ラトビア移住12年目。
 
Google
 
<< 春、來し。 | main | イースター準備2017 >>
2017春のベルリン

イースター休暇に入って、ベルリンへお買い物ツアーに来ている管理人である。

ああ、ベルリン。

ワンコも預けて、春のベルリンを満喫である。

 

日曜日に到着したので、ベルリン動物園で散歩をすることにしたのであった。

ベルリン動物園は三回目ぐらいだと思うのだが、いつ来ても楽しい。

隅々まで見て回って、8kmであった。

飛行機の中でiPhoneのゲームばかりしていたので、肝心の動物園ではバッテリーがなくなり、写真は1枚のみ。

 

そのあと、ビールである。

ベルリンはリガよりも三週間ぐらい早く春を迎えているらしく、花が満開であった。

日向で飲むビールは最高であった。

リガで日向ビールを飲めるのはまだまだ先である。

得したような気分である。

 

さて、月曜日と火曜日はショッピングである。

頑張るぞ。

【2017.04.10 Monday 21:28】 author : 管理人
| 渡航 | comments(4) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
何でもかんでも、”商機”につなげる日本でも、
イースターだけは、難しいようです。盛り上がるのは
ディズニーランドぐらいでしょうか?!

だんだんビールの美味しくなる季節、もう外でも
飲めるほどの暖かさなんですね。後ろの人ももう
半袖、手前の人も軽装、外国の人は薄着なのかなあ、
と思ってみたり。観光に来ている外国の人は半袖
短パンという人、多いです。

やっと満開の桜、週末になると天候が悪くて近くの
公園では、今年は桜の下でお花見、という光景
見られません。今日も冷たい雨で冬に逆戻り
したような午後です。
| murako | 2017/04/11 2:03 PM |
写真の雰囲気からも「春!」という感じが伝わってきます。

文を読んで、もし次ベルリンに行くことがあったら動物園行きたいなぁ、と思いました。アムステルダムで行った時はオオカミの遠吠えを長時間聞けたりと楽しかったですが、8キロも歩くほど広くはなかったです。

ショッピング、楽しそうですねぇ。ドイツでどんなものを買うのが良いのかとか、想像するだけで楽しいです。

今日もドルトムントでのニュースをラジオで聞いたので、ちょっと心配です。何事もなく、楽しい時間を過ごして無事に帰国されますよう・・・。
| かまくら | 2017/04/12 4:52 AM |
イースター休暇でベルリンですか?
私の方は、仕事で東南アジアへ行ったついでに3泊4日で一時帰国してきました。これから月末まで、プロポーザル書きです。
東南アジアは雨期が終わって、本格的な夏でした。
日本では桜を見逃すし... タイミング的には良くありませんでしたが。
東ベルリンの中華料理屋は大陸系、西のは香港・台湾系ですので、お楽しみください。
| 現役lecturer | 2017/04/13 3:16 AM |
こんにちは、murakoさん。
日本の桜はすっかり外国人観光客に人気になっていると聞きました。確かにこの時期の日本は素晴らしいですよね。私も次に行くなら桜の時期、といつも思っています。寒いと桜も長持ちするかもしれませんね。

イースター、休暇とセットだと盛り上がるんでしょうね。

こんにちは、かまくらさん。
ベルリンの動物園の近くにショッピングに最適な地域があるんです。で、ほぼ毎年来てるという状態です。本当は1月に大規模なセールがあるので行きたかったのですが、休みが取れずにこのタイミングになりました。ユニクロもあるので、ヒートテックとか買い込みました。
テロ、頻発してますよね。宿泊したホテルの近くにクリスマス市にトラックが突っ込んだテロのあった場所があって、たくさんのろうそくと花が捧げられてました。
ドルトムントの事件のせいか、帰りは空港のセキュリティーチェックが随分と時間かか理ましたよ。

こんにちは、現役lecturerさん。
ええ、ベルリンでちょっと羽を伸ばして、これからイースター準備です。おお、いいですねえ、東南アジア。
プロポーザル書き、頑張ってくださいね!ラトビアから「通れ!」の念を送ります。
| 管理人 | 2017/04/14 3:14 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.latvian-style.main.jp/trackback/2066
トラックバック


記事の内容には特定個人の情報及び特定個人の情報に結びつくような表現が含まれないように気をつけておりますが、万が一個人を特定するような表現が見られ、不都合であると思われた場合には記事を削除または訂正しますので、下記リンクからのメールフォームにてお知らせいただきますようお願いいたします。また、コメント欄にはメールアドレス等はご記入いただかなくて結構です。

» 管理人へのメールはこちらからどうぞ。

本サイト内のコンテンツは出典を明記すれば自由に使用できます。
Creative Commons License