40歳にして、ラトビア人と国際結婚して移住。手続き、退職、家財道具の処分、引越し等々をこなし、現在移住10年目。
 
Google
 
<< プラハ2016 | main | 暖冬 >>
もう過ぎちゃいましたがクリスマス

プラハから帰ってきて、慌てて大掃除とクリスマス準備で、てんやわんやだった管理人である。

 

こちらは今年の鯉。

いつものようにウロコを数枚取っておいて、クリスマスと新年のテーブルクロスの下に忍ばせるのである。

そうすると金運が付く、というラトビアの縁起物なのである。

 

鯉はいつものゼリー寄せになったのである。

へろにもちょっとおすそ分け。

ふがふが、美味しい、ふがふが、と食べておりました。

 

今年は大ウナギの燻製をやめて、チョウザメの燻製を調達。

なかなか凄みのある顔つきである。

断面はこちら。

肉質はプルプルもちもちっとしていて、脂が結構強い。

ウナギに負けないぐらいの脂である。

西洋わさびを添えて食べるのである。

 

今年はへろ対策で小さなクリスマスツリー。

飾りはプラハの屋台で買ってきたガラス細工の鳥。

 

こちらもプラハの屋台で買ってきた飾り。

ろうそくを灯すと、その熱で上部の飾りがくるくる回るという一品。

チェコ産かどうかは疑わしいが、可愛いのでよしとする。

 

クリスマスイブに教会に行って、翌日は牛テールのコンソメとウサギの煮込みを食べた。

平和なクリスマスであった。

 

それでは皆さん良いお年をお迎えください。

管理人家では、毎年恒例の子豚の丸焼きで年越しの予定。

 

【2016.12.31 Saturday 05:55】 author : 管理人
| クリスマス | comments(6) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
今年もかくてありけり
明日もまたかくてありなむ

なんてどこで頭に入った句なんだろう?ふと浮かんできましたっけ。
それなりに今風に噛み砕いてもきちんと伝統の守るべきところは守る、管理人さんの姿勢に感服いたします。
チョウザメの燻製を入れた器がはるばる海を越えて持ち帰られた日本のものであるところにふっと微笑みが浮かびました。

今夜は当地は大晦日、ふみ従うべき小道も無い流刑囚の末裔はただただ大きな音をさせて馬鹿騒ぎをするばかり。シドニーハーバーブリッジの年越し花火は年をおうごとに大仕掛けになってきていますが、天空を彷徨う数多の霊魂に「わたしらは元気にやってるからねー」と伝える、献げる意味もあることを知っているのは果たして何人おりましょうか。

なんにしろ35度超えの年の瀬、伝統など糞食らえと言いたくなる気持ちもわからぬでは無いが。
| さんさん | 2016/12/31 8:06 AM |
こんにちは、さんさんさん。
オーストラリアは世界で一番先に新年ですね。さんさんさんが元旦に目覚めて朝ごはんを食べる頃に、ラトビアは新年を迎えます。

今年も子豚を焼いて、カウントダウンにシャンパンを開けてって感じです。毎年同じことを繰り返すことができる幸せを噛み締めたいと思います。

日本のような風情は当地のお正月にはありませんが、それでもお正月はハッピーそのもののようです。

35度越えの年の瀬、想像つきません(笑)。
良いお年をお迎えください。
来年もよろしくおねがいします。
| 管理人 | 2016/12/31 8:34 PM |
料理も全てがお洒落です*
ラトビアなクリスマス&#127876;も催しは素敵なんでしょうね、、、私もキャンドル灯すと廻る飾り持っています、私のは天使の女の子?が6人くるくる回り可愛いです。
北海道…あと5分で初日の出です!十勝の温泉から眺めます。
| あい | 2017/01/01 6:54 AM |
一足先に2017年を迎えたこちらから
明けましておめでとうございます。
この一年も平穏無事な日々となりますように!
年末年始晴れマークが並んでいます。
暖冬気味で庭の早咲きの紅梅がクリスマス開け
からほころび始めました。

チョウザメ、初めて見ました。丸ごと一匹で
売られているとは衝撃的です。ワニのようです。
燻製になっていると固そうな気がしましたが
断面を見ると身がたぷりあって美味しそうです。
譲り受けた管理さん宅風新年のお料理を、
手も気も抜かずに作り続けるのは立派です。

我が家はおせちの基本的なものは作っていますが、
今年はその中からくりきんとんが脱落。若い
世代から甘すぎると不評で今年は少量の本当の
栗きんとん(栗ペースト)を買いました。

| murako | 2017/01/01 8:24 AM |
あけましておめでとうございます。

あたたかな年明けです。

チョウザメ、北海道の叔父の住んでいる町で養殖している(キャビア用)のですが「身は食わねえんだぁ〜」と言ってましたが食べ方をしらないだけのようですね!といっても、キャビアもまだまだのようですから親を食べるなんて思いもしないのかな?

お体の調子はいかがですか?ご自愛くださいませ。

ご家族皆様のご健康をお祈りしています。
| megmeg | 2017/01/02 6:52 PM |
こんにちは、あいさん!
北海道のお正月は、想像するに、ゴージャスですよね!たらこ、いくら、タラバガニ、おおっと、数の子!夢のようです。
天使がくるくる回るのがクリスマスとしては正式だと思います(笑)もう新年明けちゃいましたけど、今年もよろしくお願いします。

こんにちは、murakoさん。
栗きんとんが脱落とは、ちょっと悲しいですね。
私は栗きんとんファンです。食べたいです。心底食べたいです。
チョウザメはなまでもうられています。グリルの方が私は好きです。燻製はいいんですが、ちょっと濃いです。

日本に帰ると、叔母がいつもお赤飯とお煮しめを作ってくれます。それで日本のお正月を味わってきました。今はそれが一番食べたいものです。帰国しないとなあ、と思います。

こんにちは、megmegどの。
ありがとうございます。
チョウザメ、美味しいですよ。特にグリルは。
なかなか、キャビアにはたどり着かないのが悲しいところです(笑)。

こちらは今日から雪で、今週はラトビアらしいマイナス10度以下になるらしいです。ワンコがいると、そんな気候もつぶさに体験できるのがいいところだと。思うようにしています(笑)。
今年もよろしくお願いします。
| 管理人 | 2017/01/04 6:36 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2062
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License