2016/06/08 7:59 PM |
こんにちは、kaoriさん。
日本の雑草やら山野草やらと同じものが結構生えているのですが、確かにちょっと違います。まず、大きめです。そして、うじゃうじゃ生えてます(笑)空き地が多いので、どこもお花畑化しています。今はルピナス(昇藤)が郊外の道路脇に咲いてます。
| 管理人 | 2016/06/09 12:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2050
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License