ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 暖冬 | main |
春は近いのか

すっかり三月は半ばになるまでブログをサボっていた管理人である。

 

一月は学期末テスト、2月から新学期が始まり、授業を始めた矢先に学生さんからインフルエンザをもらって一週間寝込んだり、そのおかげで色々とスケジュールを変更せざるを得なくなり、ようやく落ち着いてきたこの頃である。

 

何しろ、インフルエンザにかかるなんておそらく7−8年ぶりぐらいのことだったので、インフルエンザだと気づくのが遅れて、タミフルも間に合わなかったのであった。折もおり、管理人の具合が悪くなった3日後には旦那の出張が入っていて、そのためにワンコをトレーナさんに預けることになっていたのはラッキーであった。というのも、もちろん、旦那も管理人から感染して、出張キャンセル、誰もワンコを散歩に連れていけない状態になってしまったからである。

 

トレーナーさんに一週間近く預けられていた間、ワンコには新しい友達ができて、楽しく過ごしていたようである。

お友達ワンコはフィンランドの警察犬になる犬で、1歳半になるまでラトビアで訓練を受け、その後フィンランドで活躍予定なのだそうな。

 

さて、今回は雪が積もっては溶け、積もっては溶け、を繰り返す冬であった。

まだ冬は終わっていないが、日中の気温はプラスが多くなってきているし、鳥の鳴き方も春バージョンになってきているので、春は近いのだろうと思うのであった。

 

春になったら、ワンコのお散歩がそれはそれは楽しいものになる。

つい、「はーるよ来い、はーやく来い」と歌ってしまう管理人である。

【2017.03.15 Wednesday 20:15】 author : 管理人
| リガでの暮らし | comments(15) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
大変な時間が管理人さんに流れていたのですね。今は良くなられたようで何よりです。

イギリスでは風邪もインフルエンザも関係なく、両方が同じ市販薬を飲んで終わりです。お医者さんにも行かず、ゲホゲホと公共の場では平気で手も当てず咳をする輩が物凄く・・・。

私事ですが旦那さんのお誕生日旅行に日本へ二週間行って帰って来たばかりで、戻ってみればすでにこちらは春。桜は咲き乱れ、水仙でいつもの芝生が黄色く染まっています。

ラトビアももうすぐ春でしょうね。北海道のように一気にあふれ出す春、早く来ると良いですね。

| かまくら | 2017/03/16 12:15 AM |
こんにちは、かまくらさん。

おお、日本へ行かれていたのですね。美味しい和食を堪能されたことでしょう。羨ましいです。イギリスはもう桜が咲いているのですか!早いですね。ラトビアの桜は5月です(涙)。いやはや、本当に春が待ち遠しいです。
| 管理人 | 2017/03/16 1:42 AM |
管理人さん、こんにちは。
インフルエンザ、きついですよね!私も4〜5年ぶりに発症。もれなく旦那にもうつり、一週間ひきこもりました。

早く春になってヘロ君と楽しいお散歩ができますように!
| megmeg | 2017/03/16 11:21 AM |
こんにちは、megmeg殿。
ラトビアは人口密度が低いからと油断していたらかかりました。油断大敵です。megmeg殿も大変でしたね。ええ、もれなく一週間ですよね。
日本は後二週間もすれば桜ですね。お花見楽しんでくださいね。
| 管理人 | 2017/03/16 4:06 PM |
管理人さんこんにちは。
インフルエンザは凄い感染力をやはり持っているのですね。
予防接種をしていたのに、この冬2回も罹ったという話も
聞きました。
ヘロ君にうつらなくてよかったです(笑)

ヘロ君のお友達になったワンコ、フィンランドで警察犬と
なるそうですが、訓練は英語でするのですか?
犬は言葉を理解すると言いますが、日常ラトビア語を
聞いていたらフィンランドに行ったらしばらく戸惑って
しまいそうです。

ラトビアにも早く日差したっぷりの春がやってきますように。
| murako | 2017/03/17 8:06 AM |
こんにちは、murakoさん。
ええ、本当にあっという間に感染しますね。全く、ヘロにうつらなくてよかったです(笑)。
お友達ワンコの訓練はフィンランド語だということでした。トレーナーさんが「伏せ」というようなコマンドを聞きなれない言葉で出していたので聞いたところ、ワンコがフィンランドへ行ってからスムーズに活躍できるように全てのコマンドはフィンランド語にするんだと言っていました。
| 管理人 | 2017/03/18 2:51 AM |
お久しぶりです。 もうインフル後遺症状はございませんか?年取ってからの(などというとはるか南半球まで管理人さんからからバケツかなんか飛んできそう)インフルというのはありゃ辛い、お察しいたします。

