ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 春は近いのか | main | 2017春のベルリン >>
春、來し。

とうとう、待ちわびた春がやってきたラトビアである。

 

ラトビアの春は、大変わかりやすい。

屋外で何か花が咲けば春なのである。

 

先陣を切るのはスノードロップである。

その次にクリスマスローズ。

そしてクロッカス。

このクロッカスは近所の空き地に咲いていたものである。

その昔、何らかの建物があって、住居だったのか事務所だったのかは定かでないが、空き地の入り口付近にぽっかりと咲いていたのである。

クロッカスがラトビアの野生種とは思えないので、おそらく、このクロッカスはかつてそこにあった建物に関わっていた人が植えたものだと思われる。花の感じも今時の大振りのクロッカスとは違う。建物がなくなって、何年立つのだろう。空き地の具合から見ると、10年以上は経っているのだと思う。

 

ラトビアにはそういう空き地がたくさんある。

 

今は空き地になっているけれど、そこには人が暮らした跡が見える。

何もない空き地に、春になるとクロッカスやチューリップがポツリポツリと咲くのである。

 

どんな人が住んでいたのだろう。

やっぱり、春を待ちわびていたのだろう。

だから春一番に咲く花を選んで植えたのだろう。

 

福寿草に似た花も発見。

ラトビア名Māllēpe。和名フキタンポポ。

 

春来りし。

 

【2017.04.02 Sunday 02:10】 author : 管理人
| ラトビアという国について | comments(5) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
アハァ!!!
久しぶりに一番乗り、なんか得したような気がする、のはなぜだろう。

このクロッカスは綺麗ですね、あえかな、なんて言葉を思い出しました。11月半ばから丸4ヶ月以上ほとんど黒と白ばかりの世界に初めて色を運んでくる。
北国の雪の下に暮らす人の心の弾みを感じます。

人が植えたのでは無い野草の花が咲き出すのももうすぐでしょ?
森の下生えの中で咲く紫や白の花、それに覆いかぶさる針葉樹の濃い緑
亜熱帯に暮らす身にとっては憧れの世界です。

こちらはようやく蚊が下火になってきました。ベランダに出ても緊張して耳をそば立てていなくても良いようになった大助かり。
| さんさん | 2017/04/02 11:20 AM |
景色に色がついてくると、寒さとの別れ、
暖かさへの期待で、気持ちも上向きに
なるものです。
一斉に花が咲きそろうラトビアのこれから、
そんな季節にツアーを組んで行って
もらいたいと思います。

こちらは”冷たい”という印象の3月の日々に
ピンク色に膨らんだ桜の蕾も咲き渋り、東京は
満開宣言が出ているらしいですが、まだ一分咲き
程度です。
それでも近くの公園では一組だけですが、
ブルーシートを広げてお花見を楽しんでいます。
| murako | 2017/04/02 12:34 PM |
こんにちは、さんさんさん。
クロッカスが咲くと、何だかホッとするんです。ああ、やっと、やっと、春が来た、冬に後戻りはないぞって(笑)。冬長いですからね。半年冬ですし。もう春だって思ったら夏休みに向けて働く意欲が湧いてきます。
蚊は厄介ですね。ラトビアは寒いので蚊の期間は短いですが、私も常に気にしています。

こんにちは、murakoさん。
ああ、桜の季節なんですね。いいですねえ。暖かくて、少し湿った空気と満開の桜。今年はちょっと遅いのでしょうか。
こちらはまだ若葉が全くない状態です。一斉に若葉色に染まるにはまだ1ヶ月ぐらいかかります。桜も1ヶ月ちょい、待つことになります。
| 管理人 | 2017/04/02 11:05 PM |
スノードロップが春の訪れを告げるのですね。
こちらでは1月にスノードロップが咲いていて「あれれ?」と思ったものです。
この写真のクロッカス、色合いがとても上品な感じです。
フキタンポポという和名に、クスリと笑ってしまいました。時々日本人ってなるほど〜、と頷く名前を付けますね。
イースターの休みが来て、外では子ども達が日中から夜遅くまで騒いでいます。
管理人さんの今年のイースター、どんな卵が登場するのか楽しみです(更新にプレッシャーを感じないでください(笑))
| かまくら | 2017/04/08 4:17 PM |
こんにちは、かまくらさん。
ようやく春が来ました。と言っても今日の気温は4度ですが(笑)。この季節は毎日植物が変化していくので、散歩がかなり楽しいです。こちらもイースター休暇に入りました。授業がないので、ここぞとばかり、わんこを預けて明日からベルリンに行って来ます。イースター前に帰宅して、卵染めます。
| 管理人 | 2017/04/08 7:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://latvian-style.jugem.jp/trackback/2065
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License