ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< お葬式 | main | きゅうりの浅漬け >>
学生さんから花束をもらう
今日は学年末テストの日であった。

学期中に3回、コロキウムと呼ばれる定期テストがあるのだが、全部のコロキウムを10点満点中の7以上マークすると、学年末テストを受けなくて良い、というルールなのである。

今学期は、学生のモチベーションが高く、半数以上の学生線が学年末テストを免除されたのであった。
そんな状況で、の学年末テストである。

が、試験に学生が集まってくる中、一人の学生が花束を持っている。
「先生、一年間ありがとう!これ、クラスのみんなから」
と握手をして花束をくれたのである。

もう、感激である。
半世紀も生きてるので、危うく涙腺が決壊しそうになったのであるが、そこはギリギリこらえたのである。

思えば、授業も演習クラスも、ものすごい負担になることは明らかだったのである。
それでも、差し向けられたチャンスはつかまないと気持ち悪い、という管理人の気質がそれを掴んでしまったのである。
結果、この二年間はものすごく大変であった。
学生より下手くそな英語で教え、議論するのである。
でも、管理人が教えるのは英語じゃなくて、遺伝学なんだ、と自らに言い聞かせながら、教えてきたのである。

ああ、嬉しい。
彼らが歯医者になった時に治療してもらいたいかどうかは別として、単純に嬉しいのであった。

 
【2016.06.14 Tuesday 05:46】 author : 管理人
| 教えること | comments(7) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
ああ、貴方は幸せなお人だ。                 己のなした努力を他者が評価して感謝してくれる、それこそ「生きて在る値打ち」を目の前に提示されたと同じこと。

これはもう”堪える”なんてことをなさらずに大泣きに泣きながらハグしてしかるのち短い感謝のスピーチを教壇から、だとカッコ良かったのに。

ああ、貴方は幸せなお人だ、あの運命の出会いがあってあのグランジュテを踏み切って。これこそが人生といえます、60億だかの人間の中で何人がそんな花束をもらう経験ができるでしょうか。
| さんさん | 2016/06/14 6:43 AM |
こんにちは、さんさんさん。
もう、全くですよ、私ったら幸せ者!こんな嬉しいことはなかなかないですよ。この二年間の苦労が、一瞬にして報われました。来学期もさらに頑張ろうとか思っちゃいます。たまたま、学年リーダーの男の子が気の利く人だったんだろうと思うのですがね。
| 管理人 | 2016/06/15 5:28 AM |
いえいえ気の利く学生さんだったのではないと思います。
多分学生さんたちにとっても気の抜けない真摯に向かい合う
時間だったと思います。自然な感謝の気持ちが花束になった
のだとのでしょう。
心から感動できる瞬間は、人生の中ではなかなか出会いえない
ものです。でも管理人さんには心が震えるような瞬間が多い
のでは・・・それは何事にも積極的、意欲的な管理人さんの
姿勢、好奇心旺盛な管理人さんの姿勢にあると思います。
これからもいい出会いがありますように。
| murako | 2016/06/15 6:10 AM |
ウチの大学では、履修免除はあっても、試験免除はありません。資格認定団体の圧力で、科目成績の60%以上は1回の試験で審査されることになっています。残りは実験レポート等。
現金な生徒が多いためか、成績発表前に感謝されたことは少ないですなぁ。
先週末に修士と学部最終年の成績が発表になり、苦情+問い合わせが入っているところです。多くは「無駄な抵抗は止めて、素直に再試を受けなさい」なんですがね。

> 彼らが歯医者になった時に治療してもらいたいかどうかは別として

やはり、実験での手際が良くなかったのでしょうか?
| 現役lecturer | 2016/06/15 3:18 PM |
こんにちは、murakoさん。
ありがとうございます。たくさん勉強して良い歯医者さんになってほしいものです。彼らには私の教えている遺伝学は直接必要ではないのですが、だからこそ、興味を持って勉強してもらえると、なおさら嬉しいものです。明日、追試をやって、今学期はおしまいです。

こんにちは、現役lecturerさん。
わかります、苦情+問い合わせ期間。ええ、まさに「無駄な抵抗はやめて。。。」ですね。
まあ、歯医者さんになる人たちなので、最後に国家試験があるので、結局本人次第です。私のクラスには実技はなく、ひたすら遺伝の問題を解かせるので、彼らの技量はわかりません。ただ、歯医者さんだけは他人がいいなと思います。
| 管理人 | 2016/06/15 10:52 PM |
花束とは素敵な贈り物でしたね。
純粋に先生に対する感謝が伝わってきて、微笑ましい光景が見えるようでした。
歯医者さんだけは他人が良いなと。。。医者と歯医者は性格よりも技量だと、最近特に強く思うようになったので、生徒さんたちが10年後にでも、管理人さんが「かかりたい」と思える技術と性格を兼ね備えた歯医者さんになりますよう祈っていますね・・・
| かまくら | 2016/06/20 1:10 AM |
ええ、そこが一番の問題で、自分がかかりたい、と思う歯医者産を排出するのが使命なのだと思います。私がかかりたい、と思うのは、10点満点中で9点以上です。少なからずいるので、名前は覚えておこうと思います(笑)
| 管理人 | 2016/06/20 4:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2052
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License