フィンランド語、ラトビアに行った後(毎度古い話ですみません)リガ〜ヘルシンキ〜キッティラと飛んでそこでレンタカーを借りてラプランドを北に走ってノルウェーのフィヨルドを訪れたことがありましたがノルウェーに入ってから車のトランクの鍵が開かなくなってしまった。トリセツを見るとこれがフィンランド語、サッパリ。誰かに読んでもらおうと思ってホテルのフロントで尋ねたら「あのなぁフィンランド語ってのは北欧ではフィンランド人以外誰も話せも読めもしないことになってるの!」なんて恐ろしく差別的なこと言われてしまったことがあった。
スラブ系でもアーリア語系でもない特殊な言葉なんでしょうかねぇ。それでもどんな田舎のスーパーの店員さんでも英語は折り目のきちんとしたものを話していたなぁ。
| さんさん | 2017/03/19 3:38 AM |
こんにちは、さんさんさん。
ええ、年取ってからのインフルは後遺症も長引いてます。かからないようにするのが最善ですね。バケツは先ほど投げたので、到着まで今しばらくお待ちください(笑)。
フィンランド語は全く特殊ですね。ウグロフィニッシュ派とかいうらしいです。エストニア語も近いんだと思います。格変化がラトビア語の倍ぐらいあって、大変難しいと聞いてます。ええ、確かにフィンランドでは誰もがちゃんと英語を話しますね。素晴らしいです。
| 管理人 | 2017/03/19 4:59 PM |
こちらロンドン郊外では、満開の桜が強風で散らされています。連翹・水仙の黄色、カタクリ・サフランの紫... いかにも春爛漫といった感じですが、強風で曇りがちなんで。
私も何年かぶりに高体温を伴う風邪に罹りまして... Erasmus+のプロポーザルを出し体力低下の中、ドイツへの出張から戻ってから発症しまして。アスピリン耐性の無い風邪だったので、熱は一晩でさがりましたが。咳は10日くらい続いていました。まぁ、講義は演習に変更したりして、誤魔化しましたが。
現在、4月下旬締切のEU向けのプロポーザルを書いています。今週中にはイギリスのEU離脱申請が出そうなので、今回のが長期の研究開発関連では最後かも知れません。短期の訓練関係のErasmus+には、来年も挑戦する予定ですが、国内資金に切り替える必要がありそうです。
暦の上では、明日が春分のようですが、今年のイースターは4月9日と遅いですねぇ。春分の後の満月の後の最初の日曜日がイースターの定義なんで。
| 現役lecturer | 2017/03/19 6:46 PM |
こんにちは、現役lecturerさん。
いいですねえ、桜が満開だなんて。こちらは昨日スノードロップの蕾を確認しましたが、数時間後には誰かに掘られて無くなってました。発熱は出張後で良かったですね。風邪引いて飛行機とか辛すぎです。
ああ、Brexit。ケンブリッジ大学がパリ校を開設する予定だとか聞きました。どうなるんでしょうね。
ええ、今年はイースター遅いですね。教会関係の暦では4月16日になってます。今はイースター休暇を目指して働きますです。
| 管理人 | 2017/03/19 10:52 PM |
不躾で失礼いたします。
ラトビアでの写真撮影作業に関して、ご相談させて頂きたいことがございます。差し支えないようでしたら、メールでご連絡頂けると幸いです。宜しくお願いいたします。
| Mariko Fujiwara | 2017/03/21 5:28 PM |
こんにちは、Fujiwaraさん。
ブログの右下の方に「管理人へのメールはこちらからどうぞ」というリンク(先ほどちゃんと動くように直しました)があるので、すみませんがそちらから具体的な内容とメールアドレスをご記入お願いします。
| 管理人 | 2017/03/22 4:50 AM |
何ヶ月か更新がなくてもこのブログに惹かれる者たちはそれぞれ何がしかの心配は持ちながらも時々覗いてみては管理人さんが更新されると
「お!」
とか言いながらそれぞれコメントを書き込む、それにまた管理人さんは律儀に几帳面に返信される。そこに何とも言えぬ暖かさが感じられるのは私だけだろうか。人もものも変わらないものはないのが定めのこの時に流れにたゆたう私たち、変わる流れの中でほんの一ときでも変わらぬものを見つけてホッとする、そんな気がいたします。

それにしてもはるかな昔中学の英文法の時間、「主格所有格目的格という3種類があって…」と聞いただけで目ぇしろくろさせたことを思い出したではありませんか。格?なんじゃそれ??
それがあなたラトビア語では名詞だけで格が5個?それに単数複数で語尾が変わっておまけに女性名詞男性名詞?、待った名詞だけじゃないもちろん動詞だって…
何だかルービックキューブを常時ぐるぐるさせている光景が目に浮かぶ。
それがフィンランド語ではその格変化がラトビア語の倍ですと。
なんか楽しんで趣味の世界に埋没しているのと違いますか?
フィンランド語を訳してよと言った時のあの何かバカにしているようなホテルの親父の目を思い出しました。
| さんさん | 2017/03/24 3:49 AM |
そうそう書き忘れました。
管理人さんのはっしと投げられたバケツは数日前大轟音とともに落下いたしましたことをご報告申し上げます。
幸いと申しますか進路制御機構が若干精度に問題があったと見え目的の私めの頭には直撃せず被害は全くなかったことを申し添えますです。
| さんさん | 2017/03/24 3:54 AM |
こんにちは、さんさんさん。
長い間ブログをサボっていても、再開するとすぐコメントを書いてくださるのは大変嬉しいことです。もうちょっとこまめに更新したいと思います(汗)。
ええ、ラトビア語は結構辛いです。もう12年も住んでいるというのにろくに話せません。ママが生きていた頃は否が応でも毎日話していて、それがとても良い勉強だったのですが、ここのところさっぱりです。話さないとダメですね。
フィンランド語は日本人には人気のようですよ。こう、北欧、ムーミン、ってな具合で、フィンランド好き好きな人が勉強しちゃうようです。すごいですよね。

あ、バケツ届きましたか。え?当たらなかった(笑)計算間違ったかな。
| 管理人 | 2017/03/24 4:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2064
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License